【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112094724-O1-nIwarktK

AsiaNet 93556(3129)

【上海2021年12月8日PR Newswire=共同通信JBN】ブルームバーグNEF (ブルームバーグ・ニューエナジー・ファイナンス)は2021年11月30日、2021年ブルームバーグNEF上海サミットを開催し、トリナ・ソーラー(Trina Solar)のGao Jifan会長がエネルギー技術の革新や太陽光発電(PV)産業の開発の進路について国際組織やPV装置メーカーと意見を交換した。

サミットでは、ブルームバーグNEF、世界大手の独立PV試験研究機関PVEL、評価機関DNV、Nextrackerが、トリナ・ソーラーの100%バンカビリティー(融資適格性)の要因について突っ込んだ分析を行い、革新的な高出力PVモジュールの優れた性能が十分に認識された。

Gao氏は、エネルギー産業におけるPV発電、エネルギー貯蔵、超高電圧、デジタル化がカーボンニュートラル達成への4つの鍵であり、PV技術の革新が重要な道筋になると指摘した。トリナ・ソーラーは2020年以降、高信頼性と高出力発電、高価値を一体化した新世代のPV製品である革新的な210シリーズ超高出力モジュールの開発で主導権を握っている。2021年6月30日までに世界に向けて出荷されたトリナ・ソーラーのPVモジュールは、その耐用期間を通じて1039億5000万KWHのクリーンエネルギーを生産する能力がある。これにより、57億本の植樹に相当する計1億364万トンの二酸化炭素排出量が削減される。卓越したブランド価値と製品信頼性によりトリナ・ソーラーはこれまでに6年連続で、ブルームバーグNEFバンカビリティー調査で100%の得点を収めている。

トリナ・ソーラーのGao Jifan会長
https://www.trinasolar.com/sites/default/files/2021120701.png

世界の新エネルギー市場で最も信頼されている第三者調査機関の1つであるブルームバーグNEFは毎年、モジュールブランドのバンカビリティーに関し、世界中の銀行、ファンド、EPC(設計・調達・建設)、発電所にわたる調査を実施し、多くの金融機関で企業信用の貴重な参考資料とされるリポートを作成している。2021年、わずか3つのモジュールブランドの1つであるトリナ・ソーラーは、すべての調査回答者から100%のバンカビリティーを再び与えられ、トリナ・ソーラーのモジュールが、開発業者の銀行融資獲得に役立つ可能性がより高いことや、世界の金融市場とソーラー業界がトリナ・ソーラーの高出力モジュールの信頼性とシステム価値に信頼を置いていることを示した。

▽PVELがトリナ・ソーラーの高出力モジュールの優れた性能を評価
世界をリードするPVモジュールの信頼性と性能の試験研究機関であるPV Evolution Labs (PVEL)は、PVモジュールの長期信頼性評価に特化した製品認証プログラム(PQP)を運営している。サミットでPVELのPVモジュール事業責任者のTristan Erion Lorico氏は、210超高出力モジュールがMSSおよびTC試験の後にデュアルグラス両面モジュールに微小な亀裂が全く観測されない結果をもたらしてPVELのPQPで卓越した信頼性を実証したと述べ、大型フォーマットモジュールに関して最も懸念されている問題に回答を示した。PVELは毎年、PVモジュールの信頼性に関する得点カードリポートを発行しており、これもブルームバーグNEFの年次バンカビリティーリポートに採用される重要な参考情報となっている。

トリナ・ソーラーのZhang Yingbin製品戦略・マーケティング責任者は、210シリーズ・モジュールの信頼性と発電性能について詳細にわたるプレゼンテーションを行った。トリナ・ソーラーは第三者機関と協力して、不均一な降雪負荷テスト、極低温メカニカル負荷テスト、霰(あられ)・雹(ひょう)テスト、極限DMLテスト、極風洞テストなど、一連の厳格なテストを実施し、600W+のVertex(バーテックス)モジュールの卓越したメカニカル負荷信頼性について全面的な検証を実現した。

2021年クリーンエネルギーエキスポ・チャイナでのZhang Yingbin氏
https://www.trinasolar.com/sites/default/files/2021120703.png 

Nextrackerはトリナ・ソーラーとともに一連のテストを完了し、これにより完全な互換性と高い信頼性が実証された。Nextrackerは、Vertex210シリーズ・モジュールと完全な互換性のあるさまざまなトラッカー製品を持っている。さらにこのモジュールは、モジュールサイズの標準化に関して業界の先駆者となっており、これにより下流の産業チェーンに恩恵をもたらすことができる。

さらにDNVはトリナ・ソーラーのBOSおよびLCOE高出力モジュールの優位性を共有した。欧州最大のソーラー研究所のフラウンホーファーISE(Fraunhofer ISE)、中南米と世界で展開する独立ソーラーサービス企業Enertisにより実施されたこれまでの算定はいずれも、600W+シリーズのモジュールの性能がシステム価値の点で新世代の超高出力モジュールを上回ることを示す。

ソース:Trina Solar Co., Ltd

▽画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=410167
写真説明:Trina Solar Co., Ltd

Trina Solar Co., Ltd