AsiaNet 89132(0855)

【デンバー、ロンドン、ベンガルール(インド)2021年4月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*エンタープライズアナリティクスにおける人工知能(AI)の採用および民主化を加速するために構築された柔軟でモジュラー型、かつノーコードのソリューション

*今後、エンタープライズビジネスユーザーは、強力で使い勝手の良い機能をHyperSenseで使用してビジネスに不可欠なアナリティクス使用事例を容易に作成することができる

Digital Trust(デジタル・トラスト)のパイオニアであるSubex(https://www.subex.com/ )は22日、エンタープライズがデータバリューチェーンで人工知能(AI)を活用することによって、より迅速でより良い決定を下すことに役立つエンドツーエンドのAugmented Analytics(拡張分析)プラットフォームのHyperSense(https://hypersense.subex.com/ )を発表した。

Subexの広範なデータアナリティクス経験に基づいて開発されたHyperSenseは、エンタープライズが必要とする全てのAugmented Analyticsを1つの柔軟なモジュラー型プラットフォームに搭載している。HyperSense独自のノーコード機能によって、コーディングの知識がないユーザーは分散したソースからデータを容易に収集し、AIモデルを構築、解釈、調整することによって、データをインサイトに転換するとともに、組織全体でその結果を簡単に共有することができる。

ガートナーが最初に定義したAugmented Analyticsは、機械学習やAIなどのイネーブリングテクノロジーを使用して、データ準備、インサイト生成、インサイト解釈を支援する。Augmented Analyticsはモデル開発、AIモデルの管理・展開を含めデータサイエンスの多数の領域を自動化し、専門家だけでなく非データサイエンティストも支援する。

AIはまだ多くの企業で有意義に採用される初期の段階にある。AIと機械学習テクノロジーがもたらす成果を生かそうとするエンタープライズは概して、機転の利くパイロットを通じたバリューの実証、統合されたAIおよびデータスタックの欠如、AIスキル不足など多数の障害に遭遇する。

HyperSenseは5つの強力なモジュラースタジオを通じてこれらの課題を解決する:

*Data Management Studio(データ管理スタジオ)は、複数のデータフォーマットのバッチおよびストリーミング・データへのワンプレース・アクセスをユーザーに提供し、ユーザーが企業全体から収集したデータを検索し、充実させ、構造化し、有効にすることを可能にする。
*Business Modeling Studio(ビジネスモデリングスタジオ)は、ユーザーがルールを適用し、データ監査をリアルタイムで実行し、情報をプロフィールし、ビジネスのKPIを監視・予測することを可能にする。
*AI Studio(AIスタジオ)は、モデル構築、モデル診断、説明可能なAI、ハイパーパラメーター調整などのAI能力を追加する。
*Business Intelligence Studio(ビジネスインテリジェンススタジオ)は、迅速なインサイトおよび容易な共有のためにデータアナリティクスのアウトプットを可視化する。
*Process Automation Studio(プロセスオートメーションスタジオ)は、ユーザーがデータインサイトに基づく決定を推進するアクションおよびワークフローを生み出すことを可能にする。

HyperSenseは、エンタープライズが超高速な実績をもたらすために、マーケティング、ファイナンス、テクノロジーのバーティカルでの事前設定の多数のアナリティクス使用事例も搭載している。さらに、顧客はHyperSenseプラットフォームを使用して、独自要件に合致するAI駆動のアナリティクスアプリケーションを構築することができる。

このクラウドネーティブなプラットフォームは、既存のデータ管理インフラストラクチャーに統合したり、スタンドアローンのプラグアンドプレーのデータアナリティクスソリューションとして実装したりできる。

SubexのSuresh Chintada最高技術責任者(CTO)は「大半のエンタープライズがその中心にビジネスバリューを伴うAIを実装しようと努力している。しかし、AIイニシアチブはデータサイエンティストチームによって推進されており、ビジネスとITの優先度が調整されない。われわれはHyperSenseを開発し、これに対処した。HyperSenseは、組織により大きな自律性と、AIおよび機械学習へのより広範なアクセスを提供し、ビジネスユーザーの手により大きな力を提供する。このゲームチェンジングなプラットフォームを使用して、企業はAIを真に民主化し、データを信頼できるインサイトにより速く、より効率的に転換することができ、柔軟なビジネスモデルをサポートするとともに、ビジネストランスフォーメーションを大幅に加速する。

HyperSenseは、オープンソーステクノロジーで構築されたノーコードで柔軟なクラウドネイティブ・プラットフォームであり、オンプレミス、ハイブリッドインフラストラクチャー、あらゆるクラウド環境において展開可能である。このプラットフォームは、エンタープライズがアナリティクスによってROIを高め、データバリューチェーン全体の効率性を高めることを支援するために設計されている。

▽Subexについて
Subexは、世界中の企業向けのDigital Trust(https://www.subex.com/digital-trust/ )を実現するパイオニアである。

1994年創設のSubexは、同社の顧客が売上高と収益を最大化することを支援する。Subexはビジネス最適化およびアナリティクス向けの世界クラスのソリューションを通じて市場にサービスを提供してきた伝統があり、現在は同社の顧客のビジエネスエコシステムでオールラウンドなDigital Trustを実現することによって、先端を走っている。リスク緩和、セキュリティー、予測可能性、インテリジェンスに重点を置くSubexは、企業がディスラプティブな変化を受け入れ、自信を持って顧客向けのセキュアなデジタル世界を生み出すことに成功することを支援する。

エンドツーエンドのAugmented Analytics(拡張分析)プラットフォームであるHyperSenseを通じ、Subexは、通信サービスプロバイダー、エンタープライズ顧客がデータバリューチェーンで人工知能(AI)アナリティクスを活用することによってより迅速、より良い決断を下すことを支援する。このソリューションは、コーディングの知識がないユーザーがノーコードプラットフォームで、分散ソースからデータを容易に収集してAIモデルを構築、解釈、調整することでデータをインサイトに転換し、その結果を組織全体で簡単に共有することを全て可能にする。

Subexはスケーラブルなマネージドサービスおよびビジネスコンサルティングサービスも提供する。Subexは90カ国以上に300を超える施設を保有している。詳細はウェブサイトwww.subex.com を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Sandeep Banga
Marketing and Communications
sandeep.banga@subex.com

Photo:
https://mma.prnewswire.com/media/1493184/Subex_Launches_HyperSense.jpg

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1447559/SUBEX_Logo.jpg

ソース:Subex