AsiaNet 93498

レッドヒル・バイオファーマ社、オミクロン株を含むウイルスのスパイクタンパク質変異がオパガニブのメカニズムに影響を与えないことを報告

独自の作用機序
オパガニブは、ウイルスそのものではなく、ヒトの宿主細胞を標的としているため、スパイクタンパク質の変異による影響を受けないと予想され、オミクロン・SARS-CoV-2亜種やその他の懸念される亜種に対応する可能性を示す強力な根拠となっている。

規制に関する最新情報
オパガニブの海外第2/第3相試験のデータパッケージを欧州EMAに提出し年末までに、米国FDAに提出し1月に最初のフィードバックを受ける予定、そして英国MHRAに提出し、その他の国でも順次提出を予定である

米国内外において、政府機関・非政府機関問わず現在申請中の助成金案件が多数ある

オパガニブは、十分な治療を受けていない進行性疾患の入院患者を対象に設計され、ファイザー社やメルク社の薬剤では症状が出てから3~5日の範囲に限定されているのに対し、第2/3相国際共同試験では症状が出てから中央値で11日目に治療が開始された

RHB-107は、レッドヒル社が保有するCOVID-19の経口剤候補であり、米国および南アフリカの非入院患者を対象とした第2/第3相試験のパートAで、2022年第1四半期にトップラインデータが得られる予定であり、RHB-107もスパイクタンパク質の変異による影響はないと予想される

イスラエル、テルアビブとノースカロライナ州、ローリー、2021年12月8日 /PRNewswire/ -- 専門バイオ医薬品会社であるレッドヒル・バイオファーマ株式会社(https://www.redhillbio.com/home/default.aspx )(Nasdaq: RDHL)(「レッドヒル」または「当社」)は、本日、次のような発表をした。オパガニブ[1]の作用機序はスパイクタンパク質の変異に影響されないため、オミクロン株に関連する変異やその他の既知の懸念される変異株の影響を受けないことが期待される。 また、オパガニブの承認申請の状況についても説明した。

南アフリカではオミクロン株による入院が増加し、入院治療を必要とする中等度および重症のCOVID-19肺炎患者を対象とした薬剤が緊急に必要であることを強調している。 現在苦しんでいる多くの患者に焦点を当てることで、オパガニブが承認された場合、より重症な患者群を対象とすることになる。これは、症状のある感染の初期段階にある入院していない患者にのみ効果を示したファイザー社やメルク社の経口薬候補とは全く異なるアプローチである。

オパガニブは、ウイルスのスパイクタンパク質の変異とは無関係に作用する。 本剤は、ウイルスそのものではなく、ウイルスが複製に必要とするヒト細胞内のタンパク質を標的とするというユニークな作用機序を提案し、オミクロン株やスパイクタンパク質に変異を持つ既存および新規の変異株に対して大きな可能性を秘めていると考えている。 第2相および第2/第3相試験の臨床データ、コンパッショネートユースの経験、デルタ株を含む懸念される変異株に対する強力な阻害効果など、広範囲にわたる臨床および非臨床データが、本プログラムを加速する根拠となっている。

「オミクロン株は、COVID-19が現時点では風土性ウイルスであり、消滅することはないということを改めて示しています。 このウイルス進化は、ウイルスが流行している限り続くでしょう。私たちは、新しい変異株が発生したときに対応するため、ワクチンやモノクローナル抗体を微調整し続ける必要があります。 最も重要なことは、どんな変異株が出現しても効果を発揮し続ける、安全で効果的な抗ウイルス療法の必要性を強調していることです。 COVID-19のハイリスク患者を効果的に治療できる抗ウイルス療法の開発に焦点を当て、時間と資源を投入することが不可欠であり、できれば変異株や突然変異を気にすることなく治療したい。」と、オレゴン健康科学大学の感染症学部教授および公衆衛生学修士であるKevin Winthrop医学博士が述べている。 さらに、「中等度および重症のCOVID-19患者を対象としたオパガニブの第2/第3相試験のポストホックデータは興味深く、オパガニブがこの環境下で有効な抗ウイルス剤であることを証明する可能性を示唆しています。 中等度および重症のCOVID-19患者を対象とした本試験では、オパガニブを使用した患者の死亡率が62%低下しました(プラセボ群16%、オパガニブ群6%)。 この結果は、この治療法が有効である可能性が高い患者のサブグループを示唆しており、この治療法の開発における追加試験の必要性を強調しています。」と語った。

