AsiaNet 92599

ヨシップ・ハイト:インフレへの懸念がインフレを引き起こすとき、それは行動を起こすときである

ストックホルム, 2021年10月28日 /PRNewswire/ -- インフレ率は世界中で上昇しており、ドイツ連邦共和国でも来月のインフレ率はおそらく5%になると思われます。そのため、ドイツ国民の多くは、このままのペースで価格が上昇していくことを懸念しています。

そこで、スウェーデンのGSB Gold Standard Pay社のJosip Heit氏が、この問題とその広範な影響についてコメントしています。

ヨシップ・ハイトは、インフレという現象を次のように説明している。「消費者はインフレの影響を単純に受動的に受け、価格は上昇し、"最終消費者 "が支払わなければならない。賃金や社会保障で生活している人は「プライステイカー」ですから。そのため、暖房を控えたり、生活費を節約したりして、何もしないのが当たり前になっています。インフレは、扶養されている従業員や失業者にとっては、少しずつ貧しくなっていくことを意味しており、とにかくお金のない人には特に大きな打撃となります。

現在、製造業の企業は、原材料や中間製品の価格上昇、すなわち生産・営業資源の購入コストの上昇に大きく苦しんでいます。これは、いわゆる生産者価格のインフレ、つまり企業間での決済価格に反映されます。9月の時点では14%でした。

この文脈では、コストの上昇は顧客を傷つけ、経済学者が「需要破壊」と呼ぶものを脅かします。さらに、競争状況から見て値上げが可能かどうかも検討しなければなりません。企業は価格を上げなければ、利益を失います。

世界中の政府は何年もの間、これまで以上に短い間隔で発生する危機を、新たな国家債務で吸収してきました。 EU委員会が最近発表したように、ユーロ圏の国家債務は2020年だけで経済生産高の84%からほぼ100%に増加し、さらに増加を続け、最近の新たな債務は経済生産高の7%に達しています。

このような信用の氾濫は、中央銀行が提供する低金利によって賄われており、ギリシャ、イタリア、ポルトガル、ルーマニア、ブルガリアなどの国家の負債は、さらに多くの負債で吸収されています。このような状況では、最終的には主にドイツの納税者が負担しなければなりません。

しかし、現在のインフレ率が恒常的に高いままであれば、中央銀行は金利の引き上げを余儀なくされる可能性があります。"インフレ率の上昇により、中央銀行が極端に拡大した金融政策からより早く撤退するための議論が再燃している "とのことですが、例えば英国では、早ければ2021年11月初旬に主要金利が引き上げられるのではないでしょうか。

急激な金利の上昇は、「多くの国の財政を逼迫させ、債務を持続可能なレベルまで削減することが事実上不可能になる可能性がある」としていますが、これは逆に言えば、危機的状況にある国の債務をドイツとその国民が負担することを意味します。

最近、自身のウェブサイト(https://www.josipheit.com )を立ち上げたヨシップ・ハイト氏は、1923年の大インフレを振り返り、次のように述べています。「外貨が基軸通貨となり、家主は物乞いとなり、都市住民は田舎に逃げ、農民は略奪された。壊滅的なインフレから約1世紀が経過した今、恐怖が蔓延している。インフレ期のトラウマは、富の喪失だけに起因するものではないからだ。

お金がなくなるということは、自由を失うという屈辱的なことである。国家だけでなく社会秩序も揺らいでいたため、一般的な苦悩は根強いものがありました。まさにここで、経済界のリーダーや政治家が問われているのです。なぜなら、今日の人類ははるかに優れた情報を持っており、そのようなトラウマを許すことはないからです。

このような背景から、米国の経済学者ミルトン・フリードマンがすでに言っていた「インフレは法律のない税金である」という言葉を究極的には忘れてはならない。

META KEYS:
Josip Heit, Josip Heit josipheit.com, Josip Heit website, インフレ, 経済, ドイツ, Josip Heit 経済リーダー, 経済リーダー, 消費者, Josip, Heit, 需要破壊, GSB, GSBゴールドスタンダード, GSBゴールドスタンダード有料スウェーデン, GSB Josip Heit, GSBゴールドJosip Heit, GSBゴールドスタンダードJosip Heit, 金, 金本位制

Press Kontakt:
GSB Gold Standard Pay KB
Mrs Svenson
Phone: +46 8-655-2626
Fax:     +46 8-5051-6899

Video - https://www.youtube.com/watch?v=VGdhFvyiYy0  
Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1670630/GSB_Josip_Heit.jpg  

(日本語リリース:クライアント提供)