【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010276280-O1-eoG3VqLg

AsiaNet 86276 (1956)

 
【蔚山(韓国)2020年10月26日PR Newswire=共同通信JBN】

Ulju Mountain Film Festival(蔚州山岳映画祭、UMFF)は、オンライン・ストリーミングとドライブイン上映を通して120を超える自然と冒険をテーマとした国際的な映画とドキュメンタリーを集め、金曜日に今年の祭典を開始した。

南東部にある蔚山市、山の多い蔚州郡に拠点を置く映画祭は、木曜日の真夜中にウェブサイトで43カ国の映画128作品のオンライン・ストリーミングを開始し、10日間の日程で開幕した。

また、UMFFは今年の開幕イベントとしてYeongnam Alps Complex Welcoming Centerで米国の短編ドキュメンタリー「United States of Joe's」のドライブイン上映も開催した。

今年5周年となるUMFFは、COVID-19に関する懸念のため主にストリーミングを通して今年のイベントを開催することを決定した。映画祭開催中に計14の屋外ドライブイン上映が行われる予定だ。

出品された映画の中から18カ国の26作品が国際コンペティション部門に選ばれた。これはAlpinism & Climbing(登山・クライミング)、Adventure & Exploration(冒険・探検)、Nature & People(自然・人)の3つの主題に分かれている。

注目すべき作品には、人間心理と叙情主義を軸とする「Full Moon」と「Riafn」、そして普通の人々が困難を乗り越える物語を伝える「The Last Mountain」、「Home」、「The Steep Way Up」が含まれる。

映画祭は、文化人類学の観点からモンゴル遊牧民の生活を描写する2019年のフランスの長編ドキュメンタリー「Horse Tamer」を上演して今年の祭典を閉幕する。

ソース:Ulju Mountain Film Festival Organizing Committee

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=375004

写真説明:2020年10月23日、自然と冒険をテーマとした国際映画祭、第5回Ulju Mountain Film Festivalのドライブイン・オープニング上映のため、ソウルから南東に415キロメートル離れた蔚山のYeongnam Alps Complex Welcoming Centerに車が駐車されている

第5回UMFFのドライブイン・オープニング上映のためYeongnam Alps Complex Welcoming Centerに車が駐車