2021年10月19日

株式会社 電通グループ

代表取締役社長執行役員 山本 敏博

(東証第1部 証券コード:4324)

 

電通グループ、インドの「Goals101社」との戦略的資本業務提携により 自社グループのソリューション開発を強化 - AI・データ技術を用いたマーケティングプラットフォームを世界展開 -

 

 

株式会社 電通グループ(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)は、銀行が保有する顧客データを様々な企業がマーケティングに安全かつ効果的に活用できるテクノロジープラットフォームを提供するインドの「Goals101 Data Solutions Private Limited」(本社:ニューデリー、創業者/CEO:Visham Sikand、以下「Goals101社(ゴールズ・ワンゼロワン)」)と戦略的資本業務提携契約を締結しました。

 

Goals101社は、バンクテック&データテック(銀行とデータのテクノロジー)分野において、世界でも有数の急成長企業で、銀行向けの最先端のAI・データテクノロジーを保有しています。同社は、そのテクノロジーを用いて、銀行が保有する匿名化された安全性の高いデータを活用し、企業による銀行サービス利用者向けの広告や各種コミュニケーションをパーソナライズできるプラットフォームを提供しています。広告やコミュニケーションは、銀行が保有するウェブサイト、メールマガジン、アプリなどのチャネル上で行われます。

 

同契約に基づき、Goals101社は、当社グループが擁する全世界145カ国・地域のエキスパートと顧客企業ネットワークを活用し、当社グループが特にデジタル分野で強みを持つインド市場を皮切りにグローバル展開を図ります。一方、当社グループとしては、最先端のAI・データテクノロジーを持つ同社との協業を通じて、当社グループの顧客企業に向けた、より洗練されたソリューションを開発・提供していきます。

なお、出資に先駆けてインドで実施した実証実験では、当社グループが保有する各種マーケティングデータとGoals101社のプラットフォームを連携させることによって、広告効果が大幅に改善したことを確認しており、今後、着実なグローバル展開を目指します。

 

今後も、当社グループは、アイデア、データ、テクノロジーといったケイパビリティを常に進化させ、顧客企業へより統合されたソリューションを提供していきます。

 

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105945/202110191931/_prw_PT1fl_HBhYBnn2.png

 

以 上