AsiaNet 92505

【ストックホルム2021年10月25日PR Newswire】GSB Gold Standard Pay KB, Sweden: ドイツ連邦共和国の集中治療室では、近い将来、おそらくより多くの人が再びCovid-19による治療を受けなければならなくなるでしょう。以前から知られていたように、これは寒い季節のせいです。

スウェーデンのGold Standard Payの取締役であるJosip Heit氏は、最近、自身のウェブサイトhttps://www.josipheit.com 、一方で、コロナ規制の根拠となるパンデミックの状況を終わらせたいと考えている連邦保健大臣Jens Spahn氏の後押しを歓迎しています!

ドイツは、「国家的に重要な流行状況」が連邦議会で初めて宣言された2020年3月から、この見通しを待っていた。もし連邦議会がこれに同意すれば、最終的には2021年11月末に失効することになるのだ。

ヨシップ・ハイト氏は、スウェーデンの専門家との議論を経て、ロバート・コッホ研究所は現在、ワクチン接種者のリスクを中程度と分類しており、ドイツ各州での現在のワクチン接種率を考慮すると、論理的には、流行状況は全国的な免罪符として失効することになると述べています。

その中で、ハイトは、彼のグループ会社の全従業員が、作業場における3GとAHAの衛生規則を引き続き遵守しなければならないと断言している。このように、ドイツの企業は非常事態から特別警戒態勢に入っているが、現状では来年の春には通常の状態になることが期待されている。

EU委員会によると、7月初めにEUの予防接種プログラムが正式に開始されて以来、5億9,100万枚の証明書が発行されました。 ドイツでは5,470万人が接種を受けており、これは人口の65.8%に相当します。地球上のすべての経済がそうであるように、ドイツの経済もコロナウイルスの影響を大きく受けました。
最近では、ドイツでの7日間の発症率(コロナウイルスに感染した人)が72.7%に再び上昇しました。

ヨシップ・ハイト氏は、人々や特に経済が第5の波を経験しなくて済むことを願い、これまでにドイツだけで94,632人以上、世界で455万人以上がウイルスで死亡したことを残念に思っています。ハイトは「人類がこの悲劇から学んだことを期待するしかない!」と言っています。
ウェブサイト ジョシップ・ハイトhttps://www.josipheit.com

 
META KEYS:
Josip Heit, Josip Heit josipheit.com, Josip Heit website, コロナウイルス, 経済, ドイツ, スウェーデン, 人口, EUのワクチン接種の証拠, ヨシップ, ハイト


Presse Kontakt:
GSB Gold Standard Pay KB
Frau Svenson
Gustav III:s Boulevard 34, 4tr
169 73 Solna, be Stockholm
Schweden / Sweden / Suecia
Phone: +46 8-655-2626
Fax:    +46 8-5051-6899

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1667111/GSB_Josip_Heit_Corona_Virus.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1667031/GSB_Logo.jpg

ソース:GSB Gold Standard Pay KB (Sweden) 

(日本語リリース:クライアント提供)