~代表電話受付・予約受付・注文受付を自動化~

2021年3月5日(金)
キューアンドエー株式会社
ディー・キュービック株式会社

 キューアンドエー株式会社(代表取締役社長:川田哲男、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)と当社のグループ会社でダイレクトマーケティングBPO事業を展開するディー・キュービック株式会社(代表取締役社長:伊柳義之、本社:東京都渋谷区、以下ディー・キュービック)は、法人向けに提供している会話AI(人工知能)を活用した「AI電話自動応答サービス」に関し、2021年3月5日(金)より「代表電話受付パッケージ」「予約受付パッケージ」「注文受付パッケージ」の3つのサービスパッケージの提供を開始いたします。

 「AI電話自動応答サービス」は、2020年7月より提供を開始しており、オペレーターに代わりAIが顧客からの電話の対応をおこなうサービスです。
 このたび「AI電話自動応答サービス」について、「代表電話受付パッケージ」「予約受付パッケージ」「注文受付パッケージ」の3つのサービスパッケージの提供をおこなうことにいたしました。

 2020年7月の「AI電話自動応答サービス」の提供開始以来、新型コロナウイルス対策やテレワークの普及によりニーズの多かった「代表電話対応」と「予約受付対応」に関して、それぞれe-mailや外部のスケジューラーソフトとの連携が課題となっていました。今回、新たに日程調整サービスとの連携モデルを構築し、e-mailおよび外部ソフトとの連携が実現いたしました。
 「AI電話自動応答サービス」の通信販売の注文受付での活用に関しては、お客さま企業から「ベストエフォート型・従量制料金体系でのサービス提供」について数多くのご要望がありました。そのご要望に対応し、受付回線形式と料金体系のリニューアルをおこないます。

 また、「AI電話自動応答」で受付した情報を人が確認・補正する作業をオプションサービスとして提供しておりますが、今後の計画として、この作業をテレワークでも実施可能なシステム環境の構築を予定しております。これにより、在宅オペレーターを活用した業務運用もおこなう予定です。

 今後、2021年3月5日(金)からは「AI電話自動応答サービス」も含めて「AIクラーク」というブランド名称にて展開をしてまいります。

 キューアンドエーおよびディー・キュービックは、今後もコロナ禍における「新しい生活様式」に対応して、電話窓口の自動化や省力化、テレワーク運用などに関連する新たなソリューションを構築・提供してまいります。

<サービスパッケージの概要>
1.代表電話受付パッケージ
「AI電話自動応答」で代表電話をはじめとした受付対応を自動でおこない、テキスト(文字)化した受付内容を、指定された担当者へe-mailで自動送信するサービスパッケージ。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102261596-O1-6lO21Z0u

2.予約受付パッケージ
電話での各種予約受付の窓口対応を「AI電話自動応答」でおこない、ショートメッセージ(SMS)を経由してWeb上のスケジュール登録画面に誘導。ユーザーに希望日時を選択してもらい、予約受付を無人でおこなうサービスパッケージ。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102261596-O2-O5G5jypo

3.注文受付パッケージ(受付回線形式と料金体系のリニューアル)
「AI電話自動応答」で通信販売をはじめとした注文受付を自動でおこなうサービスパッケージ。従来は、回線契約型の受付方式と料金体系だったが、最大100回線のベストエフォート型の受付方式(*1)と、受付時間による従量制料金体系でのサービス提供を開始。(4月から提供開始)
*1 数百回線を複数のユーザーで共用する方式で、他のユーザーの利用状況により、利用できる回線のキャパシティが変化する方式。本サービスでは、1ユーザーの同時利用回線の上限は100回線に設定されている。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102261596-O3-8a2Hc1z8
【「注文受付パッケージ」の「回線契約型の受付方式・料金体系」と「ベストエフォート型・従量制料金体系」の比較】

・提供先(ターゲット企業):通信販売者、ECサイト運営会社、および一般企業などのお客さま対応電話受付窓口を保持する企業全般
・販売目標数:20件(2021年度)
・サービスページURL
 https://www.dcubic.qac.jp/aiclerk/auto_response/index.html

<キューアンドエー株式会社> https://www.qac.jp/
ICTデジタル製品(パソコン、スマートフォン、プリンター、情報家電、通信機器など)に関連して生じる故障などのトラブルや接続、操作や利活用に係る疑問などを解決するICTサポートサービス事業を主たる業務とする。キューアンドエーが提供するICTサポートサービスは「コンタクトセンターサービス」「オンサイト(訪問)サポートサービス」で構成されており、ICTに関するトータルサポートサービスを提供している。自社サービスとしては「機器補償サービス」やAIチャットBot導入とFAQサイト整備支援サービスを展開。最近ではメールや電話・Web会議ツールを活用した「インサイドセールス」も受託・運営。

<ディー・キュービック株式会社> https://www.dcubic.qac.jp/
ダイレクトマーケティング事業者を中心に、24時間年中無休のインバウンド&アウトバウンドサービスやマーケティング支援、フルフィルメントなどのBPOを提供。マーケティング支援は、顧客育成上の課題特定から施策運用・効果検証までをワンストップでおこなっている。

【本サービスに関するお問い合せ先】
 キューアンドエー株式会社 オペレーション事業本部 ソリューション推進本部 DX推進部
 お問い合わせフォーム:https://docs.qac.jp/dx_solution_contact

 ディー・キュービック株式会社 事業企画本部 ソリューション推進部
 お問い合わせフォーム:https://pages.dcubic.qac.jp/dcc_contact_dx

代表電話受付パッケージ
予約受付パッケージ
注文受付パッケージ