2020年11月30日
花王株式会社

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、世界の子どもたちを対象に実施した、「第11回花王国際こども環境絵画コンテスト」の受賞者ならびに受賞作品を決定いたしました。11回目となる今回は、世界各地から、12,884点の応募がありました。

花王は、世界の子どもたちが、身近な生活のエコと地球の環境・未来について真剣に考え、絵で表現することを通して、世界中の人々が身近な環境と暮らしを考え、行動するきっかけとなることを願って、2010年からこのコンテストを実施しています。コンテストの実施だけでなく、受賞作品の展示や作品集を題材としたテキストの発行などを通じて、より多くの方が身近な環境と暮らしを考えるきっかけとなることをめざして活動しています。

 

審査結果

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011277791-O2-P5j6Al92

 

“いっしょにeco” 地球大賞

Liang-En Yuさん(8歳、台湾)作

作品タイトル:未来の色

 

(敬称略)

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105388/202011277791/_prw_PT1fl_u5NFkGH5.png

※名前はアルファベット順です。詳細は別紙一覧表をご覧ください。

※受賞作品や審査の様子などは、後日、花王のウェブサイトに掲載いたします。

 

「第11回花王国際こども環境絵画コンテスト」概要

 

【テーマ】

 「みんなでいっしょにエコ」
  私たちの大切な地球環境を守り、未来につなげていくためにはどうしたらよいかを考え、自由な発想で絵に表現する。

【応募資格】

 6歳から15歳のお子さま

【主催】

 花王株式会社

 

審査概要

 

【最終審査日】

   2020年10月14日

【応募総数】

   12,884点 (国内1,302点、海外11,582点)

【審査員】 (敬称略)

   <委員長>

   益田 文和 (元東京造形大学教授)

   <委 員>

   大久保 澄子 (美術家)

   松下 計 (東京藝術大学教授)

   オヤマダ ヨウコ (美術家、イラストレーター) 

   アンドレアス・シュナイダー (デザイナー)

   細川 泰徳 (花王株式会社 花王エコラボミュージアム館長)

   片平 直人 (花王株式会社 作成部門統括)

 

表彰式・作品展示の中止について

 

12 月に予定しておりました上位入賞者を招いての表彰式並びに表彰式での作品展示は、新型コロナウイルス感染拡大防止と招待者・来場者の皆さまの安全を第一に考慮し、開催中止とさせていただくこととなりました。