今年のユーカリフェスタはいつもとちょっと違う⁉

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010266207-O1-oKKK2HGh

2020年10月26日

山万株式会社

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M101654/202010266207/_prw_PT1fl_tYb1YVLj.png

 

千葉県佐倉市ユーカリが丘の「ユーカリが丘商店連合会」(主催、会長:渡邉久)、ユーカリが丘を開発する街づくり企業・山万株式会社(協賛、本社:東京都中央区日本橋小網町6番1号、代表取締役社長:嶋田 哲夫)は、10月31日(土)より11月8日(日)までの1週間、「仮装してユーカリが丘のまちに出かけよう!Let’s Enjoy ユーカリハロウィン!」と題し、「ユーカリフェスタ2020」を実施いたします。

 

例年10月第4日曜日に実施しており、2万人超の来場者数を誇る「ユーカリフェスタ」ですが、第25回を迎える本年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、密を避けるため単日開催ではなく1週間を通じて楽しんでいただこうと「いつもとちょっと違う!?」ユーカリフェスタとして開催いたします。

 

例年はユーカリが丘の中央通りを歩行者天国にして行われる仮装パレード・コンテストですが、本年はFacebookにアップロードされた動画で審査する「オンライン仮装コンテスト」、まちなかに顔出しパネルや仮装コンテストの動画を撮影するとアピール度がアップする撮影用ミニステージを設置する「まちなかフォトスポット」、素敵なかぼちゃのちょうちんを作って街を飾る毎年大人気の企画「かぼちゃのちょうちん作り」、地元シェフたちが秋の味覚をご用意する「街レス ユーカリフェスタVer.」、仮装してまちなかで遊んでいただくと2020年11月1日(日)からの試験運行を経て、2020年11月7日(土)から運行開始となる路線バスに無料で乗れる「まちなかフリーライド」といった数々のユーカリが丘の秋を彩るイベントで、街の活気と賑わいを醸成し、商業エリアの活性化を図ります。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010266207-O2-TU5wObgd】      【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010266207-O3-ACqXeX3A

▲ユーカリフェスタ2020 ポスター   ▲かぼちゃのちょうちん作り(昨年の様子)

 

 

◆「ユーカリフェスタ2020」実施概要

 

・オンライン仮装コンテスト

 募集期間:2020年10月19日(月)~2020年11月8日(日)15時迄

 審査発表:2020年11月8日(日)18時 (Facebookにて発表)

 

・まちなかフォトスポット

 開催期間:2020年10月31日(土)~2020年11月8日(日)迄

 

・かぼちゃのちょうちん作り

 開催日時:2020年10月31日(土)11時~16時迄

 開催場所:ひまわり広場

 参加費無料、先着40組限定

 

・街レス ユーカリフェスタVer.

 開催日時:2020年10月31日(土)

      2020年11月1日(日)

      2020年11月7日(土)

      2020年11月8日(日)   各日11時~16時迄

 開催場所:ユーカリが丘駅北口「ひまわり広場」~鶏ごっち前

 

・まちなかフリーライド

 仮装して来場された方にユーカリが丘循環路線バスの無料乗車券をお渡しします。

開催日時:2020年11月7日(土)~2020年11月8日(日)迄 各日11時~16時迄

※2020年11月1日(日)~2020年11月6日(金)迄は試験走行につき、一般の方も無料でご乗車いただけます。

 

 

 <主催>

 

    ユーカリが丘商店連合会

 

 <協賛>

 

    山万グループ

 

 <協力>

 

    NPO法人ユーカリタウンネットワーク

 

 

 本プロジェクトは、商業や商店街の活性化及び地域経済の振興を図ることを目的として、商業団体が自ら課題を抽出し、課題解決のために提案する、意欲的で工夫とアイデアが活かされた事業を支援する「令和2年度佐倉市街中にぎわい推進事業」の補助金を佐倉市よりユーカリが丘商店連合会が受けています。

 

 

 

【参考:「ユーカリが丘」概要】

1971年に開発が開始された、千葉県佐倉市に立地する総開発面積245ha(計画総人口約3万人)のニュータウンで、山万株式会社が開発を手掛けています。「自然と都市機能が調和した新環境都市」を目指し、京成本線ユーカリが丘駅周辺の住宅・商業一体の超高層立体開発と、新交通システム「山万ユーカリが丘線」の各駅徒歩10分圏内に展開される一戸建の平面開発を行っています。(2020年9月末現在人口:18,753人、世帯数:7,687世帯)

 

     

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M101654/202010266207/_prw_PT2fl_Ytj818j9.png