AsiaNet 93547(3130)

【虎門(中国)2021年12月8日新華社=共同通信JBN】東莞市の旗艦サイト、Humen E-Commerce Industrial Park(虎門eコマース産業パーク、パーク)は2021年12月3日、第8回Humen International E-Commerce Festival(虎門国際eコマースフェスティバル)を開き、2種類の公式文書を発表した。Standards for the Supply Chain Administration in the Livestreaming BaseとStandards for Services in the E-Commerce Service Centerは、全国の同様パークと協調して、中国eコマース部門の優良開発に拍車をかけるよう考案されている。

東莞の製造力と虎門のファッション資源を活用して、eコマースフェスティバルは中国eコマースの開発を支える影響力に成長した。

Humen E-commerce Association(虎門eコマース協会)のLi Dingru会長は「このフェスティバルでは、eコマース大手のアリババが虎門に協力して、B2B、B2C、および内外市場のプラットフォームを単一地域と統合する革新的モデルを開始した」と語り、イベントの独占的なeコマース展示区画に優良企業1000社以上が展示したと付け加えた。

虎門のWu Qingqiu区長は「Technical Committee on E-Commerce Industrial Park Standardization of Guangdong Provinceがパーク内に事務局を開設した。それ以来、区は全国基準4項目、地元産業基準2項目、アライアンス(グループ)基準10項目の策定と改定で委員会をサポートしてきた」と指摘した。

Humen E-Commerce Industrial ParkのWang Wei会長は「地方自治体は近年、早い段階で利益を生むeコマース産業パークを建設しようとしている」と述べた。しかし、競争激化と視聴コスト増のせいで、これらのeコマースセンターは人目を引く商品があり、名高いインフルエンサーがいるからといって必ずしも突出できておらず、公共サービスに焦点をシフトするべきだという。

パークは現段階で、R&D、デザイン、商品検査から、写真、アートデザイン、ライブストリームマーケティング、金融のストレージ・運用プラットフォームまで、商品やサービスの創出に必要な活動全般を説明する産業チェーンを生み出したことが知られている。

事実、虎門はCNTAC Testing Center (Humen)、Humen Fashion Design & Research and Development Center、 China Fabric Sample Warehouse Humen Brach、Humen E-Commerce Service Center、1840 Livestreaming Baseなど、多くの公共サービスプラットフォームを立ち上げている。それは、サービスプロバイダーのクラスターとeコマースプラットフォームが共通の成長ために手を組む新産業景観の定着を意味する。

虎門の繁栄部門の未来についてWu区長は、ファッションインターネットコマースのフロントランナーがeコマース利用を一層拡大し、アパレル、エレクトロニクス、ケーブル、観光、商業などの分野で多用途にすると請け合っているとしている。そして、これが中国南部におけるeコマースプラットフォームの一大ハブに向かう区のやり方である。

ソース:Humen E-Commerce Industrial Park