『koburi』ポールメーカーが開発した新しいこいのぼりのカタチ

2021年9月27日
株式会社三共
http://www.sankyo-pole.jp/

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109220467-O7-xmkFrVLN

 

株式会社三共(本社:東京都北区、以下:当社)は、2022年2月よりアルミ製こいのぼり「koburi」の一般品販売を開始します。

 

当社では2021年4月より、家庭のこいのぼり用ポールを預り全長12cmのこいのぼりに再加工して届けるアップサイクル製品「koburi」(※1)の販売を開始しました。

すでにポールがある方へ向けたサービスとして開始したところポールがない方からも製品のご要望をいただいたことから、お預かりしたポールを再加工するのではなくオリジナル製品として一般品「koburi」を製造・販売することを決定しました。

2022年2月よりオンラインショップにて販売開始します。

 

(※1)アップサイクル製品「koburi」とは

幼い頃は家族で楽しんでいたこいのぼりもお子様が大きくなると飾る機会は減少します。本製品はお預かりした庭用こいのぼりポールを3~5個の室内用こいのぼりに作り直してお返しするものです。完成した「koburi」は1個ずつ別の住所への発送にも対応しているため離れて暮らしている家族とも分けあうことができます。

 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109220467-O3-Bzc28bVP


 

【koburiの特徴】

1.職人が1つ1つ手作業で加工します

  長年ポールの加工に携わってきた職人がこいのぼりポールと同じ材料から作ります。

2.お好きな場所に飾れるコンパクトなサイズ

  必要なスペースは直径12cmの円の広さです。

3.風にのって泳ぐように揺れるモビール仕様

  スタンドの軸を支点にして揺れます。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109220467-O4-5OKEsPMY


【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109220467-O5-y11Zh30D


 

こいのぼりはお子様の誕生と健やかな成長を願い贈られます。

「koburi」は端午の節句に限らず出産や誕生日のお祝い、進学や就職で家族の元を離れる方への贈り物としても活躍する商品です。

 

 

10月13日~15日開催

ギフトショー LIFE×DESIGN 町工場プロダクツに出展します

 

 

 

【商品概要】

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106628/202109220467/_prw_PT1fl_8371apH8.png

 

Capture0003-688_800x533