~国産ドローンのセキュアな運用を実現するデータ管理クラウド~

2021年12月7日
株式会社NTTドコモ

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、株式会社ACSL(以下、ACSL)が開発したドローン機体「SOTEN(蒼天)」※1向けに、高度なセキュリティでデータを管理し、業務の一元管理が可能なクラウドサービス「セキュアフライトマネジメントクラウドTM」を、法人のお客さま向けに本日から提供開始いたします。

 

 ドローンは「空の産業革命」を担う新たな可能性を有する技術として期待され、国内でもさまざま分野で活用が進んでいます。一方、飛行の安全性確保に加え、機体の不正操作やデータ漏洩のリスクなどに対応するサイバーセキュリティの確保も重要な課題となっています。

 ドコモはこれらの課題を解決するため、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)により2020年から実施された研究開発事業「安全安心なドローン基盤技術開発」に参画し、SOTEN(蒼天)と連携したクラウドシステムの開発により、データの漏洩や抜き取りの防止、また、機体の乗っ取りへの耐性の実現に成功しました。

 このたび、ドコモはこれらの成果をもとに、ACSLから2021年12月7日(火)に販売開始される「SOTEN(蒼天)」を運用するお客さまのためのクラウドサービス「セキュアフライトマネジメントクラウド」(以下、本クラウドサービス)を提供いたします。

 

 本クラウドサービスは機体と一体的に運用され、ドローンが撮影した動画・静止画データをドローン内部で即座に暗号化し、本クラウドサービスにアップロードすることではじめて復号できるため、万が一機体が落下・紛失した場合でもデータ漏洩の心配はありません。

 また、本クラウドサービスは、ドローン機体・パイロット・フライト計画などの業務に必要な情報を一元管理できます。管理画面へはWebからアクセスでき、簡単に作成・閲覧・編集できるため、運用にかかる負担を軽減できます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112034441-O2-L4U707Lr

<セキュアフライトマネジメントクラウドの全体像>

 

 ドコモは今後も、本クラウドサービスの提供を通じ、セキュアな国産ドローンが開くあんしん・安全で、かつ運用コストを軽減した業務の遂行に貢献するとともに、さらなるドローンの利活用の浸透による社会課題の解決をめざし、お客さまのニーズに合わせたドローンサービスの開発・提供を推進してまいります。

 

 

※1 「SOTEN(蒼天)」は、高性能・高セキュリティな小型ドローンの開発を目的とした、NEDO公募に採択され、技術開発を進め完成しました。日本政府が開発を支援した成果を活用し、量産化までたどり着いた初めてのドローンです。

   NEDO「安全安心なドローン基盤技術開発」
     https://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP_100175.html

* 「セキュアフライトマネジメントクラウド」は、株式会社NTTドコモの商標です。

 

 

 

 

 

 

 

別紙

 

「セキュアフライトマネジメントクラウド」の概要


1.本クラウドサービスの特長

  本クラウドサービスは、機体と連携することで下記を実現します。

  (1)撮影データのセキュアな取り扱い

    本クラウドサービスとの連携を前提に、撮影データ(動画・静止画)は以下のように暗号化して取り扱います。

    ①撮影データは撮影後ドローン内部で即座に暗号化されます。

    ②撮影データはそのままメディアに暗号化された状態で記録・保存されます。

    ③各データを閲覧・複製するためには、本クラウドサービス上にアップロードした後に暗号化を解除することが必要です。

    この仕組みにより、万が一機体を紛失したり、機体に不正にアクセスされた場合でも、データ漏洩の心配がありません。

 

  (2)フライトログの保存

    機体と共に提供される制御用アプリから、簡単な操作でフライトログを本クラウドサービスに転送することで、運用記録として重要な証跡の保存を効果的に実現します。

 

  (3)ドローン運用に関する情報の一元管理

    撮影データ、フライトログにとどまらず、ドローン機体、パイロット、フライト計画などの情報を一括管理して散逸・重複を防ぎ、データの紛失や漏洩といったセキュリティリスクを防ぐことが可能です。

また、本クラウドサービスの管理画面にはWebブラウザからセキュアにアクセスでき、簡易に作成・閲覧・編集できるため、運用コスト軽減が可能です。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112034441-O3-9ZXQ0Wb6

①フライト管理機能 : フライトプランの作成・管理が可能

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112034441-O7-B3IR2lJD

②機材管理機能 : 機材情報の管理が可能

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112034441-O8-eTnQBcEJ

③メンバー管理機能 : メンバー情報の管理が可能

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112034441-O9-0Wrj2sCG

④組織情報管理機能 : 組織情報およびクラウドの利用状況の確認が可能

 

2.提供開始日

  2021年12月7日(火)

 

3.提供プラン

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202112034441/_prw_PT1fl_Ts8l3GJk.png

 ※ 本クラウドサービスは、「SOTEN(蒼天)」とのセット販売となりますので、料金の詳細は、ACSLへお問い合わせください。

    

4.受付窓口

  <機体のご購入についてのお問い合わせ先>

   株式会社ACSL

   https://product.acsl.co.jp/product/post-369/

 

5.「セキュアフライトマネジメントクラウド」サービスサイト

  https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/sfm-cloud/