AsiaNet 85824

ロンドン2020年9月28日/PRNewswire/ -- オペレーショナルリスクと非金融リスクをデジタル化しているデータ標準化の企業Acinhttps://acin.com/ )は本日、シリーズAの資金調達で1200万ドルを確保したと発表しました。

本ラウンドの資金調達は、Acinと緊密に連携して急成長を加速させる欧州SaaSの投資家Notion Capitalhttps://notion.vc/ )がリードインベスターとして主導し、米国を拠点とする信用格付けとリサーチのグローバルリーダー、Fitch Groupの投資部門のFitch Venturesがサポートしました。その他新規および既存の投資家として、Cris Conde(元SunGardの社長兼CEO)、Christopher Carter(Artorius Wealth Management会長、モルガンスタンレーの機関投資家証券担当元副社長)、Carlos Gonzales-Cadenas(GoCardlessのCOO、元SkyScanner CPO)が参加しました。本ラウンドのセカンドクローズで、戦略的投資家が追加で参加する予定です。

今回の資金調達により、Acinは、リスクと制御の追加インベントリ、ソフトウェア拡張機能、統合ベンチマークを備えたクラウドベースのTerminalの強化を継続することで、課題解決を急加速させることができます。Terminalは金融機関に対し、オペレーショナルリスクと非金融リスクを評価および管理する、フロントオフィスからバックオフィスまでを対象とする総合的なソリューションを提供します。金融サービス以外にも幅広いアプリケーションを提供するAcinは、今後、ソリューションをさらに多くの分野にも拡張する予定です。

受賞歴のあるAcinのシステムは、世界最大の金融機関のために、そして金融機関と連携して構築されました。このシステムは、標準化された業界全体のインベントリと、現在14行の一流の加盟銀行間の連携を支援する業界初のネットワークを通じて、これらの組織がオペレーショナルリスクと非金融リスクと制御を管理する方法に革命をもたらします。

加盟組織はこのシステムにより、オペレーショナルリスクと非金融リスクを初めて完全にデジタル化および定量化できるようになります。また、画期的なデータサイエンスの利用、他の加盟組織との比較や加盟組織からの学習により、これらリスクの管理が可能になります。その結果、オペレーショナルリスクと非金融リスクの問題の理解と管理が改善され、最終的にはビジネスの安全性と効率性が向上します。これにより、将来的に保有すべきオペレーショナルリスク資本が削減され、バランスシートが大幅に改善される可能性があります。

Acin創業者兼CEO、Paul Fordは次のようにコメントしました。 「Covid-19の危機的状況により、既存および新規のリスクを管理するためのデータの必要性に新たな光が当たったことで、オペレーショナルリスクと非金融リスクのデジタル化のニーズは現在、金融サービス分野にとって、これまで以上に重要度が増しています。当社は、協力と情報の共有を基盤とした解決策を求める業界全体の要望を目の当たりにしているのですが、Acinのアプローチは革新的で、この要望に応える能力があります。今回の資金調達により、成長を加速させ、クライアントの需要とニーズを満たすことが可能となります。

「Notionは、市場機会と当社のソリューションの価値について、当社と信念を共有しており、Acinの最高のパートナーなのです。豊富な経験と顧客を有する同社と協力し、当社の可能性を実現できることに大変期待しています」  Fordは次のように続けました。「FitchがAcinに投資することは、当社が取り組んでいるビジネスチャンスの重要性を証明することであり、そのチャンスを最後まで見届ける決意なのです。当社はFitchからの支援をうれしく思っています」

Notionのマネージングパートナー、Stephen Chandlerは、は次のように述べました。「市場リスクと信用リスクの分野では、数十億ドル規模のテック企業が数多く誕生していますが、オペレーショナルリスクは、静的データや時代遅れのプロセスやシステムのために、対応が不十分です。そのため、Acinの画期的なプラットフォームは、全体的なリスク状況において最大の「ホワイトスペース」の機会の1つに対応しており、同社の顧客リストは提供するサービスの強みを証明しています。Notionは、この分野の役割を明確にしリードする同社をサポートできることをうれしく思います」

Fitch Venturesの常務取締役、Shea Wallonはオペレーショナルリスクへの関心の高さを強調し、次のように述べています。 「当社はこれまで18か月の間、Acinを追跡調査し、チームと協議を続けてきました。私たちは、同社がオペレーティングシステムを構築する際に、顧客に関与し、質問に答えるために献身的に問題に集中するそのあり方に感銘を受けました。AcinがFitch Venturesにとって初の欧州への投資先であることに心が躍る思いです」

Acinは、Zeligからアドバイスを受けました。同社は、世界のフィンテック分野で活動する起業家、企業、投資家にM&Aや資金調達のアドバイスを行う独立系投資銀行です。また、国際法律事務所であるWithersからも支援を受けました。この任務にあたったのは、Withersのテクノロジー部門のベンチャーキャピタルとテクノロジーを専門にするチームでした。同チームは欧州や米国、アジア太平洋地域の各オフィスにおいて創業者、企業、投資家にアドバイスを提供しています。

編集者へのメモ 
お問い合わせ先:elizabeth.james@theagencypartnership.com 、+44 7534 178 225

Acinについて 
Acinは、リスクと制御のデータ標準化、ベンチマーク、制御データ解析を行うリーディングカンパニーです。Acinは、企業が非金融リスクと制御を標準化し、効率の改善、リスクと制御の運用モデルのコスト削減を可能にします。

SaaSベースのエンタープライズプラットフォームである当社は、テクノロジー、データ標準化、コンテンツ重視のプラットフォームを通じて、金融サービス企業が非金融リスクを管理する方法に変革を起こします。これは、金融サービス企業が連携して、彼らが非金融リスクをより適切に測定、制御、軽減できるようにするものです。当社は単に現象に対処するのではなく、問題の根本原因を解消します。

AcinのソリューションはIIRSM Risk Excellence Award 2020など複数回の受賞歴があり、業界で幅広く認知されています。Acinは2019年と2020年の最も革新的なRegTech企業の1つに選ばれています。

www.acin.com 

(日本語リリース:クライアント提供)