True Italian Taste =イタリア食材のブランドを守り、正真正銘のイタリア料理を継承する食のイベント

令和3年6月15日
在日イタリア商工会議所

 
在日イタリア商工会議主催 The Authentic Italian Table (イタリアを食べる日) 6月14日(月)在日イタリア商工会議所にて開催 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O1-7jKk0AaX
在日イタリア商工会議所(東京都港区三田4-1-27FBR三田ビル9階・事務局長 ダヴィデ・ファントニ)は、6月14日(月)在日イタリア商工会議所主催「The Authentic Italian Table ~イタリアを食べる日~」のイベントが開催されました。このイベントは、イタリア経済開発省主導により全世界で展開されている『Extraordinary Italian Table』プロジェクトのひとつで、イタリア国外の消費者に対して、イタリアの食材の真の価値を守り、正真正銘のイタリア料理を紹介することを目的としています。 
      【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O2-GtIPdp84

 
第3回目を迎える今年のテーマは「ヘルシー・ベジタリアン・自家製ベーカリー」。

特別ゲストに、イタリア料理界の人気シェフであるMario Frittoli(マリオ・フリットリ氏(略歴:1966年イタリア、トスカーナ州生まれ。“パスタの神様”アンジェロ・パラクッキ、仏料理のポール・ボキューズの二大巨匠に師事。イタリア人らしい美的感覚、フレンドリーな人柄が人気を集め、TV・雑誌など多方面でも活躍中)やイタリアパン職人の角谷 聰氏(略歴:古くからパンの街として知られるジェンツァーノの4代続くパン店で修業の後、2013年6月、茨城県石岡市にて、Forno a legna Panezzaを開業)お迎えして、クッキングショーを開催しました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O3-c57NsrPO】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O4-OIRB7sWF

マリオシェフは。グルテンフリー100%パスタと新鮮なイタリアの素材(IGPトロペアの赤玉ねぎ、塩漬けケッパー、オリーブ  ベッラ・ディ・チリニョーラ、ペコリーノ・サルドDOP、サンマルツァーノ ポモドーリ・セッキ (乾燥トマト)、 モデナのバルサミコヴィネガー IGP)ヴィーガンパスタを披露した。
バルサミコ酢を煮込むと味がさらに濃厚になるとともに、お皿をデザインできてクールな仕上がりになると説明。
角谷さんはドライトマトとオレガノ、オリーブ、ふすまの3種のパンをご紹介。イタリアで長年修行した角谷さんのこだわりとパンへの情熱が詰まった本格的な美味しいイタリアのパンの魅力を伝えた。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O5-Q7vex8D7】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O6-25jcgv76

また、在日イタリア商工会議所の認定しているイタリア料理の伝統的なレシピを遵守し、 イタリアの文化とホスピタリティーをお客様にお伝えする努力をしている本格的なイタリアンレストラン AQI(Adesivo di Qualità Italiana)より6名のシェフが集結。イタリアの食材などをテーマにパネルディスカッションを行った。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O7-4P6TcbJV
【参加シェフ】
*Elio Locanda Italiana  オーナーシェフ・エリオ・オルサーラ氏*Pepe Rosso 今井シェフ *Nido 戸羽シェフ  *Tanto Tanto 飯岡シェフ*Trattoria le Sarde 安澤シェフ*Focaccia di Recco 500 岩井シェフ 

 
Elio Locanda Italiana  オーナーシェフ・エリオ・オルサーラ氏
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O8-ePmS06pn】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O9-oT10akSo
・イタリアを食べる日のイベントに参加して、日本人のみなさんのイタリア料理への意識の高さを
改めて強く感じた。今回は、ヴィーガンがテーマということで、ラビオリを作った。ヴィーガンというと非常にシンプルで見た目にも控えめなイメージがあるが、食材そのものの香りを生かしながら、南イタリア料理らしく濃厚な味わいとイタリア料理らしく華やかな色彩のある一品を仕上げた。
フードは、文化と情熱である。自分が育った味・イタリアのおばあちゃんの伝統文化や精神を大切に正真正銘のイタリア料理に対する情熱を持ち続けていきたいと思う。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O10-dbWL08H8】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O11-6Dt8YXy1
Trattoria le Sarde 安澤シェフ(写真左)
イタリア料理のシェフとしてイタリアを食べる日のイベントに初参加させていただけたことを誇りに思う。今回は、ヴィーガンがテーマと言うことで、パンのポルペッティーニを作った。ナポリの名物のアランティーニ(お米のコロッケ)のようにペコリーノ・サルドDOPなどを使ってパンで作ったもの。
コロナの今はイタリアの現地に行けないが、SNSなどを通じてイタリアの最新情報に常にアンテナを張っている。お客様はイタリア料理への意識がとても高い方が多いので、今後もイタリア料理への
正真正銘のイタリア料理への探究をより深めたいと思う。
Nido 戸羽シェフ(写真右)
今回は、バルサミコ酢で煮込んだトレビスやひよこ豆・全粒粉を使ったキッシュを作った。
3年前くらいからヴィーガンメニューのリクエストが増えてきて、コロナの影響でさらに健康志向が高まっている。正真正銘のイタリア料理に欠かせないものは、欧州連合が認定している食品保護制度(D.O.P(Denominazione di Origine Protetta):原産地名称保護制度など)によって保護されている食材である。イタリア料理の伝統を大切にしながら、新しいエッセンスを取り入れて、イタリア料理の素晴らしい魅力を伝えていきたい。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O12-2OsaC44H】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O13-6kATY0x5

