2021年8月5日
公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会(理事長:畔柳一典)は、9月1日(水)から「PRアワードグランプリ 2021」のエントリー受付を開始いたします。
PRアワードグランプリは、企業・団体等の広報部門やPR会社が実施するパブリックリレーションズの事例を広く募集し、審査を通して日本を代表する優秀な活動を表彰・公開するもので、2001年にスタートしてから本年度で22回目※を迎えます。日本のコミュニケーション技術の更なる質的向上と、パブリックリレーションズに対する一層の理解促進を目指します。

審査員には、パブリックリレーションズのプロフェッショナルの方々に加え、アカデミズムやジャーナリストの方々にも参加していただきます。多彩なエントリーに対し多角的な視点で評価を行うことにより、PR業務の最高峰を選出するアワードの実現を目指します。また、例年通り9月1日から9月30日までのエントリーは、通常エントリー料の半額で応募いただける「早期エントリー制」を導入し、応募層の拡大を図ります。

スケジュールは、2021年9月1日(水)の受付開始から、早期エントリーの締切を2021年9月30日(木)、最終エントリーの締切を10月26日(火)17:00必着といたします。

詳しくは下記URLをご確認ください。
<PRSJサイト> https://prsj.or.jp/pr-award/

※  2001年度は2回開催