AsiaNet 89087 (0832)

【北京2021年4月20日PR Newswire=共同通信JBN】Techking(テッキング)は3月26日に北京でOverseas Localized Marketing and Services Exchange Conference(海外市場・サービス現地化交流会議)を開催した。「海外に向かう:協力とお互いの利益」をテーマにしたそのイベントは、土木機械産業チェーンの企業が海外に展開する際の協力方法に焦点をあわせた。同会議にはリオティント、Lafarge、China Molybdenum Co., Ltd、China Railway Group Limited、そして土木機械メーカーなどからはXCMG Group、Shaanxi Tonly Heavy Industries Co., Ltd.、China Construction Machinery Association(CCMA)総書記のWu Peiguo氏、Rubber Institute、Chemical Industry and Engineering Society of China(CIESC)のディレクター、Ma Liangquing氏といった30社以上が招待された

Wu氏とMa氏は産業開発の観点から知見を共有し、世界的な経済回復と一帯一路構想は中国土木機械産業の上下流の企業に歴史的なチャンスをもたらし、協力して世界市場を探求することが可能であると合意した。しかし地理的制約などの要因により、海外市場での製品配送やサービス対応における課題に留意することが必要だ。

TechkingのTech Wang社長は、製品、チャンネルエコシステム、専門的サービスの3つのテコを採用し、世界への拡大の際にメーカーと協力していることを共有した。

Techkingはユーザーならびにメーカーと密接に協力してカスタムメードタイヤの研究開発にこだわり、クライアントの様々な要求を満たしている。製品チャンネルに関し、Techkingは海外の子会社や代表事務所を活用し、共有チャンネル、パブリックプラットフォーム、共同プロモーションを通して顧客と共に産業アライアンスのエコシステムを構築する。専門サービスシステムについて、Techkingは主要国の子会社、代表事務所、代理店に対してサービス案件を24時間以内に解決することを要求し、Techkingサービスセンター(TSC)の展開を開始している。

Techkingは160カ国以上で鉱業と建設業の企業にサービスを提供し、SANY、リープヘル、Terex Group、XCMG、ズームライオン、サンドビックグループなど約40のメーカーに支援サービスを提供している。Techkingの大口顧客はリオティント、グレンコア、BHP、Zijin Miningなど、鉱業と建設業の世界的な大手企業である。

Wang社長によると、Techkingは競争優位性のための3つのテコを継続的に強化し、チェーン内の上下流の企業とともに産業パートナーシップを促進する。強力なコラボレーションと価値の共有により、海外参入における互恵的ビジョンが達成されるだろう。

ソース:Techking Tires Limited