スマートかつ安全なエンタイトルメント管理ソリューションで、新しいデジタルビジネスモデルを可能に

<報道関係者各位>
2020年12 月4 日
※ こちらは2020 年12 月3 日にドイツ本社で発表されたプレスリリースの翻訳です。

ウイブシステムズのCodeMeterの機能が、SAP Entitlement Managementと連携
スマートかつ安全なエンタイトルメント管理ソリューションで、新しいデジタルビジネスモデルを可能に

(カールスルーエ、ドイツ) –  WIBU-SYSTEMS AG(以下、ウイブシステムズ)は本日、エンタイトルメントとライセンス管理の機能 を組み合わせて、デジタル経済における新しいビジネスモデルを強化すると発表しました。SAP®シルバーパートナーであり、ソフトウェア保護、ライセンス、セキュリティの先駆者であるウイブシステムズは、最先端のITソリューションで数十年の経験を持ち、ドイツのバーデンヴュルテンベルク州に根ざしています。ウイブシステムズは、CodeMeter(コードメーター)を使用して、エンタイトルメントを管理するためのSAP Entitlement Managementを強化する安全でユーザーフレンドリーなソリューションを提供し、ソフトウェア企業のデータドリブンな経済活動の更なる成功を実現できるようにするという同社の取り組みを強化します。

2018年に最初にリリースされたSAP Entitlement Managementは、無駄のない合理化されたエンタイトルメント管理プロセスで先進的なビジネスモデルを可能にするように設計されたサービスとしてのソフトウェア(SaaS:Software-as-a-Service)として構想されました。アクセス権、アクセス許可、または特権と呼ばれるかどうかにかかわらず、エンタイトルメントは、データ、デバイス、サービス、またはアプリケーション(ソフトウェア主導の企業の中核を構成するデジタル資産)を使用できるユーザーを定義します。

SAP Entitlement ManagementをSAP S/4HANA®などのERPシステムと統合することで、企業はサブスクリプションや従量課金制の製品など、従来のビジネスモデルと革新的なビジネスモデルの両方を実現できます。ERPシステムを通じて受け取った注文は、SAP Entitlement Managementによって、自動化されたプロセスの快適さと、複数のサービス、分析、およびレポートツールが搭載された完全なライフサイクル管理と一元化されたリポジトリソリューションの透過性を備えたエンタイトルメントに変換されます。マルチテナントクラウドの展開と、大量の注文やエンタイトルメントを処理できる合理化されたテクノロジーにより、プロセス全体がバックグラウンドで効率的に機能し、エンドユーザーの満足度が向上します。

十分に完成され堅牢に保護された経験のために、SAP Entitlements Managementによって提供されるエンタイトルメントの制御は、実績と高評価を併せ持つCodeMeterテクノロジーで実現されています。ウイブシステムズのクラウドベースのライセンス管理ソリューションはSAPプロセスと統合されており、販売からフルフィルメント、請求、収益認識まで、エンドツーエンドのサポートを提供します。

SAPとウイブシステムズのソリューションを組み合わせて使用している企業が製品を受注すると、SAP Entitlement Managementが注文の詳細をCodeMeter License Centralに送信し、そこでチケットが生成されて、顧客のデバイスで実際のライセンスがアクティベーションされます。チケットは、SAP Entitlement Managementとその企業のERPシステムを介して、ユーザーにフィードバックされます。物理的なドングルからソフトウェアやクラウドコンテナまで、CodeMeterのすべてのライセンスコンテナータイプがサポートされているため、ベンダーとそのエンドユーザーは、ニーズに合った適切なレベルの柔軟性とセキュリティを自由に選択できます。ライセンスがアクティベーションされると、CodeMeter License Centralのオンラインおよびオフライン機能は、多くの場合煩わしく思われるライセンスのチェックや現場での更新などの管理タスクを処理して、さらにユーザーフレンドリーなエクスペリエンスを実現します。

ウイブシステムズのシニアキーアカウント兼パートナーマネージャーであるステファン・バンバーグは、SAPとの共通の使命を次のように考えています。「両社の本社の距離は25マイルありますが、ソフトウェアとデータドリブンのビジネスを可能にするという取り組みにより、私たちの会社はさらに緊密になっていると思います。SAP Entitlement ManagementとCodeMeterは、貴重なデジタル資産とリソースへの安全で効率的に管理されたアクセスを使用して、まさにそれを実現するために協力しています。」

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012038057-O1-xEO43big
ウイブシステムズのCodeMeterとSAP Entitlement Managementを使用して、販売、プロビジョニング、フルフィルメントの間のギャップを埋めます

WIBU-SYSTEMS(ウイブシステムズ) について
WIBU-SYSTEMS は1989 年にOliver Winzenried と Marcellus Buchheit の2 名により創設された非公開企業で、ソフトウェアライセンシング市場における革新的なセキュリティテクノロジーのグローバルリーダーです。 WIBUSYSTEMSの包括的かつ様々な賞を受賞したソリューションはソフトウェアベンダーやPC, PLC, 組込, モバイル, クラウド環境の形態でアプリケーションが提供されているインテリジェント機器メーカーに対してデジタルアセットやノウハウの保護、ライセンシング、セキュリティのためのユニークかつ国際的に特許取得済みのプロセスを提供します。

 
メディア掲載用の画像リソースはこちらに用意しています。: https://www.wibu.com/photo-gallery.html.

© Copyright 2020, WIBU-SYSTEMS AG. 無断複写・複製・転載の禁止。本文書で参照されているすべての商標、商号、サービスマーク、およびロゴは、それぞれの組織および会社に帰属します。

過去の事実ではないこのリリースの記述は、1995年の米国民事証券訴訟改革法で定義されている将来の見通しに関する記述です。すべての将来の見通しに関する記述は、SAPの米国証券取引委員会への提出書類に記載されているさまざまなリスクと不確実性の影響を受けます。委員会(「SEC」)は、フォーム20-Fに関する最新の年次報告書を含み、実際の結果が予想と大きく異なる可能性があります。SAPは、SAPが更新する義務を負わず、日付の時点でのみ述べているこれらの将来の見通しに関する記述に過度に依存しないように読者に警告します。

本書に記載されているSAPおよびその他のSAP製品とサービス、およびそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国におけるSAPSEの商標または登録商標です。追加の商標情報および通知については、https://www.sap.com/copyrightを参照してください。記載されているその他すべての製品名およびサービス名は、それぞれの会社の商標です。

販売、プロビジョニング、フルフィルメントの間のギャップを埋めます