~年400万冊の紙通帳を発行。富士山2個分を超える量の紙を削減しよう~

- 三井住友銀行 新プロジェクト –

~お客様とともに、環境負荷軽減へ取り組む~

みんなと守ろう地球の未来

「SMBC Green プロジェクト」を発足

 

~年400万冊の紙通帳を発行。富士山2個分を超える量の紙を削減しよう~

 

 

 株式会社三井住友銀行(頭取CEO:髙島 誠、以下「三井住友銀行」)は、デジタル利用や推進等の取り組みを通じて、お客さまとともに環境負荷軽減へ取り組むことを目指す「SMBC Greenプロジェクト」を発足しました。

 世界的に環境保全に対する意識が高まる中、これからも社会の一員という使命をもって、環境負荷軽減に向けた意識をお客さまと共有し、共に取り組んでいくため、本プロジェクトを発足しました。

 本プロジェクトでは、年間400万冊以上発行してきた紙資源の使い方を見直す一環として、Web通帳の機能拡充や、インターネットバンキング「SMBCダイレクト」のリニューアル、店頭お手続のデジタル化等、これまでの窓口やATMでのお取引に加え、デジタルサービスの拡充を行うことで、お客さまの利便性を高めつつ、資源の削減を進めております。

 また、「SMBC Greenプロジェクト」の始動を記念して、「Web通帳切替キャンペーン2021」及び「初回ログイン限定!インターネットバンキングへのログインでVポイント100円相当プレゼント」の2つのキャンペーンを2021年8月16日(月)から実施中です。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109150050-O1-dNf966GQ

 

■「SMBC Green プロジェクト」概要

 SMBCグループでは、世の中のサステナビリティに関するニーズ、取組が多様化、高度化していくなかで、社会のサステナビリティを「お客さまと」ともに実現するためのグループとしての姿勢、取組について、

 先日、「SMBC Group GREEN Innovator」を公表しました。

その一環として、三井住友銀行においても、これからも社会の一員という使命をもって、環境負荷軽減に向けた意識をお客さまと共有し、共に取り組んでいくため、この度、SMBC Greenプロジェクトを発足しました。

 具体的には、今まで紙で行っていたお手続のデジタル化や、年間400万冊以上発行してきた紙資源の使い方を見直す一環として、Web通帳の機能を拡充したり、三井住友銀行のインターネットバンキングであるSMBCダイレクトのリニューアルを実施する等、今までの窓口やATMでのお取引に加え、デジタルサービスの拡充を行うことで、お客さまの利便性を高めつつ、資源の削減を進めております。

 これからも三井住友銀行は、お客さまと一体となって、デジタル利用や推進等の取り組みが環境負荷軽減に寄与していくことを、実践していきます。

 

 

●“当たり前”を見つめ直して

 タブレットや再生可能な資源を活用し、今まで当たり前に使っていた紙資源の活用を廃止することで、Greenな世界づくりに取り組んでいます。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109150050-O3-vq3t6Whr

 

●必要なものでもデジタルという選択を

 日々お客さまにご利用いただいている通帳においても、Web通帳をご利用いただくことで紙資源の削減に繋がります。さらに、通帳だけでなく、インターネットバンキングをご利用いただくと、ATMの利用明細書等の削減にも繋がります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109150050-O2-LyLUw568

<Web通帳とは>

https://www.smbc.co.jp/kojin/sougou/web-tsucho/

 

<SMBCダイレクト(インターネットバンキング)とは>

https://www.smbc.co.jp/kojin/direct/

 

 

■「Web通帳切り替えキャンペーン2021」 概要

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105401/202109150050/_prw_OT1fl_UnK8m027.png

 

■初回ログイン限定!インターネットバンキングへのログインでVポイント100円相当プレゼント 概要

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105401/202109150050/_prw_OT2fl_3k96YPDm.png

 

SMBC Greenプロジェクト
02
01