月額300円、自宅での印刷・USBメモリへの書き出しを自動検知・制御

2020年9月30日
横河レンタ・リース株式会社

横河レンタ・リース株式会社(以下、横河レンタ・リース、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:澤 和久)は、データレスPCソリューション「Flex Work Place Passage Drive」(以下、Passage Drive)に情報漏えい対策機能を追加するオプション製品「Passage DriveエンドポイントDLP※」(以下、エンドポイントDLP)の提供を2020年10月15日から開始します。価格は1デバイス月額300円(税抜価格)です。
※DLP=Data Loss Preventionの略称

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009295003-O2-4UgqJ226

新型コロナウイルスの感染症拡大による社会情勢の変化を受けて、働き方の変革に取り組む企業が増える中で、テレワークの長期化・常態化が見込まれています。しかしながら、長期間テレワークを継続する前提でテレワーク環境の構築ができている企業は少なく、テレワーク環境におけるセキュリティー対策、情報漏えい対策が課題となっています。

横河レンタ・リースが提供するPassage Driveは、ユーザーデータを自動的にクラウド環境であるOneDriveへ保存させることでPC内にデータを残さないため、安全でセキュアなテレワーク用のPC環境を実現し、2018年に提供開始して以来、約1,300社に導入されています。今回、Passage Driveのオプション製品として追加する「Passage DriveエンドポイントDLP」は、テレワークの長期化を見据えた情報漏えい対策ソリューションで、テレワーク中に自宅プリンターで印刷や外部メディアへのデータ書き出しが実行できないようにPCを制御するものです。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009295003-O3-NW4QjHkn

エンドポイントDLPは、事前にシステム管理者が簡単な制御条件を設定するだけで利用開始することができます。利用開始後は、エンドポイントDLPが社内ネットワークと社外ネットワークの接続状況を自動で検知・判別して動作するため、システム管理者への運用負荷もユーザーの利便性も妨げません。

Passage DriveにエンドポイントDLPを付加することで、ユーザーデータは安全なクラウドストレージ(OneDrive)に集約され、セキュアな環境を保ちながら情報漏えいリスクを低減することができます。なお、エンドポイントDLPは、情報セキュリティーソフトウエアの開発・販売事業を行っているサイエンスパーク株式会社(本社:神奈川県座間市、代表取締役:小路 幸市郎)との共同開発によるものです。

横河レンタ・リースは、デバイスを貸し出すだけでなくデバイスに付加価値をつけ、コロナ禍における社会課題を解決し、企業のテレワーク推進および生産性向上に貢献してまいります。

 
■ Passage Drive、エンドポイントDLPの詳細については下記URLを参照ください。
https://www.yrl.com/fwp/overview/passagedrive/index.html

■ サイエンスパーク株式会社
https://sciencepark.co.jp/

【会社概要】
●商号: 横河レンタ・リース株式会社   URL: https://www.yrl.com/
・本社:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト
・事業内容:
[レンタル事業]
『所有から利用へ』をコンセプトにIT機器から計測器、マイクロプロセッサ開発支援装置まで、最新鋭機器をレンタルで提供し、研究・開発から生産・保守メンテナンスまでお客さまの事業活動を幅広くサポートします。また計画・調達・導入・運用・廃棄処分もしくはリプレースまでのライフサイクル全般を支える総合的なソリューションの充実を進めています。
[システム事業]
日本ヒューレット・パッカード社のプラチナパートナーとして、お客さまのITインフラの運用コスト削減、堅牢性と柔軟性の向上を目指した提案をします。IT機器の販売からシステム基盤設計・構築・保守まで、お客さまの業務に最大限有効にご活用いただけるための広範なソリューションを取りそろえています。
・設立: 1987年1月  ・資本金: 5億2,800万円  
・主要株主: 横河電機株式会社、芙蓉総合リース株式会社

*記載の会社名、製品・役務の名称は、各社の商号、商標または登録商標です。