規制および開発に関する最新情報:
レッドヒルは、海外第2/第3相試験の大規模サブポピュレーション解析において、中等度および重症の入院患者を対象とした有望な臨床結果を得たことから、オパガニブの開発プログラムを積極的に推進している。

· 米国FDA、欧州医薬品庁(EMA)、英国(MHRA)にデータパッケージを提出し、オパガニブの承認に向けた潜在的な道筋に関する科学的アドバイスを積極的に求めている。 EMAは迅速な手続きを求めており、年末までにアドバイスを得ることができ、FDAからの予備的なフィードバックは2022年1月に予定されている。

· 南アフリカ、ロシア、イスラエル、スイス、インド、ブラジル、コロンビアなど他国での申請も推進中である。

· オパガニブの中等度および重症の入院患者を対象とした確認試験に向けた協議と準備を進めており、オミクロン株や新たな変異種に対するオパガニブやRHB-107など、切望されている治療薬の開発をさらに加速させる必要性について、FDAをはじめとする規制当局や他の政府機関との協議を進めている。

· 米国内外において、政府機関および非政府機関に現在申請中の助成金案件が多数ある。

「オパガニブとRHB-107は、スパイクタンパク質の変異とは無関係に作用するユニークなヒト細胞を標的とした作用機序を有しています。 オミクロン株がもたらす脅威の重大性と、他の変異体の出現の可能性を考慮して、レッドヒル社は、これらの有望なCOVID-19の2つの薬の開発を可能な限り迅速かつ熱心に進めています。 当社には広範な安全性データがあり、オパガニブの場合は、死亡率を低下させ、患者をより早く部屋の空気に戻し、退院させるという明らかな臨床効果があります。」と、レッドヒルの研究開発責任者であるGilead Raday氏は述べた。そして更に、「重要なことは、オパガニブは中程度および重症の入院患者に効果があり、当社の第2/第3相国際共同試験では、症状の発現から中央値で11日目に治療が開始されました。 このことから、症状が出てから3~5日の範囲に限定されているファイザー社とメルク社の薬剤に対し、オパガニブは、その範囲をすでに超えて死亡のリスクが高まっている進行したCOVID-19患者にとって、ゲームチェンジャーとなる可能性があると考えられます。」とコメントした。

ユニークなオパガニブの作用機序の提案:
オパガニブは、スフィンゴシンキナーゼ-2(SK2)阻害剤であり、ウイルスそのものではなく、ヒト宿主細胞因子であるSK2を標的とし、オミクロン株や懸念されている新たに出現する変異株に関連するようなスパイクタンパク質の変異とは無関係に作用する、有望で差別化されたアプローチとされている。可能性のある新種の株が出現しても、抗ウイルス活性を維持することが期待される。 COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2は、ポジティブセンス一本鎖RNA(+ssRNA)ウイルスであり、既知のウイルス属の3分の1以上を占めている。 これらのウイルスは、細胞への侵入や複製など、ウイルス感染のさまざまな段階で宿主因子を利用しているが、SK2はそのような因子の一つであり、幅広い抗ウイルス剤の標的となる可能性がある。 SK2はまた、特定の炎症性サイトカインの調節にも関与し、in vivo試験では、気管支肺胞洗浄液中のIL-6およびTNF-αレベルを低下させることにより、オパガニブが炎症性肺疾患を改善し、腎線維症を減少させる可能性が示されている。 このように、SK2を阻害することで、抗ウイルス作用と抗炎症作用の2つの効果が得られる可能性があり、COVID-19の場合には非常に望ましいメカニズムである。 さらに、オパガニブは、ウイルスそのものではなくSK2を標的としているため、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質の気になる変異や、オミクロン株のような直接抗ウイルス抗体やワクチンを回避する。

