AsiaNet 89041 (0809)

【ブダペスト(ハンガリー)2021年4月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*次世代シミュレーションスリングショットがマルチノードおよびマルチクライアントのサポートで、安全機能をより現実に近いものに

自動運転(AD)テクノロジーで世界をリードするAImotiveは20日、ADASおよびADシステムの開発および検証向けのISO26262の認定を世界で初めて受けたシミュレーターの次世代版であるaiSim 3.0を発表した。aiSim 3.0(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3131610-1&h=1738827790&u=https%3A%2F%2Faimotive.com%2Faisim-3.0&a=aiSim+3.0 )は、マルチノードおよびマルチクライアント機能を物理ベースのセンサーシミュレーションと組み合わせ、大規模なソフトウエアインザループテストからリアルタイム環境まで、仮想世界と現実世界のテスト間で高度で測定可能な相関関係を可能にする。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/777482/ai_motive_landscape_logo_Logo.jpg

マルチクライアントサポートによって、複数のエゴ車両またはマルチECU制御システムを同じ仮想環境に配置して多数の自動運転車またはシステムコンポーネント間の相互作用をテストすることができる。マルチノード機能により、センサーシミュレーションを複数のコンピューターに分散し、最も複雑なリアルタイムのセンサーセットアップであるハードウエアインザループテストの最中であっても、物理ベースモデルの効率的なシミュレートが可能になる。

aiSim 3.0センサーシミュレーションフレームワークは、Khronos GroupのVulkan API上に構築されており、マルチGPUレイトレーシングパフォーマンスを向上させる。Vulkanは、さまざまなセンサー様式(カメラ​​、レーダー、LiDAR)の物理ベースのシミュレーション用のトランスペアレントなパイプラインを作成し、利用可能なGPUリソ​​ース間でタスクを効率的に共有する。Vulkanはオープンスタンダードであるため、aiSimはメーカーに関係なく、最も安価なノートブックから最大のクラウドクラスターまで、互換性のあるすべてのシステムで実行できる。

フォレンジック分析向けのテスト自動化と手動テストによる実行は、仮想検証中でも同じくらい重要である。aiSimの最新リリースは、直感的なユーザー体験を提供し、シナリオの作成、センサーのセットアップ、天候や環境の変化、単一の統合インターフェースからの結果分析など、既存の機能の使いやすさを向上させる。その柔軟なアーキテクチャーとオープンAPIにより、継続的開発への統合が容易になり、継続的な統合パイプラインは、オンサイト展開またはクラウド内展開の両方にネイティブなサポートを提供する。

AImotiveのaiSimプロダクトマネージャーであるSzabolcs Janky氏は「仮想検証はAD機能の大規模展開の鍵だ。aiSim 2.0が世界初のISO26262、ASIL-D認定シミュレーターになった後、aiSim 3.0によって、自動車開発プロセス全体をサポートする次の世代を作り出した。これにより、あらゆる仮想の検証および実証ツールチェーンに忠実性、自動化、効率がもたらされる」と述べた。

aiSim 3.0は現在、販売中である。詳細については、info@aimotive.com に問い合わせを。

AImotiveの詳細は、www.aimotive.com を参照。

▽メディア関係問い合わせ先
Bence Boda
Communications Manager
bence.boda@aimotive.com
0036301828085

ソース:AImotive