【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108209029-O1-ud75d45u

AsiaNet 91222 (1898)

【香港2021年8月19日PR Newswire=共同通信JBN】
*Sino Group(信和集団)とArupによる現代的でスタイリッシュかつ実用的なイノベーションが、より健康的で環境に優しい未来に貢献

Sino GroupとArupが共同開発した特許取得済みの第2世代City Air Purification System(都市空気浄化システム)(CAPS 2.0)は、香港のデザイナー、Charis Ng氏によるスタイリッシュかつ実用的なデザインにより、Green Good Design Awards 2021の「グリーン製品/グラフィックデザイン」部門で表彰された。Green Good Design Awards 2021は、世界で最も権威のあるデザイン賞の1つであるGood Design Awards(グッドデザイン賞)の特別版であり、シカゴ・アテナイオン:建築・デザイン博物館(Chicago Athenaeum:Museum of Architecture and Design)と欧州建築アートデザイン都市研究センター(European Center for Architecture Art Design and Urban Studies)が共同で、世界中で最も革新的かつ先見の明のある新製品デザインとして紹介する。

写真のダウンロードはhttps://sino365-my.sharepoint.com/:f:/g/personal/yukilam_sino_com/Ehef5Atdj6RKuHJ1O_xABTgBVXRmx7TWKO8tCfImUBuycw?e=n6Gty7 をクリック。

CAPS 2.0は、バス待合所から既存構造物への据え付けに至るまで、さまざまな形で簡単に採用できる柔軟性のあるデザインとして認められており、大気質に対する特に有用で実用的なソリューションとなっている。世界保健機関(WHO)は大気質を単一では最大の環境健康リスクとして強調している。CAPS 2.0は、COVID-19パンデミックの中でますます重要性を増している大気質を新しいろ過・衛生技術により改善することにより、都市環境下にある人々を保護する。

CAPS 2.0は、機能とデザインの両方で飛躍的な進歩を示している。受賞歴のあるデザイナー、Charis Ng氏およびそのチームは人間中心のアプローチを採用し、過去2年間、CAPS 2.0に新しいろ過・衛生技術を統合することにより、半開放スペースを通る空気の流れの再構成に取り組んできた。設計コンセプトは、制御された有機層の集合体を特徴としている。これは、自然のろ過理論を複製したもので、層ごとに、さまざまなろ過技術によって空気が浄化・精製される。このデザインは、鉄鋼などの強力なアークテクチャー要素と、柔らかく制御された有機的なディテールをブレンドし、公衆衛生を保護するためにより機能的に影響を与えるだけでなく、視覚的に魅力的な構造を実現している。

Sino GroupのDaryl Ng副会長は「尊敬される審査パネルが、この権威ある賞で当社の社会的イノベーションのアイデアを表彰してくれたことを大変光栄に思う。われわれは、公共交通機関を待つ間のより清浄な空気で始まる、より良いコミュニティー構築にコミットしている。当社のつつましいコンセプトに対する前向きなフィードバックに勇気付けられている。エンジニアと協力してこの有意義なコミュニティープロジェクトに取り組むことができたことを大変光栄に思う。CAPS 2.0がより健康的で環境に優しいコミュニティーのためのより創造的かつ革新的なアイデアを刺激することを願っている」と語った。

CAPS 2.0を設計したCharis Ng氏は「スマートシティーソリューションは、その都市環境に美的に適合する必要がある。われわれは、すべての技術革新をモダンで洗練されたデザインになんとか組み込むことができたことに満足している」と付言している。

新しいろ過・衛生技術を搭載したCAPS2.0は、半開放スペース内の空気を効率的に浄化することができる。CAPS 2.0は周囲の空気を吸い込み、システムを通過するときに空気を浄化し、浮遊粒子、空中浮遊アレルゲン、微生物、ウイルスを除去する。「ウインドブロック」イノベーションとして知られるキャノピーの端から排出されるエアカーテンは、汚染物質から保護し、周囲への空気の漏れを最小限に抑制する。次いで、消毒・浄化された空気が金属カラムの通気口から送られ、微生物、コロナウイルス、交差感染から人々を保護する。

このシステムはまた、自律稼働のために上部に設置された太陽光発電パネルを通じて太陽エネルギーを収集する。ユーザーの利便性を高めるため、CAPS 2.0にはインターネット・オブ・シングス(IoT)が搭載されており、リアルタイム監視、データ比較、インタラクティブ表示により、天気、大気質、バス時刻表に関する有用な情報を表示することができる。

▽大気汚染に対する革新的な都市全体のソリューションとして表彰

Green Good Design Awardは、完全に持続可能、かつ最高水準の良好な環境と互換性のあるデザインへの道をリードし、最も重要な新しい国際的製品、建物、建築と計画プロジェクトを表彰している。「Build A Better World Now(今、良い世界を作る)」をテーマにしたこのプログラムは、35を超える国・地域から数百件の応募があった。European Centre's International Advisory Committeeで構成される審査パネルは、環境に最もプラスの影響を与えるため、最先端の「グリーンアプローチ」と最も洗練された方法や技術を強調する28カ国からの150以上の新しい建物、景観プロジェクト、製品デザインを選んだ。

