約100媒体、約30年分の記事情報からネガティブ情報を検出可能

2020年10月30日

 株式会社東京商工リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 河原光雄、以下TSR)は約100媒体、約30年分の新聞や雑誌等の記事情報から、取引先のネガティブ情報を検出するサービス(TSRコンプライアンスチェック)を2020年10月30日より提供開始することを発表いたします。

 
TSRコンプライアンスチェックの商品概要:
TSRコンプライアンスチェックは、日本国内企業の実在性、ネガティブ情報の把握といったコンプライアンスチェックを可能としたソリューションで、TSRの企業情報を元に新聞や雑誌記事の検索を行うサービスです。
記事検索対象企業にTSRの企業情報を組み合わせることで、企業名や代表者名だけでなく、役員、株主、代表者情報、その他属性情報を検索ワードとして設定し、記事検索を実行できることが特徴です。

・商品名         :TSRコンプライアンスチェック
・提供項目        :TSR企業情報ファイル、記事件数、記事見出しURL
・提供方法        :Excel形式
・提供料金        :一括記事検索費用:2,000件まで 100,000円
      (別途企業情報のデータ料金、記事見出し料金、記事本文料金が必要となります)
                 
TSRコンプライアンスチェックの特徴:

圧倒的なボリュームの記事情報からネガティブ情報を検出
検索を実行する情報源は厳選された約100媒体、約30年分の新聞や雑誌等の記事情報で、圧倒的なボリュームのデータからネガティブ情報の検出が可能です。

信頼性の高い企業情報を提供
TSRが保有する信頼性の高い企業情報を付与し、企業名はもちろん役員や株主など人物名でも記事検索が可能です。記事検索の範囲が広がり、より精密かつ正確なコンプライアンスチェックを実現します。

一気通貫のサポート体制
取引先リストの整備から記事検索条件設定、納品までTSRが手厚くサポートいたします。また、更なる調査が必要となった場合はTSRの企業調査レポートなどで深掘りすることも可能です。

 
TSRコンプライアンスチェックの活用例:

⾦融・賃貸保証:
金融庁によるチェック厳格化に伴い、新規取引先に対するコンプライアンスチェック強化として、代表者や役員をチェックできます。

上場準備企業:
既存顧客・取引先の一括記事検索(大量検索)、また定期与信に新聞記事をチェックできます。

上場企業:
内部統制プロセスとして取引先の不祥事チェックを規定、実施できます。