RHB-107の作用機序と開発状況
RHB-107[2]は、レッドヒルのもう一つの経口COVID-19薬剤候補であり、1日1回の経口カプセルで、病気の初期に外来患者に投与される。 SARS-CoV-2の標的細胞への侵入を促進するヒトの酵素であるセリンプロテアーゼを標的としている。 これらの宿主であるヒトのセリンプロテアーゼによるスパイクタンパク質の切断は、ウイルスの付着と細胞への侵入に必要なステップであり、スパイクタンパク質の抗原性を変化させるオミクロン・バリアントで観察された変異とは無関係である。

RHB-107は、現在、米国および南アフリカにおいて、入院していないCOVID-19患者を対象とした第2/第3相試験で評価されている。 本試験のパートAの募集は既に終了し、トップラインの結果は2022年の第1四半期に出る予定である。

オパガニブ(ABC294640)について
オパガニブは、経口投与が可能なファーストインクラスのスフィンゴシンキナーゼ-2(SK2)選択的阻害剤で、抗炎症作用と抗ウイルス作用を併せ持ち、宿主を標的としているため、新たに出現したウイルスの変異株にも有効であると期待される。オパガニブは宿主を標的としており、デルタ株を含む懸念されるウイルスの変異株に対して強い阻害効果を示すことから、新たに出現するウイルス変異株に対しても有効であると期待されている。また、オパガニブは抗がん作用も示しており、複数のがん、ウイルス、炎症、消化器系の適応症のターゲットとなる可能性がある。

オパガニブは、重症のCOVID-19患者を対象とした米国第2相試験で良好な結果が得られ、ピアレビューを経て最近、最近medRxivに掲載された。

オパガニブは、胆管がんの治療薬としても米国FDAから希少疾病用医薬品の指定を受けており、進行性胆管がんを対象とした第2相試験および前立腺がんを対象とした第2相試験で評価されている。本試験の患者登録、治療、分析は継続中である。

オパガニブは、COVID-19感染症の原因ウイルスであるSARS-CoV-2に対して強力な抗ウイルス活性を示し、ヒト肺気管支組織のin vitroモデルにおいてウイルスの複製を完全に阻害した。さらに、前臨床のin vivo試験では、オパガニブが肺炎などの炎症性肺疾患を改善する可能性が示されており、インフルエンザウイルス感染による致死率の低下や、気管支肺胞洗浄液中のIL-6およびTNF-aのレベルを低下させることによる緑膿菌誘発性肺傷害の改善が確認されている[3]。

オパガニブを用いた現在進行中の試験は、米国国立衛生研究所のウェブベースのサービスであるwww.ClinicalTrials.gov (https://www.clinicaltrials.gov/ )、に登録されており、公的および私的に支援された臨床試験に関する情報を一般に公開している。

オパガニブの第2/第3試験のトップラインの結果は予備的なものである。当社は、本試験で得られたデータを、安全性や副次的な結果を含め、本試験で収集したすべての情報とともに、さらに詳細に検討する予定である。このような分析の結果、本リリースで開示したトップラインデータとは異なる新たな知見が得られる可能性がある。そのため、投資家の皆様におかれましては、本リリースで報告された分析結果が、最終的且つ信頼のおける本試験の確定結果に至っていないことをご了承ください。

