1.28(金)よりイオンシネマ劇場上映、2.1(火)時代劇専門チャンネルTV初放送

時代劇専⾨チャンネルを運営する⽇本映画放送株式会社(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑:⽯原隆)は、時代劇⽂化継承の志を共にする時代劇パートナーズと共に、中村梅雀、柄本佑、安藤サクラ出演のオリジナル時代劇最新作「殺すな」(原作:藤沢周平)を制作しました。2022 年1 ⽉28 ⽇(⾦)より全国のイオンシネマ89 館で劇場上映、2⽉1⽇(⽕)に時代劇専⾨チャンネルでTV初放送いたします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110262298-O1-2YjV2FSL

“この橋を渡ったら、殺すぞ” 訳あり男⼥3 ⼈それぞれの想いが交錯する52 分間。
「殺すな」の原作は、時代⼩説の名⼿・藤沢周平が、様々な⼈間が⾏き交う江⼾の橋を舞台に、市井の男⼥の喜怒哀楽の表情を瑞々しく描いた短篇集『橋ものがたり』の⼀篇。本作は、かつて妻を⼿に掛けたことを悔いる浪⼈・⼩⾕善左エ⾨と、同じ⻑屋に住む訳ありの若い男⼥、3 ⼈それぞれの⼼模様を深い滋味と温かさをもって描いた秀逸な作品です。

中村梅雀、柄本佑、安藤サクラが名匠・井上昭監督のもとに集結。
監督デビューから60 年、今も精⼒的に映画を撮り続ける名匠・井上昭監督。
その井上監督が、かねてより映像化を望んだ本作の実現にあたり、「井上監督の作品ならば」と豪華キャストが集結しました。主演を務めるのは、井上監督が⼿がけたオリジナル時代劇「⻤平外伝 夜兎の⾓右衛⾨」「冬の⽇」で主演を務めた中村梅雀。同じく井上監督作「遅いしあわせ」に出演し、その演出・⼈柄に惚れ込んだ柄本佑、さらに映画「万引き家族」で世界にその存在感を⽰した⼥優・安藤サクラが出演者として名を連ねます。“憎しみか、愛か。”その答えを観る者に委ねるような井上監督の余⽩ある演出と、それに呼応する豪華キャストの競演が描き出す情念的な世界観にご注⽬ください。

主演:中村梅雀コメント
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110262298-O6-207XtGns

待ちに待った、久々の井上昭監督の作品で、撮影を終えた今、出演することができて良かったと改めて感じています。ワンカットワンカット、しびれるような集中⼒と雰囲気、余韻が感じられる、まさに夢のような現場でした。この作品は普遍的な男⼥の愛を描いた物語です。
そしてそれは現代社会にも通じるものであり、愛するものを失った者の苦痛、後悔、悲しさなど、いろんなものが凝縮されているとても深い⼈間ドラマだと思います。井上昭監督が丁寧に撮り上げ、私たち役者も⼼を込めて演じたこの作品、皆様にぜひご覧いただきたいと思います。

「殺すな」作品情報
名匠・井上昭監督がかねてより映像化を熱望していた藤沢周平の時代⼩説「殺すな」
52 分のささやかな物語に描かれるのは、3 ⼈の男⼥の切なくも温かい想い−。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110262298-O3-uwcx4bHr
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110262298-O2-5K8XJvwo
写真全て(C)「殺すな」時代劇パートナーズ

