電子版も併売。激変するメディア産業の全貌を解説

2021年3月4日
株式会社 電 通

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、『情報メディア白書2021』を株式会社ダイヤモンド社(本社:東京都渋谷区、社長:石田 哲哉)から本日発売いたしました。また、今後の電子書籍市場の拡大を視野に入れ、今年も電子版の販売もいたします。

 

 巻頭特集Ⅰでは「コロナ禍の情報メディア産業」と題し、Part1「コロナ禍における生活とメディア接触の変化」では新型コロナウイルスが人々の生活やメディア接触行動をどのように変えたかを明らかにしました。

 また、コロナが情報メディア産業に与えた影響を、Part2「全記録 月表2020/2~12 コロナ禍と情報メディア各産業の動き」としてまとめました。巻頭特集Ⅱでは、地上波同時配信、5G、メタバース、ショートムービーサービスなどの「新しいメディアの潮流」について詳しく解説しています。

 13分野にわたる情報メディア産業(新聞/出版/音楽/劇映画・映像ソフト/アニメーション/ゲーム/ラジオ・テレビ/衛星放送・ケーブルテレビ/通信/オンラインサービス/広告/通信販売/イベント)について、詳細なデータとグラフで詳しく業界動向を解説しています。

 

<情報メディア白書2021の概要>

○書籍名:『情報メディア白書 2021』

○発行元:株式会社ダイヤモンド社

○編著:株式会社電通 電通メディアイノベーションラボ

○発売日:2021年3月4日

○価格:16,000円(税抜)

〇ISBNコード:978-4-478-11271-7

 

 

<情報メディア白書2021(電子版)の概要>

○書籍名:『情報メディア白書 2021』

○配信開始日:2021年3月4日

○特別価格:9,800円(税抜)

 

電子版は以下の電子書籍販売サービスサイトで購入可能です。

(2021年2月20日時点)

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M101216/202103041791/_prw_PT1fl_474snFL4.png

 

以上

 

 

 

 

 

 

【書籍に関する問い合わせ先】

株式会社電通 電通メディアイノベーションラボ

       北原、湯沢、森下  

       E-mail:infomedia@dentsu.co.jp