RHB-107について(ウパモスタット)
RHB-107は、ファーストインクラスの経口抗ウイルス剤であり、ウイルスが標的細胞に侵入するためのスパイクタンパク質の準備に関与するヒトのセリンプロテアーゼを標的としている。RHB-107は、標的細胞へのウイルス侵入のため、スパイクタンパク質を整えるために関与しているヒト細胞因子を標的とし、従って、スパイクタンパク質の変異がある、新たな変異体ウィルスに対する効果があると予測されている。RHB-107は、入院治療を必要としない症候性の新型コロナウィルス感染症の患者を対象とした第2/第3相試験で票かされている。さらに、RHB-107は、癌、炎症性肺疾患および胃腸の病気を標的とする潜在性がある。RHB-107は、臨床第1相試験と第2相試験で施され、それは、約200人の患者の臨床安全性プロファイルを実証している。レッドヒル社は、すべての症状のために、中国、香港、台湾、マカオを除く、ドイツのハイデルベルク医薬品から、RHB-107の世界的なただ1つの権利を(FSE、HPHA)(以前は WILEX AG) 獲得した。

レッドヒル・バイオファーマ社について
レッドヒル・バイオファーマ株式会社(Nasdaq: RDHL)は、バイオ医薬品を専門とする製薬企業で、主に消化器系疾患および感染症に注力している。レッドヒルは、消化器系の医薬品として、成人のオピオイド誘発性便秘治療薬のMovantik(R) [3]、成人のヘリコバクター・ピロリ菌 (H. pylori)感染症治療薬のTalicia(R)[4]、成人用旅行者下痢治療薬のAemcolo(R)を販売している[5]。レッドヒル社の主要な臨床後期治験用開発プログラムには次のようなものがある。(i) RHB-204:肺非結核性抗酸菌(NTM)疾患を対象とした第3相試験を実施中、(ii) オパガニブ(ABC294640):複数の症例を対象としたファーストインクラスの経口SK2選択的阻害剤で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第2/3相試験、前立腺癌および胆管癌の第2相試験を実施中、(iii) RHB-107(ウパモスタット):有症状の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)および他の複数のがん・炎症性消化器疾患を対象とした経口セリンプロテアーゼ阻害剤の第2/3相試験を米国で実施中、(iv) RHB-104:クローン病を対象とした初の第3相試験で良好な結果が得られている、(v) RHB-102:急性胃腸炎および胃炎の第3相試験ならびにIBS-Dの第2相試験で良好な結果が得られている、(vi) RHB-106:カプセル化された腸製剤。当社の詳細については、www.redhillbio.com / https://twitter.com/RedHillBio をご覧ください。



注:このプレスリリースは、便宜上、当社が発行する英語版の公式プレスリリースを翻訳したものです。将来の予測に関する記述の免責文言を含む、英語版のプレスリリース全文はこちらをご覧ください:https://ir.redhillbio.com/press-releases



お問い合わせ:
Adi Frish
最高事業開発責任者
レッドヒル・バイオファーマ社
+972-54-6543-112
adi@redhillbio.com



カテゴリー:研究開発
[1] オパガニブは治験薬であり、市販されていない製品です。
[2] RHB-107は治験薬であり、市販されていない製品です。
[3] 文献:Xia C. et al.Transient inhibition of sphingosine kinases confers protection to influenza A virus infected mice.(スフィンゴシンキナーゼの一過性阻害は、A型インフルエンザに感染したマウスを保護します。)Antiviral Res.2018年10月、158:171-177.Ebenezer DL et al.Pseudomonas aeruginosa stimulates nuclear sphingosine-1-phosphate generation and epigenetic regulation of lung inflammatory injury.(緑膿菌が核内のスフィンゴシン1リン酸産生と肺炎症障害のエピジェネティックな調節を刺激します。)Thorax.2019年6月、74(6):579-591.
[4] Movantik(R)(ナロキセゴール)の詳しい処方情報については、 https://www.movantik.com/ をご覧ください。
[5]Talicia(R)(オメプラゾールマグネシウム、アモキシシリン、リファブチン)の詳しい処方情報については、www.Talicia.comhttps://www.talicia.com/ をご覧ください。
[6] Aemcolo(R)(リファマイシン)の詳しい処方情報については、www.Aemcolo.com をご覧ください。



ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/1334141/RedHill_Biopharma_Logo.jpg
ソース:RedHill Biopharma Ltd



(日本語リリース:クライアント提供)