AsiaNet 87753 (0194)

【北京2021年1月26日PR Newswire=共同通信JBN】世界の公衆衛生に大打撃を与え、世界経済を深刻な不況に陥らせたパンデミックを背景に、2020年の世界は新たな課題のせいで多くの人々の生活に、状況が一層悪化する恐れと不確実性をもたらした。

Video - https://www.youtube.com/watch?v=qg6ACnr2P08

世界が現在、直面している混沌とした状況は、中国の習近平(Xi Jinping)国家主席が4年前の世界経済フォーラム(WEF)での画期的な初講演で、中国の解決法を国際社会に提示したときに似ている。

習主席は25日、ダボス・アジェンダ(Davos Agenda)のWEFバーチャルイベントで、COVID-19のアウトブレーク抑制をめぐり「われわれは闘い続けなければならない。しかし、冬が春の到来を阻止し、暗闇が光明を覆うことは決してできないと確信している」と各国首脳に表明した。

「信頼回復に向けた重要な年(A Crucial Year to Rebuild Trust)」をテーマとする今年のイベントは1月25日から29日にかけて開催され、信頼の再建と2021年に必要な政策、パートナーシップの形成を目指している。70を超える国と地域の実業界、政府、市民社会リーダー1500人以上が2021年のアジェンダを設定する。

中国は、今年の習主席講演が世界的コンセンサスの達成、世界的信頼の再建、国際協力の促進に役立ち、国際社会が直面する喫緊のグローバル問題に協力して解決策を見いだせるよう願っている。

習主席は、国際協力がパンデミックやその他の国際危機を克服する最善策であると語った。中国の主席は、世界が多国間主義を支持し、人類の未来を共有する社会を構築しなければならないと述べ、1カ国だけで解決できる国際問題はないと指摘した。

主席は「グローバルな行動、グローバルな対応、グローバルな協力が必要だ」と述べた。

▽国際協力と協議の仕組みを促進
中国は常に多国間主義の堅固な擁護者、積極的な実践者であり、多国間プラットフォームに加わるか、それを構築してきた。

中国は「一帯一路」国際協力フォーラム、中国国際輸入博覧会を立ち上げ、昨年11月には世界最大の自由貿易協定である「地域的な包括的経済連携(RCEP)」に調印した。

習主席は、世界はポスト・パンデミック時代の景気回復という緊急課題に直面しており、各国はまずマクロ経済政策の調整を強化し、グローバル経済ガバナンスの主要フォーラムG20を活用し、より強力で包摂的な世界経済成長を推進しなければならないと述べた。

中国の経済は2020年に2.3%成長し、世界経済がパンデミックで打撃を受ける中、経済大国として唯一、プラス成長を達成した。

国際通貨基金(IMF)など主要な国際金融機関は、中国消費者の購買力が2021年も継続的回復をもたらすとみて、中国が世界のマクロ経済回復を主導すると予想している。

習主席はまた、世界は歴史や文化、体制の相違を口実に衝突することを回避し、代わりに相互利益に基づく協力を堅持し、協議と対話を通じて意見の相違を解決しなければならないと各国に呼び掛けた。

▽全ての国の均衡発展を目指して努力
世界がパンデミックに取り組む中、先進国と発展途上国の景気回復は異なる軌道をたどっている。資源が少ない途上国、特にパンデミックに襲われた国々は、世界の回復に追いつく支援を差し迫って必要としている。

習主席は講演で、途上国の発展、および全ての人々のため、より多くの資源とスペースの観点から必要な支援を提供するよう世界に呼び掛けた。「われわれは、途上国の成長と共に世界の繁栄と安定が一層堅固な足場を築き、先進国はそのような成長から利益を得る立場にあると認識すべきである」と述べた。

中国の主席はまた、世界は自国の覇権を求める代わりに、国際法と国際ルールにコミットし続けなければならないと警告し「多国間主義は、協議を通じて国際問題に取り組み、世界の未来が全員の協力によって決められるということである」と述べた。

主席は、国際社会は途上国の正当な開発利益を守るべきであり、あらゆる国が開発の機会と成果から利益を得るようにするため、平等の権利、平等の機会、平等のルールの強化を長期目標にしなければならない、と付け加えた。

▽中国が共通の繁栄に向けて協力継続を再表明
中国はパンデミックにもかかわらず、内政上の任務を推進することができた。中国は過去40年、極度の貧困を終わらせる歴史的成果を上げ、8億人以上を貧困から脱却させた。これは世界の貧困削減の70%以上に相当する。

中国が新しい年に貢献するため、習主席は、中国が各国と協力して永続的な平和、普遍的な安全、共通の繁栄を享受する開放的、包摂的、清潔で美しい世界を構築すると誓った。また、中国が途上国の貧困撲滅、債務負担の軽減、より高い成長達成のために救いの手を差し伸べると約束した。

中国は新たな発展段階に入っているが、習主席は、中国が新しい開発哲学に従い、主要な内外流通が互いに補強して巨大な中国市場、国内需要の可能性を解き放つため、国内流通による新開発パラダイムを促進すると述べた。

習主席は「われわれはこのような努力が他の国々により多くの協力機会をもたらし、世界の景気回復と成長にさらなる推進力を与えることを望む」と述べた。

オリジナルの記事は以下を参照:
https://news.cgtn.com/news/2021-01-25/Hand-in-Hand-China-calls-for-multilateralism-to-tackle-global-crises-XjM7KTNXlm/index.html

ソース:CGTN