上智大学では、2021年10月20日(水)に、アミーナ・モハメッド国連副事務総長による特別講演会をオンラインで開催します。国連要職者の講演会としては、2017年に本学を訪問したアントニオ・グテーレス国連事務総長2018年のマリア・エスピノサ国連総会議長に続く特別企画となります。

 

本講演会は、持続可能な開発目標(SDGs)の設計段階から関わるモハメッド氏から、その達成に向けた強い決意と想いを直接伺うことができる大変貴重な機会です。当日は、SDGs達成に向けて世界が共通して抱える課題を中心に講演いただきます。

 

モハメッド氏は、2017年3月に事務総長に次ぐ国連ナンバー2である副事務総長に就任しました。前職ではナイジェリアの環境大臣を務め、自然環境の保護と持続可能な開発に向けた資源の保全に注力し、同国の気候変動対策を指導しました。また、国連のポスト2015開発アジェンダ担当特別顧問として、当時の潘基文国連事務総長を補佐し、SDGsが初めて明記された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の合意に大きな役割を果たしたことでも知られています。講演では「SDGs実施へのグローバル課題」について語っていただきます。

 

参加は無料で、事前登録が必要ですが、国連の活動やSDGsにご関心のある方をはじめ、どなたでもご参加いただけます。皆様の参加をお待ちしております。

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M101998/202108048535/_prw_OT1fl_9l35J549.png

 

 

press_DSGOfficialportrait2020