AsiaNet 86172 (1893)

 
【ハイデラバード(インド)、トロント2020年10月21日PR Newswire=共同通信JBN】グローバルなデータサイエンスとデータ分析企業のExcelra(https://www.excelra.com/ )は21日、同社のグローバルオンライン構造活性相関データベース(GOSTAR)を、Cyclica Inc.にライセンス供与したと発表した。Cyclicaは自社のAI拡張統合プラットフォームを使用して、多目的でポリファーマコロジーに基づいた薬物分子の設計を可能にする大手バイオテクノロジー企業だ。

GOSTAR(https://www.excelra.com/discovery/#gostar )は、550万を超える小分子とそれに関連する化学的、生物学的、薬理学的特性で構成される最大のオンライン構造活性相関データベースだ。このデータベースは、インビトロおよびインビボの研究による機能分析からデータセットを抜粋・強化する同社の科学チームによって手作業でキュレートされる。SAR、物理化学的、代謝的、ADME、毒物学的プロフィルを含むさまざまな小分子活動がキャプチャーされ、関連データベースに構築される。GOSTARは、創薬の初期段階と最適化段階で製薬設計についての新しいアイデアを生み出すインサイトを、最終的に研究者に提供している。

Excelraの化学サービス部長であるRaveendra Dayam博士は「GOSTARは小分子と広大な創薬可能な標的空間との間の2800万を超える実験的に決定された定量的相互作用へのアクセスを提供している。これらの相互作用から得られたインサイトは、新規複合創薬におけるCyclicaの多重薬理のアプローチを補完する。GOSTARは多くのAI / ML企業が適用している豊富な定性的および定量的データセットであり、データの予測分析でCyclicaをサポートすることを楽しみにしている」と述べた。

Cyclicaの研究開発担当副社長であるStephen MacKinnon博士が指摘するように、GOSTARが提供するデータの幅はCyclicaのモデルの適用範囲を広げるだろう。博士は「GOSTARとのコラボレーションにより、Cyclicaが当社のプロテオームのスクリーンデータに注釈を付けられるようにすることで、当社のプラットフォームモデルのCyclicaのトレーニングデータが強化される。この結果、予測される相互作用機能が強化される。これは、患者が必要としている正確で効果のある医薬品の開発に直接的な影響を及ぼす」と述べた。

 
▽Cyclicaについて
Cyclicaは、「Ligand Design」と「Ligand Express」を中心とし、構造ベースでAI拡張のインシリコ発見プラットフォームを利用して多重薬理にアプローチした最初の企業だ。独自のディープラーニング・プロテオーム・スクリーニング技術であるMatchMaker(TM)と、分子特性を予測する革新的な管理学習技術であるPOEM(TM)を導入している。詳細は、www.cyclicarx.com を参照。

▽Excelraについて
Excelraのデータおよび分析ソリューションは、分子から市場へとライフサイエンスのイノベーションに力を与える。独自のデータ資産、領域に関する専門知識、データサイエンスのシームレスな融合から生まれるExcelra Edgeは、創薬と医薬品開発を加速している。詳細は、www.excelra.com を参照。

 
▽メディア問い合わせ先
Dorothy Paul 
Director Marketing
Email: dorothy.paul@excelra.com

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/692189/Excelra_Logo.jpg

ソース:Excelra Knowledge Solutions Pvt Ltd