■あらすじ
裏店の⻑屋で筆づくりの内職をして糊⼝をしのぐ浪⼈・⼩⾕善左エ⾨は、同じ⻑屋に住む船頭の吉蔵から、⼀緒に暮らすお峯の様⼦を⾒張るように頼まれていた。元は船宿の⼥将と抱え船頭だった2 ⼈は、密通のうえ駆け落ちしてここで隠れるように暮らし始めたものの、やがてお峯は退屈な⽇々に虚しさを感じ始める。気晴らしのため川向こうへと架かる橋を渡ってみたい・・・との思いに駆られるお峯と、居場所が露⾒することを危惧して「橋を渡るな」と厳命する吉蔵。すきま⾵が吹き始めた2 ⼈の様⼦を、善左エ⾨はかつての⾃分と、⾃らの⼿に掛けてしまった妻の姿に重ねあわせて⾒守っていたのだが・・・。
覚悟を決めたお峯、暴⾛する吉蔵、⼼の叫びを上げる善左エ⾨。橋の袂で3⼈の切ない思いが交錯する。

 
■監督:井上昭(1928 年・京都府出⾝)
⽇本映画界の巨匠・溝⼝健⼆に師事し数々の名匠から薫陶を受け、映画「座頭市⼆段斬り」(65 年)や「眠狂四郎多情剣」(66年)などでメガホンを取り、勝新太郎や市川雷蔵など数々の名優に愛された。2010 年に時代劇専⾨チャンネルが⼿掛けるオリジナル時代劇の第⼀作「⻤平外伝 夜兎の⾓右衛⾨」(中村梅雀主演)で監督を務めて以来、井上監督が⼿がけたオリジナル時代劇は本作で8 作品⽬に及ぶ。時代劇を語るうえで、⽋かせない名匠。

■制作概要
原作:藤沢周平「殺すな」(新潮⽂庫/実業之⽇本社『橋ものがたり』所収)
出演:中村梅雀 柄本佑 中村⽟緒(特別出演)本⽥博太郎 安藤サクラ
監督:井上昭
脚本:中村努
⾳楽:遠藤浩⼆
エグゼクティブ・プロデューサー:宮川朋之(時代劇専⾨チャンネル)
プロデューサー:⽥倉拓紀(時代劇専⾨チャンネル) ⾜⽴弘平(松⽵)
本編尺:52 分
上映:1 ⽉28 ⽇(⾦)より全国のイオンシネマ89 館にて劇場上映
放送:2 ⽉1 ⽇(⽕)よる7 時 時代劇専⾨チャンネルでTV 初放送
製作:「殺すな」時代劇パートナーズ
時代劇専⾨チャンネル 朝⽇新聞社 読売新聞社 新潮社 BSフジ ⽂藝春秋 中⽇新聞社 毎⽇新聞社
関⻄テレビ放送 クオラス 産経新聞社 カルチュア・エンタテインメント 東海テレビ ⽯川テレビ
⿅児島テレビ KBS京都 テレビ⻑崎 福井テレビ リイド社
制作:時代劇専⾨チャンネル 松⽵

▼作品公式サイト
https://www.jidaigeki.com/korosuna/

■時代劇専⾨チャンネルについて https://www.jidaigeki.com/
⽇本映画放送株式会社(本社:東京都千代⽥区)が運営する、24 時間365 ⽇ 時代劇だけを放送する有料放送チャンネル。視聴⽅法はスカパー!/J:COM/ひかりTV/ケーブルTV 視聴可能世帯数 約800 万世帯(2021 年6 ⽉末現在)
 

ポスターカット(C)「殺すな」時代劇パートナーズ
場面写真1(C)「殺すな」時代劇パートナーズ
場面写真2(C)「殺すな」時代劇パートナーズ
場面写真3(C)「殺すな」時代劇パートナーズ
場面写真4(C)「殺すな」時代劇パートナーズ
⼩⾕善左エ⾨(中村梅雀)(C)「殺すな」時代劇パートナーズ
吉蔵(柄本佑)(C)「殺すな」時代劇パートナーズ
おはな(中村玉緒)(C)「殺すな」時代劇パートナーズ
利兵衛(本田博太郎)(C)「殺すな」時代劇パートナーズ
お峯(安藤サクラ)(C)「殺すな」時代劇パートナーズ
タイトルロゴ(C)「殺すな」時代劇パートナーズ