AsiaNet 91832 (2202)

【台北2021年9月22日PR Newswire=共同通信JBN】CHIMEI Corporationは、「クリーン&グリーン」環境ビジョンを実現し、炭素削減とカーボンニュートラルへの世界的なトレンドと歩調を合わせ、ブタジエンサプライヤーであるBraskemとともに世界初のカーボンニュートラルなブタジエンの出荷を完了した。積み荷はタンカー「Clipper Hermod」でブラジルを出発し、8月7日に安平港に無事到着した。

CHIMEIブタジエン貨物の輸送により、約1819トンの二酸化炭素排出物が排出され、この排出量はクレジットの使用によりが相殺された。クレジットは、国連が支援する世界最大の国際森林保護プログラムであるREDD +(Reducing Emissions from Deforestation and Forest Degradation=森林破壊・劣化からの排出削減)を通じて調達された。クレジットは、世界をリードする炭素クレジット基準であるVCS(Verified Carbon Standard)を管理する非営利団体のVerraによって検証されている。インドネシアのリンバラヤ生物多様性保護区のREDD+ 国際森林保護プログラムは、森林破壊・劣化からの排出量削減を提唱し、保護区内の6万5000エーカーの泥炭湿地林を森林破壊から保護する支援をしている。このプログラムは、炭素排出量を合計で1億3000万トン以上削減すると推計されている。CHIMEIは同プロジェクトに貢献することにより、低炭素で持続可能な未来を創造するという決意を示した。

CHIMEIは常に環境保護を優先事項と考えており、「クリーン&グリーン」のビジョンを維持し、グリーン製造を促進し、環境への悪影響を減らす革新的な方法を見つけることにコミットしている。CHIMEIはまた、パートナー、サプライヤー、クライアントと積極的に協力し、環境の持続可能性に貢献しようと努めている。自然に基づく相殺を使用することは、ESGに対するCHIMEIの積極的な注力を強調するだけでなく、ネットゼロ排出の世界的な問題に対する前例のない関心と取り組みを示している。

▽CHIMEI について
CHIMEIは台湾を拠点とするパフォーマンスマテリアルの企業で、先進高分子材料、合成ゴム、特殊化学製品を設計、製造している。グローバル企業は、環境への影響を最小限に抑えながら、製品の性能を向上させるためCHIMEIを求めている。

CHIMEIは創業以来、社会に貢献することが成功と充実につながるという原則である「Xingfu:Well-Being Through Contribution」を追求してきた。この信念は、CHIMEIを創業以来、より大きな価値に全力を注ぐように導いてきた。

CHIMEIがどのように企業がより高い目標を達成し、そのグローバルな責任にステップアップすることを支援しているかを知るためには、www.chimeicorp.com にアクセスを。

ソース:CHIMEI