駅ナカ/街ナカで培った 安心/安全/快適な働く場をオフィスへ提供

2020年9月30日
新しい働き方を支える オフィス向けブース単体商品 「ソロワークブースCocoDesk」の販売を開始
駅ナカ/街ナカで培った 安心/安全/快適な働く場をオフィスへ提供

 富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井 光一)は、テレワークを自宅以外で安全・快適に行える個室型ワークスペース「CocoDesk」サービスに加え、9月30日から、富士ゼロックスが「CocoDesk」の仕様を生かし企画・設計したブース単体商品「ソロワークブースCocoDesk」(株式会社オリバー製)の販売を開始いたします。
 外出先や移動中のスキマ時間を活用しテレワークを行うための個室型ワークスペースとして今年2月からサービスを開始している「CocoDesk」は、現在、東京メトロや京急電鉄の駅構内、オフィスビルエントランスに設置の40台(9月30日現在)で、従量課金によるサービスを提供し、順調に利用者数を伸ばしています。
 一方、Withコロナの時代を迎え、リモートによる営業活動や、別拠点・在宅で勤務しているメンバーとのコミュニケーションを目的としたオフィス内でのオンライン会議が急増しています。しかし、オフィス内でのオンライン会議は、周りに声が聞こえてしまう、会議に集中できない、といった問題が指摘されています。
 このような問題を解決するため、当社は、周囲に気兼ねなくオンライン会議に参加し、業務に集中できる環境やセキュリティーの確保を実現する個人専用のワークスペースとしてブース単体商品「ソロワークブースCocoDesk」の販売を開始します。
 「CocoDesk」は、2018年より実施した実証実験を通じて得られた利用者のさまざまな声を生かし、オフィス内よりも働く場所としては厳しい環境ともいえる駅構内などの公共エリアにおいて、安心/安全/快適に働く場を提供しております。
 「ソロワークブースCocoDesk」の仕様は、「CocoDesk」を基本とし、好評を得ている①広々としたデスクや座り心地の良い椅子②防音パネルを活用した静かな環境③24時間換気④抗菌コーティング⑤開閉時に人とぶつかる恐れがなくスペースを必要としないスライドドアの採用⑥熱感知式自動消火装置─といった特長に加え、新たに、オフィス向け仕様としてLANポートを追加するなど、快適で衛生的な環境を提供していきます。
 今後はオフィスに限らず、商業施設や公共施設、マンションの共用スペースなど、お客様のご要望に応じて幅広く提供する予定です。
[標準価格]   オープン価格

「CocoDesk」サービスの詳細はこちらをご参照ください。
https://www.fujixerox.co.jp/solution/menu/cocodesk

ソロワークブースCocoDesk(白) 外観  ソロワークブースCocoDesk(黒) 外観
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009294984-O2-OlqKB9A5】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009294984-O3-c4jDrKe7


         [サイズ] W1530mm×D1100mm×H2365mm

ソロワークブースCocoDesk(白) 内観
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009294984-O5-g3zn9FP8


■お知らせ:2021年4月1日から、富士ゼロックス株式会社は社名を「富士フイルムビジネスイノベーション株式会社」に変更いたします。
・Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です
・プレスリリースに掲載されているサービス、商品名等は各社の登録商標または商標です。