Tanto Tanto 飯岡シェフ(写真左)
南イタリアの夏らしいレシピとして「チャンボッタ」をご紹介。シチリアの代表料理のひとつ。カポナータは ワインヴィネガーと砂糖が入りますが. このチャンボッタは 入りません。毎年、イタリアを食べる日のイベントに参加させていただけたことを光栄に思う。コロナが収束して状況が好転したら、体験型のイベントとして、実際にご来場者の方とコミュニケーションができて美味しい正真正銘のイタリア料理をご体感いただけるようになる日が早く訪れることを念願している。

Pepe Rosso 今井シェフ(写真右)
イタリアを食べる日のために、初夏らしい一品「インサラータ・パンテスカ」を披露。ケッパーをシチリアにあるパンテスカという島の名前がメニューの由来である。ヴィーガンをリクエストされるお客様も多いが、元来イタリア料理は、野菜をメインとしたヘルシーな料理が多い。従って、特になにか素材を代替する必要もなく素材そのものの香りと味を楽しんでいただける。正真正銘のイタリア料理の魅力を伝えるために、まだ日本には知られていないイタリアの伝統的な地方料理の味を再現していくことを大切にしている。これからも未知なるイタリアのディープ世界を追求していきたい。                  

さらには、イタリアから有名人気料理研究家として親しまれているベネデッタ・パローディさんもオンラインでイベントに参戦。自宅で簡単に作れるヴィーガンレシピ・Pasta con fonduta di grana e zucca(かぼちゃとグラナパダーノチーズフォンデュ風パスタをご紹介。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O14-u6bJK663】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O15-i4qHY432
イベントの最後には、在日イタリア商工会議所のAQIレストランからミールキット&テイクアウトメニュー賞を発表。ベストミールキット賞:イル・バーカロ/フライパンひとつで作れるリゾット(販売価格950円)テイクアウト賞:Nido/プロシュットコット、トリュフ、アジアーゴチーズのニーディ ディ ロンディネ(販売価格1400円)ベストパッケージ賞:イル・バッチョコーネ/ディジェッレ・モッツァレラチーズと18か月熟成パルマ産プロシュット(販売価格1400円)、みんなのPreferito賞:LIBERO/ペペロンチーノセット(販売価格2500円)に選ばれた。

【今回イタリアを食べる日のメインのイタリア食材】
*シチリア、パンテレリア島のケッパーIGP:1996年にIGP(地理保証保護)制定
*モデナのバルサミコヴィネガー IGP  : 2009年IGP(地理保証保護) 認定
*ペコリーノ・サルド DOP(サルデーニャ産) 羊のチーズ 2011年 DOP(原産地呼称保護)制定
*チェリニョーラのオリーブDOP:世界一大きいオリーブ2000年 DOP(原産地呼称保護)制定
*ポモドーリ・セッキ サンマルツァーノ DOP - 1996年 DOP(原産地呼称保護)制定
*トロペアの赤玉ねぎIGP: 2008年IGP(地理保証保護) 認定
 Rosso Oro della Calabria”(カラブリアの赤い黄金)と呼ばれる
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O16-GxbjHc1X
アンケート及びイベントご取材ご協力の方先着限定50名様にはすてきなイタリア食材のプレゼント

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106156277-O17-YBT3wVFr

今回のイベントの模様はオンラインで約100名の皆さんがご参加いただき、『イベントのコンテンツがバラエティ豊かで楽しかった』『イタリア料理界の第一線で活躍されているシェフから直接イタリア食材や料理に関することをわかりやすく説明していただきとても勉強になった』などのご意見をいただきました。正真正銘のイタリア食文化に対する様々な知識を高める良い機会となりました。今後もイタリアの食文化の真髄を深める有意義なイベントプロモーションさらにはイタリアを中心とした地中海ダイエットをテーマにした新しい食のプロモーションを展開していく予定です。