AsiaNet 86913 (2287)

 
【ベンガルール(インド)、アトランタ、ロンドン2020年11月30日PR Newswire=共同通信JBN】デジタルトランスフォーメーションのグローバルカンパニーであるMicrolandは30日、同社がガートナーのマネージドネットワークサービスのマジック・クアドラント(Magic Quadrant for Managed Network Services)リーダーに選ばれたと発表した。レポートの詳細はウェブサイトをhttps://www.microland.com/analyst-insights/leader-gartner-magic-quadrant 参照。

ガートナーは、複数の要素でベンダーを評価した。マネージドネットワークサービスの中核的能力であるManaged LAN & Managed WAN / WLANの2つのサービス部門と、サービス提供プラットフォーム、サービス管理機能、運用自動化、顧客体験管理、専門サービスの5つの管理属性に基づいて評価された。

同レポートは「2023年までに、エンタープライズバイヤーの40%はマネージドサービス(MNS)プロバイダーの標準化されたサービス定義を要望しており、これは2018年の15%よりも増加している」「2024年までに、クラウドアプリケーションのアジリティーとサポートを強化するために、エンタープライズは2020年の約30%と比較して60%がSD-WANを実装する」と予測している。

このレポートは「MNS市場は、エンタープライズネットワークの運用向けのサービス管理機能を提供するMNSを世界展開できるプロバイダーで構成される」、「この市場のプロバイダーは、ネットワークサービスプロバイダー(NSP)ないしは非NSPで、両タイプはこの市場で一般的である」と指摘。さらに別のレポートは「今回の調査のプロイバーダーはNSPないしは非NSPのいずれかで、両タイプともこの市場では一般的であり、自国を越えて世界規模でサービスを提供する要件も満たした」と述べた。

Pradeep Kar創立者兼会長兼マネージングディレクターは「Microlandがガートナーのマネージドネットワークサービスのマジック・クアドラントに選ばれたことで、31年間にわたり当社の顧客にとって最適なITインフラストラクチャーになることに断固として専念してきたことが明確に認められたと確信している。今回の表彰は当社のサービスの深さと広さ、さらに継続的なイノベーションの推進を実証するものであると私は思う。われわれは、成功のレベルを常に押し上げることを求める当社の顧客にこの表彰を贈りたい」と語った。

このレポートは「マネージドネットワークサービス(MSN)にとって、オートメーションは大規模なサービス提供プラットフォームの効率性と品質の生命線である。重要なのは、オートメーションは、MNSプロイバーダーが提供するサービス提供の品質と積極的な顧客体験を維持するために不可欠であることである」と指摘した。

注目すべき発言に対し、Robert Wysocki上級副社長兼グローバルクライアントソリューションリーダー(ネットワーク&サイバーセキュリティー担当)は「これは、われわれが革新的なソリューションへの継続的投資を通じて最高の顧客体験を推進できることを表彰したものである。われわれの主要な投資分野の1つは、自動化されたサービス提供プラットフォームであり、そのNetwork Assurance Platformはネットワークインフラストラクチャー管理の全ライフサイクルをプロアクティブに管理することに役立つ」と語った。

Mahesh Nagaraj最高マーケティング責任者は「ガートナーがMagic Quadrant for Managed Network Servicesのリーダーに当社を認めたことを誇りに思う。テクノロジーは気付かれなければ最高に機能するというわれわれの考えは、顧客エンゲージメントに取り組む当社のやり方であり、あらゆるプラン、インターベンション、イノベーションはこの約束を保証することを重視している。Microland独自の一連のソリューションは、当社の顧客がトランスフォーメーションのジャーニーと『making digital happen』の加速の実現を促進してきた」と語った。

MicrolandはBFSI、リテール、ハイテク、製薬、ライフサイエンスを含む多数のセクターの顧客を擁し、世界170カ国でManaged Network ServicesとNetwork Transformation Servicesを提供してきた。Microlandは、同社のIP、Network Assurance Platformによって裏打ちされた年中無休で稼働するさまざまなNOCを通じて、Managed Network Servicesを同社の顧客に提供している。MicrolandのNetworkサービススイートには、ソフトウエア定義ネットワーク(SDLAN、SDWAN)、Wi-Fi 6.0、5Gを含む新興テクノロジーの優れた専門技術を伴うLAN、WLAN、WAN、データセンターの全領域におけるネットワークインフラストラクチャーの管理が含まれる。Microlandは、シスコ、Fortinet、Velocloud by Vmware、Versa Networksを含むテクノロジープロバイダーとの提携を確立した。

資料:
Gartner, Magic Quadrant for Managed Network Services, Ted Corbett et al., 9 Nov 2020

Gartner, Critical Capabilities for Managed Network Services, Danellie Young et al., 10 November 2020

▽ガートナーの免責条項
ガートナーは、調査出版物に記載されているベンダー、製品、サービスを推奨しているのではなく、テクノロジーユーザーに、最高評価またはその他の評価をされたベンダーのみを選択するよう勧めてもいない。ガートナーの調査出版物は、ガートナーの調査組織の意見で構成されており、事実の記述と解釈されるべきではない。ガートナーは、商品適格性や特定の目的に対する適合性の保証を含む、本調査に関する明示的または黙示的な一切の保証を拒否する。

▽Microlandについて
Microlandのデジタル配信と「Making Digital Happen」(デジタル実現)は、テクノロジーの役割を広げ、介入を狭めることを可能にする。同社はエンタープライズが次世代のデジタルインフラストラクチャーを導入するのを容易にする。同社はクラウドおよびデータセンター、ネットワーク、デジタルワークプレース、サイバーセキュリティー、インダストリアルIoTに関する同社の専門技術・知識を活用してこれを実現し、卓越した技術の導入が予測可能かつ信頼性と安定性が高いことを確かなものとする。

世界がCOVIDに影響を受けたことで、Microlandは当社の顧客および潜在顧客により関連性があるサービスにこれまでに以上の高い集中力をもって、エンタープライズのデジタル実現を図っている。1989年に創業し、インドのベンガルールに本社を置くMicrolandは、オフィスに4500人以上のデジタルスペシャリストを擁し、アジア、オーストラリア、欧州、中東、北米にデリバリーセンターを構えている。

詳細はウェブサイトhttps://www.microland.com/ を参照。

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1343841/Microland_Logo.jpg
(Microlandのロゴ)

ソース:Microland