2021年11月30日

各位

GPSSホールディングス株式会社

JA三井リース株式会社

 

サステナビリティ・リンク・ローンの実行について

 

GPSSホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:目﨑雅昭、以下「GPSS」)およびJA三井リース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長執行役員:新分敬人、以下「JA三井リース」)は、ローン・マーケット・アソシエーション(以下「LMA」*1)等が定めたサステナビリティ・リンク・ローン原則に則した「サステナビリティ・リンク・ローン(以下「SLL」)」を実行いたしました。

 

SLLは、借り手の経営戦略におけるサステナビリティ目標と整合した「キー・パフォーマンス・インディケーター(以下「KPI」)」と「サステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(以下「SPTs」)」を設定し、金利等の貸付条件とSPTsに対する借り手のパフォーマンスを連動させ、SPTs達成への動機付けを与えることで、環境的・社会的に持続可能な経済活動および経済成長を支援・促進するものです。

 

本件では、GPSSのサステナブルエネルギー発電事業による温室効果ガス(GHG)累積排出回避量に関するSPTsを設定し、達成状況に応じて金利条件が変動するインセンティブを付与しております。

 

<SLLの概要>

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103460/202111304142/_prw_PT1fl_t1w2mEj5.png

 

本件は株式会社日本格付研究所(以下「JCR」)より、LMA等が定めたサステナビリティ・リンク・ローン原則、ならびに環境省が策定したグリーンローンおよびサステナビリティ・リンク・ローン・ガイドラインへの準拠性と設定した目標の合理性について第三者意見を取得しています。詳細は以下URLのJCRによる評価レポートをご参照ください。

・2021年9月30日

https://www.jcr.co.jp/download/0b9bcccd82ebeb69b877cbec003092bec06bd87b8300317383/21d0694.pdf

・2021年11月30日

https://www.jcr.co.jp/download/8efde9df5c900f941117e778e728feb545cd11654d5ff8790e/21d0973.pdf

 

 GPSSは、サステナブルな社会の実現に向けて、太陽光・地熱・水・風・廃棄物などのサステナブルエネルギーによる発電事業を、資源を保有する地域との共同事業で推進しています。今回のSLLにおける温室効果ガス累積排出回避量目標を達成するべく、今後も地域とともにサステナブルエネルギー発電事業に取り組んでまいります。

 

JA三井リースは、中期経営計画「Real Change 2025」にて「再生可能エネルギーや自家消費型エネルギー関連ビジネスの加速」を重点施策に掲げ、ファイナンスや出資を通じた再生可能エネルギーの普及促進により、脱炭素社会への移行を支援しております。今後もサステナビリティ経営を推進し、事業を通じて社会に価値を提供することにより、持続可能な「より良い社会と未来」を実現すべく挑戦を続けてまいります。

 

以上

 

 

*1 LMAは欧州、中東、アフリカのシンジケートローン市場の流動性、効率性、透明性を改善することを目的とした協会であり、60ヶ国以上に属する700以上の機関が加盟しています。

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】

GPSSホールディングス株式会社 広報室

TEL:03-6435-2391 Email:pr@gpss.jp HP:https://gpssgroup.jp/

 

JA三井リース株式会社 経営管理部 広報IR室

TEL:03-6775-3002 Email:JAMLDG1114@jamitsuilease.co.jp