SDGs施策の一環として、IT分野の人材育成へ貢献

2021年12月6日
株式会社インフォメーション・ディベロプメント

インフォメーション・ディベロプメント、 熊本県の専門学校湖東カレッジにて「ローコード開発」オンライン講義を実施、 SDGs施策の一環として、IT分野の人材育成へ貢献

株式会社インフォメーション・ディベロプメント(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 山川 利雄 以下、当社)は2021年10月、学校法人 湖東学園(所在地:熊本県熊本市、理事長 森 浩人)の湖東カレッジIT経済学科SEコースの学生を対象にローコード開発の講義とデモンストレーションを実施しました。

■「ローコード開発とは?~「2025年の崖」と今求められているシステム開発」
コロナ禍に企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)戦略が加速したことにより、ITエンジニアに対する需要は今後も高まり続けることが予想されています。こうした中、熊本の湖東学園から、従来のトラディショナルなシステム開発ではない、短期間での開発を可能とするローコード開発方法について特別講義の依頼をうけ、当社のエンジニアが「ローコード開発とは?~「2025年の崖」と今求められているシステム開発」と題して実施。その後、キャノンITソリューションズ株式会社がローコード開発ツール「WebPerformer」のデモンストレーションを実施しました。現在のIT人材が求められる社会的な背景からローコードの成り立ち、実務での活用方法等を紹介し、学生、講師の皆様ともに熱心に耳を傾けていただきました。

<プログラム>
2025年の崖
ローコード開発とは?
WebPerformer 製品紹介
事例紹介(WPの優位性、現場での活用場面や工夫)
まとめ/質疑応答

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112094680-O1-MtKNB50d】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112094680-O2-5fRm9pGX

当社は今後も引き続き、地域の学校や自治体と連携し、先端の技術とノウハウについて広く情報提供をおこない、実践的、創造的なIT人材育成に貢献してまいります。

 
■インフォメーション・ディベロプメントについて
株式会社インフォメーション・ディベロプメントは、金融、公益、航空など幅広い業種のお客さまへ、創業以来約50年
にわたり、システム運営管理やシステム開発を中心としたITサービスを提供しています。
また、約20年間蓄積してきたサイバーセキュリティのノウハウと、長年の運営管理や開発における経験を組み合わせ、お客さまの課題を解決してきました。インフォメーション・ディベロプメントは今後も引き続き、お客さまのIT環境の向上に貢献します。

社名 : 株式会社インフォメーション・ディベロプメント
本社所在地 : 〒102-0076 東京都千代田区五番町12-1 番町会館
代表取締役 : 山川 利雄
U R L : https://www.idnet.co.jp

 

以 上