AsiaNet 88189

—Insight Partnersからの新しい資金調達によりPlumeの成長が加速する  —

パロアルト、カリフォルニア, 2021年2月23日 /PRNewswire/ -- 世界中の170以上の通信サービスプロバイダー(CSP)を通じて2,200万を超える世帯にスマートホームサービスを提供しているPlume(R) (https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=3075200-1&h=631276063&u=http%3A%2F%2Fwww.plume.com%2F&a=Plume )は、本日グローバルベンチャーキャピタルおよびプライベートエクイティ企業であるInsight Partnersからの2億7,000万ドルのマイノリティ投資を完了したことを発表しました。このシリーズEの概算評価額は13.5億ドルで、Plumeの資本調達額は合計で3億9,700万ドルになります。

Photo -
https://mma.prnewswire.com/media/1442337/Plume_QC_Inside_Partners_Twitter_post.jpg

Plumeは、デバイスが接続されているネットワークと同等にスマートになること、および既存のスマートホームサービスが非常に不足していることを前提として設立されました。Plumeのアプローチは、分散型ハードウェアによってワイヤレスカバレッジのみを向上させようとするのではなく、まったく異なる、スマートなソフトウェア定義のネットワークを介して提供されるクラウド制御フロントエンドサービスの包括的なスイートです。PlumeのHomePass(TM)フロントエンドサービススイートは、適応型で自己最適化した自宅全体のWiFi、AI主導のサイバーセキュリティとIoTデバイス保護、洗練されたペアレンタルコントロール、安全なアクセス制御、およびモーション認識で構成されています。HomePassは、強力なデータ駆動型のバックエンド運用プラットフォームによって補完されており、PlumeのHaystack(TM)とHarvest(TM)スイートを介して、CSPのためにリアルタイムの予測カスタマーサポートツール、ネットワークコントロールセンターアプリケーション、詳細な分析、包括的なダッシュボード、消費者行動と満足度の洞察、解約予測、およびリテンションマーケティングサービスを提供します。

Plumeはこの資金を使用して、研究開発への投資をさらに増やし、販売、マーケティング、およびパートナーシップの強化に積極的に取り組んでいきます。同社は、製品、収益、顧客、チャネル、および地域の急速な拡大を継続し、北米、ヨーロッパ、アジアのすべてのオフィスで従業員を追加することを計画しています。

 「スマートホームカテゴリの成長が急拡大していますが、コンシューマーエクスペリエンスの品質は不十分です。」と、Plumeの取締役に任命されたInsight Partnersのマネージングディレクターであるライアン・ヒンクルは述べています。「Plumeは、スケーラブルなクラウドデータプラットフォームアプローチ、非常に効率的な市場開拓戦略 、強力な勢い、すべてのSaaS KPI全体での上位25%の財務実績(収益、成長率、粗利益、効率、保持の指標を含む)を備えていると確信しています。そしてワールドクラスのチームがこのカテゴリを変革しています。私たちはこのエキサイティングな旅に参加し、サポートできることを嬉しく思います。」

顧客は、スマートスペース向けに最も広くサポートされているオープンソースで、半導体からクラウド間のフレームワークであるOpenSync(TM)を通じて、Plumeが絶えず拡張するプラットフォームの恩恵を受けています。このOpenSyncを活用することにより、CSPはサービスの提供をハードウェアから切り離し、マルチベンダーのオープンプラットフォームアーキテクチャ上で新しいサービスを迅速にキュレートして提供できます。非常にスケーラブルなクラウドコントロールプレーンによって管理されるため、多くの場合、新しいサービスは新しい機器を必要とせずに提供でき、設備投資の支出を削減し、既存の設備の耐用年数を延長します。OpenSyncは、2018年に作成されて以来、2,600万を超えるアクセスポイントに力を与えて拡大し、幅広い半導体のSDKおよびCPEプラットフォームに亘って対応し、多くのサードパーティの開発者や貢献者を魅了してきました。

「ライアンを当社の取締役会に迎えて、Insightチーム全体とパートナーシップを結ぶこと以上に嬉しいことはありません。」と、Plumeの共同創設者兼CEOであるファーリ・ダイナーは述べています。「機械学習とAI、クラウドデータ、オープンソース、ディープエコシステムとのパートナーシップ、およびスケーラブルなプラットフォームを活用することで、私たちはスマートスペースへの期待と、完璧な体験を提供するサービスプロバイダーの能力との間の断絶に独自に対処する一方で、サービスの行き届いていない大きな市場で、最先端の高成長SaaSビジネスを構築します。この現金注入によるさらに強力なバランスシートは、当社の高いオペレーティングレバレッジと相まって、Plumeが将来に自信を持って投資し続けるためのステージを設定致します。」

Jefferies は、この取引でPlumeのファイナンシャルアドバイザーを務めました。

Plumeについて
Plume(R)は、通信サービスプロバイダー(CSP)と世界規模で展開されたその加入者向けの、世界で最初のSaaS体験プラットフォームのクリエーターです。唯一のオープンでハードウェアに依存しないソリューションとして、Plumeは接続された家庭(およびその先)のために新しいサービスを大規模で迅速に提供できるようにします。Plumeは、消費者向けに、自己最適化WiFi、サイバーセキュリティ、アクセスコントロール、ペアレンタルコントロール、モーションセンシングなどを提供します。CSPは、これまでにない可視性と、事後対応型および先制型両方のサポートのための堅牢なバックエンドアプリケーションを取得します。Plumeは、主要な半導体、CPE、およびプラットフォームSDKで事前に統合し、サポートされているオープンソースフレームワークであるOpenSync(TM)を活用しています。
Plumeの投資家には、Charter Communications、Comcast Cable、Foxconn、Insight Partners、Jackson Square Ventures、Liberty Global Ventures、Presidio Ventures、Qualcomm、Samsung、Service Electric Cablevision、Shaw Ventures、Silicon Valley Bank、UpBeat Venture Partners が含まれます。

 www.plume.comwww.plume.com/homepassおよび www.opensync.ioをご覧ください。

 LinkedInhttps://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=3075200-1&h=4095327707&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompany%2Fplume-wifi&a=LinkedIn )および Twitterhttps://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=3075200-1&h=2726540360&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fplume&a=Twitter )でPlumeをフォローしてください。

Plume、HomePass、Haystack、HarvestおよびOpenSyncは、Plume Design, Inc.の商標または登録商標です。

Insight Partnersについて
Insight Partnersは、業界の変革を推進している高成長のテクノロジーおよびソフトウェアScaleUp企業に投資する世界有数のベンチャーキャピタルおよびプライベートエクイティ企業です。1995年に設立されたInsightPartnersは、世界中の400以上の企業に投資し、一連の資金を通じて300億ドルを超える資本コミットメントを調達してきました。Insightの使命は、先見性のある幹部を見つけ、資金提供し、協力して、長期的な成功を促進するための実践的なソフトウェアの専門知識を提供することです。Insightは、従業員とポートフォリオ全体で、ScaleUp企業と成長がすべての人に機会を生み出すという信念を中心とした文化を奨励しています。Insightとそのすべての投資の詳細については、insightpartners.comをご覧いただくか、Twitterの@insightpartnersでフォローしてください。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1442338/Plume_Insight_Partners_Logo.jpg



Plume PRの連絡先:Anne Baker, Inkhouse, plume@inkhouse.com 

 
(日本語リリース:クライアント提供)