AsiaNet 91019(1797)

【ワシントン2021年8月4日PR Newswire=共同通信JBN】
*シンガポールを本拠とするEquilibriumは、環境、社会、ガバナンス(ESG)管理オートメーションソフトウエアを開発し、そのソフトウエアは企業がデータおよびAIを活用することでESGパフォーマンス、リポーティング、ベンチマーキングを向上させることを可能にする

グローバルポリシーおよびマーケットインテリジェンスの有力なテクノロジープロバイーダーであるFiscalNote(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3248690-1&h=1374290086&u=https%3A%2F%2Ffiscalnote.com%2F&a=FiscalNote )は、シンガポールを本拠とする企業Equilibrium(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3248690-1&h=3021370309&u=https%3A%2F%2Fwww.eqm.ai%2F&a=Equilibrium )の買収を発表した。Equilibriumは、業界をリードする環境、社会、ガバナンス(ESG)管理オートメーションソフトウエアを開発し、そのソフトウエアは企業がデータとAIを通じた実行可能なインサイトによって、ESGパフォーマンス、カーボンアカウンティング(炭素会計)、リポーティングの向上を可能にする。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1489173/FiscalNote_Logo.jpg

Frank Meehan、Jay McCarthy、Angel Hoの3氏によって2019年に創設されたEquilibriumは、多くの企業が今後2-5年で経験することになるESG/サステナビリティー・トランスフォーメーション向けのプランニングソリューションとして選択される最適な立場にいる。

FiscalNoteのTim Hwang創設者兼最高経営責任者(CEO)は「ESGは今後、急拡大する規制セクターである。データを取り込み、深い分析コンテンツを生み出す当社の能力はEquilibriumによって開発されたワークフローソフトウエアと極めてうまくペアを組み、事実上、ESGプロフェッショナルが求めるツールを統合する」と語った。

ESG問題をめぐり業務をさらに統合するという根強い需要によって、世界中の組織はESGに関する効果的な目標および組織構造の構築を急いでいる。圧倒的多数の組織は効果的にこれを実行することに努めているが、多くの場合、テクノロジー主導の長期的なソリューションを提供しない高額なコンサルタントに依存することがよくある。

EquilibriumのFrank Meehan創設者兼CEOは「この半年間に当社のデータ駆動型のESGソリューションに対するとてつもなく大きな需要があった。FiscalNoteとの協力によって、企業ESGトランスフォーメーションを加速できるまたとないチャンスが訪れ、FiscalNoteの規制およびポリシーデータ、分析をEquilibriumのアナリティクス、インサイト、リポーティングのソフトウエアと統合することができる」と語った。

FiscalNoteはかねてから、月刊ESGリポートを発行し、ESGアドバイザリーサービスを提供する同社の子会社Oxford Analyticaを通じて、ESGサービスおよびコンテンツを提供している。さらに、FiscalNoteは米国でCQウイークリーESGニュースレターの発行を継続しており、これはJipyong LLCとの提携を通じて韓国でも配布されている。

今回の発表は、英国を本拠とする地政学インテリジェンス企業のOxford Analytica(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3248690-1&h=335905080&u=https%3A%2F%2Ffiscalnote.com%2Fpress-room%2Ffiscalnote-acquires-oxford-analytica&a=Oxford+Analytica )、オーストラリアの議会および規制措置追跡企業のTimebase(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3248690-1&h=2778621568&u=https%3A%2F%2Ffiscalnote.com%2Fpress-room%2Ffiscalnote-acquires-timebase&a=Timebase )、ピアツーピアメンバーシップコミュニティー企業のBoard.org(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3248690-1&h=2546712405&u=https%3A%2F%2Ffiscalnote.com%2Fpress-room%2Ffiscalnote-announces-acquisition-of-board-org&a=Board.org )を含むFiscalNoteが2021年上半期に実施した多数の買収を締めくくるものである。

▽FiscalNoteについて
FiscalNoteは、グローバルポリシーおよびマーケットインテリジェンスを専門とする有力な情報サービス企業である。AIテクノロジー、専門家の分析、立法・規制・地政学データを組み合わせることによって、FiscalNoteは組織がリスクを最小化し、機会を捉える方法を改革している。

CQ、Roll Call、Oxford Analytica、VoterVoiceを保有するFiscalNoteは、世界の5000以上のクライアントを支援し、クライアントにとって最も重要な問題を監視、管理、対処する。FiscalNoteとそのブランドファミリーに関する詳細はウェブサイトFiscalNote.com(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3248690-1&h=3460172698&u=https%3A%2F%2Ffiscalnote.com%2F&a=FiscalNote.com )を参照するか、@FiscalNoteをフォロー。

▽Equilibriumについて
Equilibriumは次世代のESGおよび気候データ管理ソフトウエアプラットフォームであり、企業がESGパフォーマンスを向上させ、リスクを理解し、リポーティングを自動化する方法を理解することを支援する。

2019年創設のEquilibriumは、グローバル企業がデータによってESGリーダーになることを可能にする。EquilibriumがどのようにしてESGプログラムを支援しているかに関する詳細は、ウェブサイトeqm.ai(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3248690-1&h=3194587974&u=https%3A%2F%2Fwww.eqm.ai%2F&a=eqm.ai )を参照。

▽メディア問い合わせ先
press@fiscalnote.com

ソース:FiscalNote