AsiaNet 87003

Valoはマイクロソフト365、シェアポイント及びマイクロソフトチームの上で完全な職場にてデジタルツールキットを発行します

 
ヘルシンキ、2020年12月3日/PRNewswire/-- ValoはMicrosoft 365、SharePoint、Microsoft Teamsで完全な職場にてデジタルツールキットを発行しました。

受賞歴のあるValo IntranetやValo Teamworkを含む既存の職場にてデジタルツールのポートフォリオを基に、Valo Connect、Valo Entrance、Valo Ideasを発行しました。

同社の新しい職場にてデジタルツール群は、企業がMicrosoftエコシステムの中からデジタルでビジネスを運営するために必要なものをすべて手に入れたことを意味します。

Valo’s digital tools put the user at the center.
Valo Connect, 全てのあれらを接続する一つのツールです

Microsoft Teamsが多くの人の仕事の中心になるにつれて、 Valo Connect(https://www.valointranet.com/valo-connect/ )は組織のデジタルツールとコンテンツを、Teams内の使いやすい1つのエンタープライズポータルにまとめます。

Valo Connectは、既存のツールを1つの場所に統合するだけでなく、Microsoftのエコシステムの外部からサードパーティーのツールを集約します。

Valo Connectを使用すると、ユーザーはチーム内からイントラネット、ガバナンスダッシュボード、アイデアツール、エクストラネット、サードパーティーアプリにアクセスすることができます。コネクタやアプリ、OOTBツールを追加することもできます。

これは、ユーザーが効率的な営業日を経験するために、人、会話、ニュース、情報、およびコンテンツに接続するために1つの場所に行くだけでよいことを意味します。

また、Valo ConnectはMicrosoft 365製品スイートの一部であるため、どのデバイスからでも安全にアクセスできます。

Valoの会長であるPekka Walkama氏は次のように言いました:
"Valo Connectは、IT管理の負担を軽減するだけでなく、デジタル職場ツールをMicrosoft Teams内に直接統合することで、よりスムーズなデジタル職場体験を提供します。当社のようなソリューションは市場にはありません。"

Valo Entranceは、外部組織とのコラボレーションを安全かつ確実にします。

企業間のデジタル・コラボレーションが増加するにつれ、企業は外部の利害関係者と容易かつ安全に協力する方法を必要としています。

プロジェクトマネージャは Valo Entrance(https://www.valointranet.com/valo-entrance/ ) ITサポートを必要とせずに、簡単に外部ユーザーを招待して共同作業を行うことができ、これは、これまですぐに利用できるSharePointでは難しい作業でした。

外部の協力者の個々のアドレスだけでなく、ドメイン全体を同時に招待することができます。さらに、外部の利害関係者は、自分でアクセスを選択して登録することで、セルフサービスを行うことができます。

ただし、Valo Entranceのダッシュボードと組み込みの検索機能を使用すると、IT部門は、外部ユーザーが表示できるページなどのアクセスを監視したり、権限を制御したり、チームを離れたメンバーを削除したりすることもできます。

Valoの会長であるPekka Walkama氏は次のように言いました:
"Valo Entranceは、外部組織と協力するための安全な方法です。セルフサービスポータルは使いやすく便利ですが、ITガバナンスは依然として最も重要です。"

Valo Ideasは、アイデアをクラウドソーシングし、 組織全体の価値ある洞察を引き出すことを容易にします

分散した仕事のパターンが新しい標準になってきているため、現場や海外で遠隔地で働く同僚からアイデアを集めるのは難しくなっています。

Valo Ideas(https://www.valointranet.com/valo-ideas/ ), このアイデア管理ツールは、Microsoft 365のワークフローにネイティブに統合されており、アイデアの要約、照合、および実行が可能な一元化された領域を提供します。

製品、サービス、または作業方法を改善する方法についてアイデアを持っている従業員は、目に見える集中化されたハブに提案を提出することができます。すべてのチームメンバーはアイデアを気に入ってコメントすることができ、マネージャはアイデアにアクションを割り当てることができます。

Valo Ideasは、全従業員からアイデアをクラウドソーシングし、これまで知られていなかった同僚に到達し、非常に貴重な洞察を活用してオープンなイノベーションを促進するために使用することができます。さらに、アイデアの周囲に人々を集め、集団的な決定を下すのに役立てることもできます。

Valoの会長であるPekka Walkama氏は次のように言いました:
"Valo Ideasは民主的なアイデア管理ツールです。同社は社内のあらゆる部門やレベルの従業員を雇用し、イノベーションを透明で集合的なプロセスにしています。"

Valoは完全な職場にてデジタルツール一式を持っています

Valoは、SharePoint上に構築された最も魅力的なイントラネット・イン・ア・ボックス・ソリューションを販売していることで広く知られています。

Valo イントラネット(https://www.valointranet.com/valo-intranet/ ) は、ClearBox Consultingの2020 Intranet Choice – Europe 2020 と Intranet Choice – North America 2020(https://www.valointranet.com/blog/news/valo-stood-out-again-in-the-sharepoint-intranets-in-a-box-report-by-clearbox-consulting/ )かつ Best Intranet/Extranet at ESPC Awards 2019(
https://www.valointranet.com/awards-reviews/valo-named-best-intranet-extranet-at-espc-awards-2019/
)など数々の賞を受賞しています。

ITガバナンスツールは Valo チームワーク(https://www.valointranet.com/valo-teamwork/ )マイクロソフト 365の組織管理とセキュリティをシンプル化することで広く知られています。

Valoの職場にてデジタル製品は、作業を効率的に行うために必要なすべてのツールをエンドユーザーに提供します。

編集者へのメモ:

Valoについて
2015年に設立されたValoは、影響力のあるシェアポイントとマイクロソフト 365プロフェッショナルのグローバルパートナーネットワークを持つ先駆的なデジタルワークプレイスプロバイダであり、世界中で700以上の顧客と250万人のユーザーにサービスを提供しています。

詳細については、 Valoを参照してください: www.valointranet.com



Valo_Logo
写真 - https://mma.prnewswire.com/media/1346632/Valo_digital_tools_Infographic.jpg
ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/1346633/Valo_Logo.jpg



(日本語リリース:クライアント提供)