11月第1土曜日は「FPの日」 9~11月に「くらしとお金」の無料セミナー・相談会を全国で開催!

日本FP協会(所在地 東京都港区、理事長 白根壽晴)は、毎年11月の第1土曜日を「FPの日」(今年は11月6日)とし、その前後の9月~11月に、当協会が認定するFP(ファイナンシャル・プランナー)のCFP・AFP認定者による「くらしとお金」についてのセミナーや相談会など、参加無料のイベントを全国各地で開催いたします。

本イベントは、地域の方々に「ファイナンシャル・プランニング」が生活していくうえで必要なリテラシーであると実感していただくことと、その専門家であるFPの存在を身近に感じてもらうことを目的に実施しています。日頃感じている「くらしとお金」に関する疑問や不安について、セミナーで学んだり、FPに直接相談したりすることができ、どなたでも気軽にご参加いただけるイベントです。今年で17回目の開催を迎え、これまで延べ12万人を超える生活者にご参加いただいていますが、今回からはこれまで10月中旬の開始時期を9月に前倒しして実施いたします。

「くらしとお金」についてのセミナーは地域の特性に応じてさまざまなテーマで開催しますが、今年も人生100年時代に備えるべく「ライフプラン」や「住まい」、「資産形成」等をテーマとしたセミナーを開催予定です。
特に、今年は東日本大震災から10年の節目であることから、東北ブロックの各支部では「防災」をテーマとしたセミナーを企画しております。それに伴い、小冊子「リスクに強い家計をつくろう 私たちの資産と家族を守る知恵」を制作しました。本冊子は、近年多発している自然災害や新型コロナウイルス感染症の感染拡大等、さまざまなリスクに備えるポイントやFPからのアドバイスをまとめた内容となっています。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107298289-O8-bX57KY0h

小冊子「リスクに強い家計をつくろう 私たちの資産と家族を守る知恵」

当協会は「人生100年の家計戦略」をキャッチフレーズとして、人生100年時代に寄り添い、家計管理・生活設計のベースとなるキャッシュフロー表の作成などの体験を全国に広めていくことを目指し、多くの方のライフプランの実現を支援してまいります。

「FPの日」とは
日本FP協会は、1987年に任意団体として設立された創立月である11月の第1土曜日を、毎年「FPの日」と定めています。2004年から「FPの日」の前後に、各地域のCFP・AFP認定者によるセミナーや相談会(参加無料)を開催しています。なお、各地で開催されるイベントは、当協会会員の所属する各都道府県の支部役員を中心にボランティアにより運営されています。

FPの日ページ:https://www.jafp.or.jp/know/fp/fp_day/
各支部ホームページ:https://www.jafp.or.jp/about_jafp/branch/shibu/

小冊子「リスクに強い家計をつくろう 私たちの資産と家族を守る知恵」