【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112034387-O1-I2z2TVu4

AsiaNet 93423 (3067)

【長沙(中国)2021年12月2日新華社=共同通信JBN】2021年、Xiangxi UNESCO Global Geopark(湘西ユネスコ世界ジオパーク)から朗報が次々に届いている。矮寨・十八洞・デハン(Aizhai-Shibadong-Dehang)大峡谷は5A級国立景区に認定され、洞窟探検、ロッククライミング、バンジージャンプ、民俗慣習などの小旅行、ポピュラーサイエンス展示館への訪問などが提供されている。地球科学のスタディツアーは学生の人気が非常に高い。

湘西トゥチャ(土家)族ミャオ(苗)族自治州のジオパーク管理局ディレクターであるPeng Hua氏によると、2017年の申請以来、パークは、キウイ、ユリ、燻製肉、ミャオ族の刺繍、銀装飾品、トゥチャ族の織錦といった独特の農産品や無形文化遺産製品および国家手工芸品の開発の奨励など、関心を生むメカニズムを構築することにより、産業統合と地方活性化を促進する観光主導の戦略を支持してきた。農家レストランや店舗が村人によって開業、運営されており、それを通じてますます多くの地元の人々と村が恩恵を受けている。

2020年には、パークは450万人の国内外の観光客を受け入れ、255億元の観光収入を達成した。現在、パークには21の星付きホテル、322の特色あるB&B、1200を超す特産品店がある。2万9186の貧困世帯と12万106人の貧しい人々は、雇用と独立した起業家精神によって、多岐にわたる方法で貧困から脱却してきた。

パークエリアの多くの村では、産業と観光が相利共生のパターンを形成した。十八洞村では、農村観光が主導的な役割を果たし、キウイ農園、ミャオ族の刺しゅう、湧水などが補完している。坐龍峡村のDujiapoでは、お茶と観光が統合され、展望台とテントホテルが建設され、伝統的な家屋がB&Bに変えられている。2020年には、村には20万人以上の観光客を迎えた。楠竹村は、カルスト地形を存分に活用し、アウトドア愛好家に人気のロッククライミングや洞窟探検の観光ルートを展開している。ラオ車村の惹巴拉景区では、トゥチャ織錦、ろうけつ染めの手工芸品の販売でトゥチャ族の生活が鮮やかに再現され、花嫁が泣く結婚式、手振り踊り、茅古斯舞、打溜子(楽器演奏)、Dongdongkui(竹笛演奏)、ドラゴンボートレースなどのトゥチャ族の民族慣習も披露されている。

湘西ユネスコ世界ジオパークは、湘西の7つの県と市をカバーし、総面積は2710平方キロメートルである。カルストを主な景観とするこのパークは、世界で最も科学的、地球科学的および美的価値のある地域の1つになっている。それは、湘西の地史学的進化の過程を完璧に記録し、カルスト地形生態系と民族文化の統合のモデルである。

ソース:The Geoparks Administration of Xiangxi Tujia & Miao Autonomous Prefecture

▽画像添付リンク:
Link:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=409538
(写真説明:専門家が湘西ユネスコ世界ジオパークの古丈階GSSP(国際境界模式層断面とポイント)の起源について説明)

Link:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=409540
(写真説明:観光客が湘西ユネスコ世界ジオパークの矮寨大橋からバンジージャンプに挑戦)

専門家が湘西ユネスコ世界ジオパークの古丈階GSSP(国際境界模式層断面とポイント)の起源について説明
観光客が湘西ユネスコ世界ジオパークの矮寨大橋からバンジージャンプに挑戦