AsiaNet 89502

デジタルプライバシーの専門家が、非公開のオンラインフォーラムでハッカーと安全でないパブリックWi-Fiについて話し合います

ロンドン、2021年5月14日/ PRNewswire / --日本人がカフェ、モールに戻り、地下鉄、地下鉄、電車の利用が増えるにつれ、公共Wi-Fiはサイバー犯罪者にとって絶好の機会になりました。

「人々は、毎月使用するモバイルデータの量を減らす方法を常に模索しています。これにより、多くの人が、特に外出中や街中で無料Wi-Fiスポットを使用するようになります。残念ながら、公共の場所は、悪意のあるホットスポットを簡単に設定し、気付かないうちに人々のデータを盗むことができるハッカーにとっては良いエリアになります」と、NordVPNhttps://nordvpn.com/ja/ )の日本カントリーマネージャーであるポールアシュトンは述べています。

NordVPNhttps://nordvpn.com/ja/ )のデジタルプライバシー専門家であるDaniel Markuson氏は、非公開のオンラインフォーラムで、安全でないパブリックWi-Fiのリスクについてハッカー数人と話し合いました。

何が公共Wi-Fiを危険なものにするのか

NordVPNの調査によると、ハッカーは、公共Wi-Fiホットスポットを脆弱にする可能性のある2つの共通点に賛成しました。これらは不適切なルーター構成であり、強力なパスワードがありません。彼らは、セキュリティで保護されていないWi-Fiに接続されたデバイスから送信された機密情報をのぞき始めるのに数分かかる可能性があると主張しています。

運が良ければ、スヌーパーはあなたのブラウジングアクティビティを読むだけかもしれません。しかし、最悪のシナリオでは、パスワードやクレジットカードの詳細など、すべての機密情報を盗む可能性があります。

デバイスは常に信頼できるWi-Fiネットワークを探しているため、ストーカーはこれらの接続要求を使用して、あなたが住んでいる場所を見つけることができます。Wigle.netなどのWi-Fiホットスポットのヒートマップを作成する公開Webサイトに入力するだけで十分です。

安全を保つ方法

Daniel Markuson氏が、デバイスとデバイスが保持する情報を保護するために何をすべきかについて、いくつかの役立つヒントを提供します。

・コーヒーショップやホテルでWi-Fiに接続するときは、必ずスタッフにネットワーク名を再確認してください。ハッカーは、信頼できると思われる名前を使用して偽のWi-Fiホットスポットを作成する可能性があることを忘れないでください。

・パブリックWi-Fiでは、機密性の高いWebサイトにアクセスしたり、ソーシャルアカウントにログインしたりしないでください。また、銀行取引は絶対に行わないでください。 パブリックWi-Fiはインターネットの閲覧に最適です。

・ファイアウォールを有効にします。ほとんどのオペレーティングシステムにはファイアウォールが組み込まれており、部外者がコンピュータのデータを通過するのを防ぎます。

・VPN(仮想プライベートネットワーク)を使用します。信頼性の高いVPNにより、オンライン接続がプライベートになり、機密データが犯罪者の手に渡ることがなくなります。

・デバイスを使用しないときは、デバイスのWi-Fi機能をオフにすることを忘れないでください。

https://nordvpn.com/ja/ 



(日本語リリース:クライアント提供)