AsiaNet 91754 (2157)

【北京2021年9月18日PR Newswire=共同通信JBN】中国は17日、上海協力機構(Shanghai Cooperation Organization、SCO )の加盟国に対し、連帯と協力を強化し、未来を共有するより緊密なSCOコミュニティーを構築するよう呼び掛けた。

中国の習近平(Xi Jinping)国家主席は、SCOの第21回首脳会議で、今年はSCOの創設20周年であることに言及し、SCOの協力の歴史を振り返り、機構の将来の発展について提案した。サミットは、2021年にSCOの輪番制議長を務めるタジキスタンのドゥシャンベで開催された。

習氏は、北京からビデオを通じて首脳会議で演説し、SCO加盟国に対し、アフガニスタン関連の問題に関する協力を強化し、アフガニスタンの円滑な移行を促進するよう求めた。

同国家主席は、SCOはイランを加盟国として、サウジアラビア、エジプトおよびカタールを新たな対話パートナーとして承認する手続きを17日に開始すると述べた。

▽「新しいタイプの国際関係」を構築する取り組み

SCOの創設は2001年6月15日に上海で、カザフスタン、中国、キルギスタン、ロシア、タジキスタン、ウズベキスタンによって発表された。インドとパキスタンが2017年に陣営に加わり、加盟国の数は8カ国になった。

習主席は、過去20年間のSCOの「力強い成長」と加盟国間の「実りある、互恵的協力」を称賛した。

習主席は「上海の、相互信頼、互恵、平等、協議、文明の多様性の尊重、共通の発展の追求の精神に導かれ、SCOは新しいタイプの国際関係と人類の共通の未来を持つコミュニティーを構築することを視野に、世界の平和、発展、人間の進歩を促進し、理論的にも実際の手段においても新境地を探求するよう努めてきた」と語った。

習氏は、SCO加盟国は政治的相互信頼を共同で促進し、安全と安定を確保し、繁栄と発展を追求し、国際正義を支持してきたと付け加えた。

同氏は「われわれは、テロ、分離主義、過激主義との戦いを最初に呼び掛けた」と述べ、麻薬密売の拡大を抑制し、テロ対策演習と国境管理業務を実施する上でのSCO加盟国間の協力を強調した。

▽「未来を共有するより緊密なSCOコミュニティー」

習主席は、SCOは20年の発展を経て「新たな歴史的出発点」に到達したと述べ、「共通の未来を持つより緊密なSCOコミュニティーを構築」し、恒久の世界平和と共通の繁栄に一層寄与するよう呼び掛けた。

習氏は、機構は連帯と協力を強化し、共通の安全を維持し、開放と統合を促進し、相互作用と相互学習を強化し、公平性と正義を堅持することに注力し続ける必要があると述べた。

習主席は、SCO加盟国に対し、機構が「着実な発展の過程」にあり続けるために、協力において、政策対話、意思疎通、協調を強化し、互いの論理的懸念を尊重するよう求めた。

「われわれは自らのシステムに確固たる信頼を維持し、横柄な説教行為を排除し、各国の状況に適合した開発の道筋とガバナンスモデルを検討することで各国をしっかりと支援する必要がある」とし、「われわれの国の発展と進歩の未来を自らの手にしっかりと保持していなければならない」と述べた。

▽「最も差し迫った課題」

習主席は、COVID-19との闘いが依然として「最も差し迫った課題」であることを強調し、パンデミックに対抗する協力を深め、ワクチンの公正かつ公平な分配を促進し、COVID-19の発生源追跡を政治化するいかなる行為にも固く反対するための加盟国間の共同努力を求めた。

習氏は、中国は100を超す国と国際機関に約12億回分の完成ワクチンおよびバルクワクチンを提供したと述べ、中国は今年、他国に計20億回分を提供するための取り組みを強化すると付け加えた。

習氏は、この地域でのポストCOVIDの景気回復を促進するために、中国は今後5年間で他のSCO諸国との累積貿易額が2兆3000億ドルに達するよう努めると述べた。

同氏は、中国は今後3年間に、他のSCO諸国に貧困緩和に関する1000回のトレーニング機会も提供すると発表した。

▽アフガニスタンに関するSCO協力

習主席は、東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)を含むテロ、分離主義、過激主義と戦うため、SCO加盟国の強い措置を求めた。

外国軍の撤退後にアフガニスタンが直面している「極めて困難な課題」についてコメントし、SCO加盟国に対し、SCO-Afghanistan Contact Group (SCOアフガニスタン連絡グループ)などのプラットフォームを最大限に活用し、同国内の円滑な移行を促進するよう求めた。

「アフガニスタンが広範かつ包括的な政治的枠組みを制定し、慎重で穏健な内外政策を採用し、あらゆる形態のテロと断固として戦い、隣国と友好的に暮らし、平和、安定、発展の道を真に歩み始めることを促す必要がある」と強調した。

アフガニスタンのタリバンは、8月15日にカブールを制圧し、今月には暫定政府の設立を発表した。中国はタリバンに対し、ETIMを含むすべてのテロ組織と明確に決別し、毅然としてそれらと戦うよう要請した。タリバンは、アフガニスタンの領土が「世界の誰に対しても、どの国に対しても不利益となる形で」利用されることを許さないことを約束した。

▽「国際秩序の擁護者」

習主席は、世界の公平と正義を支持する上でのSCOの役割を強調した。「いわゆる『強さの地位』に基づき行動することは国際的な課題を扱う方法ではなく、覇権、横暴、いじめ行為は固く拒否されるべきである」と述べた。

習氏は「われわれは真の多国間主義を実践し、いわゆるルールの名の下に国際秩序を弱体化させ、対立と分断を引き起こす行動に対抗する必要がある」と付け加えた。

SCOがイランを加盟国として、サウジアラビア、エジプト、カタールを新たな対話パートナーとして認める手続きを開始する中、習氏は「成長を続けるSCOファミリー」が「世界平和の構築者、世界発展への貢献者、国際秩序の擁護者」の役割を果たすという確信を表明した。

https://news.cgtn.com/news/2021-09-17/Xi-Jinping-addresses-SCO-meeting-via-video-link-13D3zqRd34k/index.html

ソース:CGTN