AsiaNet 93559

カタール、ドーハ、 2021年12月8日/ PRNewswire /- Economist Impacthttps://impact.economist.com/ )が本日発表した、カタール財団委託の新しい調査により、ほとんどの教育指導者が個別学習を学校の優先事項とみなしていること、また新型コロナウィルスの感染流行により、個別学習の採用が加速されたことが明らかになりました。 ただし、個別学習を最大限に活用するには、新しい形式のパフォーマンス測定基準を開発し、教室と教育工学企業間のコラボレーションを強化し、生徒と保護者からの賛同を得るための継続的な取り組みが必要となります。

カタールのドーハで開催された2021年WISEサミットで発表された、数百人の教育者とEdTech経営幹部の報告と国際調査では、新型コロナウィルスが英国と米国の個別学習に対する態度にどのように影響したかを調査しています。 この報告では、テクノロジーが個別教育をどのように支援できるか、テクノロジーの採用が教師にとって何を意味するか、そしてテクノロジーが生徒の学習成果の向上につながるかどうかを検証しています。

その調査結果ではまた、教育者は教育工学の拡充は避けられないと感じているが、資金の調達が学校や大学で使用できるソリューションの品質と有効性に影響を与える可能性があり、学生のプライバシー、データの使用、倫理的考慮事項も懸念されていることが報告されています。

「新型コロナウィルスパンデミックの間に実施したロックダウンは、教育技術への前例のない依存を生み出しました」と、カタール財団大学前教育(13校の普通学校と専門学校を監督する機関)の会長であるアビア・アルカリーファ(Abeer Al-Khalifa)は述べています。

「カタール財団から委託されたこの新しい調査では、ほぼ間違いない予想として、教育システム内でのテクノロジーの使用が増加するが、資金調達には懸念が残ることが確認されています。 また、テクノロジー中心ではなく、教育と学習を中心にテクノロジーを設計し、低コストであるが最終目標である学生の学習体験の向上を実現できないツールの採用を避ける必要があることが示されています。

「この報告書が、生産性を向上させる方法としてソフトウェアを使用するのではなく、EdTechツールが最終的に最も広く使用され、学習をより個別対応になるように設計される方法に関わる議論の端緒になればと願っています。」

報告書によると、調査対象者の92%が学校で個別学習体験の提供を優先しており、すべてと言っていいほどの人が新型コロナウィルスによってEdTechの採用が加速していると感じており、個別学習の学校予算が増えると広く考えられています。

調査対象者の大多数はまた、個別学習は学業成績の優秀な生徒よりも成績の劣る生徒に利益をもたらし、障がいのある生徒は障がいのない生徒よりも恩恵を受けると感じています。95%の人は、個別化学習テクノロジーが、教育方法をより疎外された生徒のニーズに適合させるのに役立つと確信しています。

ただし、生徒と保護者は教師や学校管理者よりも個別学習を支持しておらず、調査対象者の4分の1の人は、生徒の抵抗感がEdTech対応の個別学習を導入する上での最大の障害であると述べています。 また、98%は、パンデミック中の遠隔教育への突然の移行により、個別教育のテクノロジーの側面に焦点が当てられすぎていると感じており、教育者のほぼ半数が、生徒がテクノロジーに過度に依存することを懸念しており、61%が個別学習の増加により、生徒と教師のやりとりが減少し、社会の発展が妨げられるのではないかと懸念しています。

完全な報告書は、https://www.qf.org.qa/the-economist-intelligence-unit-report/pre-university-education から無料でダウンロードできます。

カタール財団は1995年に設立された非営利団体であり、教育、研究と改革、コミュニティ開発のプログラムとイニシアチブを通じてカタールの持続可能な開発を支援しています。

(日本語リリース:クライアント提供)