【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010226087-O1-jk4ls9g7

AsiaNet 86212 (1920)

 
【瀋陽(中国)2020年10月21日新華社=共同通信JBN】瀋陽市宣伝部によると、遼寧省の瀋陽で10月18日、2020 Global Industrial Internet Conference(2020年世界インダストリアルインターネット会議)が開幕した。会議ではChina Industrial Internet Research Institute(中国インダストリアルインターネット研究院)がノースイースタン大学と協力し、「Prospect of the Ten Most Growing Technologies of the Global Industrial Internet from 2020 to 2021(2020年から2021年までに世界のインダストリアルインターネットで最も成長する技術10件の展望)」が発表され、「5G+MEC」といった10件のインダストリアルインターネット技術が選ばれた。

これら10件のテクノロジーはコンテナオーケストレーション・エンジンに基づいたクラウドネイティブ技術、産業システムのローコード開発技術、産業分野向け超大容量ヘテロジニアス技術、「5G+MEC」技術、インダストリアルインターネットのエンドツーエンド融合技術、リアルタイムのデータ倉庫構築技術、先端物理レイヤーに基づくインダストリアルEthernet技術、人工知能を利用したインダストリアルインターネット侵入検知技術、ブロックチェーン識別データ管理技術、ディープラーニングに基づくインダストリアルシステムのインテリジェントアプリケーション技術である。

2020 Global Industrial Internet Conferenceでは新ビジネスの種類、疫病の予防におけるインダストリアルインターネットの新モデル、業務と生産を再開する企業に対する調整と支援、そして国内と海外の二重サイクル開発の促進といった注目されている話題に重点が置かれた。

この会議を開催する古くからの工業基地である遼寧省には、より豊かで明るい要素がある。例えば、遼寧省の企業は鞍山の「インテリジェント製鉄」の事例を通し、遼寧省の機器製造や冶金、柱となっている他の工業を支えている人工知能とデジタル技術の状況を紹介する。同時に、Brilliance BMW、Shenyang Zhongke Owei、Neusoft Group、Xinsong Robotなどの企業はオフラインで最新の業績を発表する。

展示会で参加者は、インタラクティブ・デモを通して「5GスーパーリンクUAV」の組み合わせで実現したセメント採掘場の4Kビデオ映像を体験でき、5Gインダストリアルネットワークとインテリジェントネットワークとのリアルタイム接続を通し、「5Gスマート工場」、「5Gスマート製鉄」、「5Gスマート採掘」、「5Gスマートパワー」のVRインタラクティブ体験が味わえる。

ソース:The Publicity Department of Shenyang Municipality

添付画像リンク
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=374671
(写真説明:将来のインテリジェント製造の発展における最新の成果を体験し、感じる会議ビジター)

将来のインテリジェント製造の発展における最新の成果を体験し、感じる会議ビジター