AsiaNet 92349 (2469)

【重慶(中国)2021年10月15日新華社=共同通信JBN】
*長江の河岸沿いで歌が歌われ、世界中の聴衆がこの感動的な瞬間を共有できる

重慶市万州区宣伝部(The Publicity Department of Wanzhou District, Chongqing Municipality)によると、長江三峡ダム湖地域に対するペア支援である中国の経済貿易見本市のハイライトの1つとして、Concert of World Great Rivers 2021(2021年世界の大河コンサート)が14日夕、中国南西部の重慶市万州区の世界で3番目に大きな川である長江(揚子江)河岸で開かれた。

コンサートは、川の源流、生命の交響曲、情熱的な流れ、共通の故郷の共同建設という4つの構成(楽章)に分けられている。ロシア、イタリアなど世界の大河流域の国々からの歌手、ペア支援地域の省や都市からのパフォーマンスチーム、アーティストらが地元万州のパフォーマンスグループと一緒に演じた。

1800年の歴史を持つ古都である万州は、三峡プロジェクトのおかげで生まれ変わった。新しい移民都市の建設は、都市の配置を急速に拡大した。Wanzhou Yangtze River Bridge(万州長江大橋)、Second Yangtze River Bridge(第2長江橋)、Nanbin Road(南浜路)、Beibin Avenue(北浜街)は、この都市の25kmの内輪区域を形成し、ウオーターフロントレジャー地域となった。

あなたがマラソン、サイクリング、ローイング(漕艇)、水泳、写真撮影、観光の愛好家なら、ぜひこの街に来て欲しい。川沿いの湖​​沼地帯の外には建物は見えず、ウオーターフロントのプラットフォームとトレイルも屋外および川の近くにあり、どこででも180度の川の景色を眺めることができる。周囲に9つの丘があり、長江が流れているこの街は、山、川、橋と調和して生活している。ここでスポーツ、レジャー、写真撮影を楽しんだり、遊んだりするのは素晴らしい体験だ。

万州の湖の景色は2016年に、長江三峡の新しい観光景観トップ10の1つとしてランクされた。近年、万州は、Ferry Port(フェリー港)、Egret Bay(エグレット湾)、Seventeen Wharf、Music Square、平湖観光地のSanshengyuan Galleryなど、16の美しい景色を望む都市環状の作成に大きな努力を払ってきた。景観の完成またはアップグレードにより、この地域は着実なペースで発展している。

川の何千マイルも上の、かつての甲高い、エキサイティングなChuanjiangの船頭の歌は、いまはどこにも聞こえない。今日、万州はのんびりした街の生活のアリアを歌っており、街の路地の古い通りは都市開発とイメージ促進キャンペーンのおかげで改装された。この街には、緑の石のスラブ、クリガシの木、古代の道路、古い写真、ベテランの職人、民族のことわざ、壁画の落書きが溢れている。

秋には、万州は一年で最も豊かな色に染まる。長江の両岸には、何万ムーもの古代オレンジの木が点在しており、豊富な収穫を示唆している。川の周囲には何百万本ものブーゲンビリアの木が花開き、街を色とりどりの花のリボンで飾っている。三峡ダムによって、水位変動帯の中山モミは大部分が水没し、次第に色とりどりの水中の森になった。昨年、長江は10年間の漁業禁止を開始し、魚の繁殖拡大に乗り出した。三峡保全地域は、シラサギとカモメが川の上を群れながら飛んでおり、いまや渡り鳥の楽園になっている

万州に来て、川でボートに乗り、さまざまな光を楽しみ、歌を歌ってのんびりした旅を楽しもう。

ソース:The Publicity Department of Wanzhou District, Chongqing Municipality