~「Society5.0」社会を生き抜く人材を育成~

阪南大学(所在地:大阪府松原市、学長:田上 博司)の数理・データサイエンス・AI教育の取組みの一部が、文部科学省が推進する「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」に2021年8月4日(水)付けで認定されました。これにより、阪南大学が大阪府の私立総合大学では唯一の認定となります(2021年8月4日(水)時点)。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108058561-O1-8wt3vq1e
◆背景
 阪南大学では、AIの深化と普及、IoTやデータサイエンスなど高度情報技術の進展による社会や経済の変革を踏まえ、2019年4月にAI・データサイエンス教育研究所を設置し、経営情報学部にAI・データサイエンス関連科目を開講する等、AI・データサイエンス教育を推進しています。
 この度、2020年度から開始している全学部・全学生対象の導入教育プログラム「AIデータサイエンスリテラシーパッケージ」において、文部科学省が推進する「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」に認定されました。(認定の有効期限: 2026年3月31日まで)
▼阪南大学のAI・データサイエンス教育の詳細はこちら。
 https://www.hannan-u.ac.jp/special/AI2020/

◆文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」(リテラシーレベル)とは?
 内閣府・文部科学省・経済産業省の3府省が連携し、数理・データサイエンス・AIを適切に理解し、それを活用する基礎的な能力を育成することを目的として、数理・データサイエンス・AIに関する知識及び技術について体系的な教育を行うものを文部科学大臣が認定及び選定して奨励する制度です。2021年8月4日(水)までに認定された計78校のうち、阪南大学が大阪府の私立総合大学では唯一の認定となります(2021年8月4日(水)時点)。
▼文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」の詳細はこちら。
 https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/suuri_datascience_ai/00002.htm