CAPS 2.0はGreen Good Design Awards 2021に加え、2019年の第47回ジュネーブ国際発明展(International Exhibition of Inventions Geneva)で金メダルと工業デザイン賞を、また世界知的財産機構の発明者賞およびシリコンバレー国際発明フェスティバル2019(Silicon Valley International Invention Festival 2019)で審査パネル推奨と共に金メダルをそれぞれ受賞した。

CAPS 2.0は、斬新で有用なイノベーションをより多くのオーディエンスに提示するための移動展示会を開催中である。CAPS 2.0は現在、2022年1月17日までOlympian City 2で展示されている。

▽Sino Groupについて
Sino Groupは香港を代表する不動産開発会社の1つである。Sino Land Company Limited(HKSE:083)、Tsim Sha Tsui Properties Limited(HKSE:0247)、Sino Hotels(Holdings)Limited(HKSE:1221)の3つの上場企業と、Ngファミリーが保有する非公開企業で構成されている。

同グループの中核事業は、販売・投資用の住宅、オフィス、工業、リテール不動産の開発である。同グループは香港における広範なポートフォリオに加え、中国本土、シンガポール、オーストラリアで事業を展開している。同グループは250以上のプロジェクトを開発し、総容積面積は8460万平方フィートを超えている。当グループの中核事業は、管理、セキュリティー、環境サービスなどあらゆる不動産サービスによって補完されており、シームレスなSino Experienceを保証している。また、ホテルやクラブの管理においても重要な役割を果たしている。

同グループは、より良いライフスケープを創出するというビジョンを共有する1万人以上の献身的なスタッフを雇用している。ライフスケープはわれわれのビジョンであり、コミュニティーが環境に配慮した生活とウエルネスを受け入れ、すべての人と関わり、意味のあるデザインを追求し、遺産と文化を尊重しながらイノベーションを追求することにより、調和して繁栄する、より良い生活を共に構築することである。われわれは献身的に、そして共に、人々が住み、働き、そして楽しむより良いコミュニティーを創出する。2021年、当グループは50周年を迎え、コミュニティー構築とより良いライフスケープ創出への献身の50年を記念する。

当グループは、Green Living(環境に配慮した生活)、Innovative Design(革新的デザイン)、Community Spirit(コミュニティー精神)の3つの分野に持続可能性への取り組みを集中させている。Sino Land Company Limited(083)は、持続可能性の促進に継続的に取り組んでいることを評価され、2012年9月からハンセン企業持続可能性指数シリーズ(Hang Seng Corporate Sustainability Index Series)の構成銘柄となっている。

www.sino.com

ソース:Sino Group

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=398777
(写真説明:Sino GroupとArupが共同開発した特許取得済みの第2世代City Air Purification System(都市空気浄化システム)(CAPS 2.0)は、香港のデザイナー、Charis Ng氏によるスタイリッシュかつ実用的なデザインにより、Green Good Design Awards 2021の「グリーン製品/グラフィックデザイン」部門で表彰された。Green Good Design Awards 2021は、世界で最も権威のあるデザイン賞の1つであるGood Design Awards(グッドデザイン賞)の特別版であり、シカゴ・アテナイオン:建築・デザイン博物館(Chicago Athenaeum:Museum of Architecture and Design)と欧州建築アートデザイン都市研究センター(European Center for Architecture Art Design and Urban Studies)が共同で、世界中で最も革新的かつ先見の明のある新製品デザインとして紹介する)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=398779
(写真説明:Daryl Ng氏は「スマートシティーソリューションは、その都市環境に美的に適合する必要がある。われわれは、すべての技術革新をモダンで洗練されたデザインになんとか組み込むことができたことに満足している」と付言している)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=398780
(写真説明:CAPS 2.0は、バス待合所から既存構造物の改造に至るまで、さまざまな形で簡単に採用できる柔軟性のあるデザインとして認められており、大気質に対する特に有用で実用的なソリューションとなっている。世界保健機関(WHO)は大気質を単一では最大の環境健康リスクとして強調している。CAPS 2.0は、COVID-19パンデミックの中でますます重要を増している大気質を新しいろ過・衛生技術により改善することにより、都市環境下にある人々を保護する)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=398782

Sino GroupとArupが共同開発した特許取得済みの第2世代City Air Purification System(CAPS 2.0)
Daryl Ng氏「技術革新をモダンで洗練されたデザインになんとか組み込むことができたことに満足している」
CAPS 2.0は、大気質に対する特に有用で実用的なソリューションとなっている。