2022年1月17日
日本パレットレンタル株式会社





(報道関係資料)

 

【JPR】デジタルロジスティクス推進協議会にて、加盟各社とともに

納品伝票電子化の標準データフォーマットと標準運用手順を策定

                               


日本パレットレンタル株式会社(代表取締役社長:加納尚美、本社:東京都千代田区、以下JPR)は、「デジタルロジスティクス推進協議会」(以下、DL協議会)(※)に参画し、納品伝票電子化に関する標準データフォーマットと標準運用手順の策定に参加しましたのでお知らせします。

 

DL協議会はこの成果物を、納品伝票電子化の実装を検討する企業やサービスプロバイダー、業界団体等に公開し、納品伝票電子化の取り組みを促進する考えです。

 

JPR は、パレットの標準化・共同利用で培った経験を生かし、DL協議会における活動等を通じて物流業界の課題解決に貢献してまいります。

 

DL協議会の発表につきましては、以下をご覧ください。

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104952/202201136040/_prw_PT1fl_vJu9b8bx.png

 

 

※デジタルロジスティクス推進協議会(DL協議会)

加工食品・日用雑貨のメーカー・加工食品卸・物流事業者などで2019年7月に設立され、現在23社・3団体(2022年1月17日現在)で構成されています。

持続可能な物流を実現するため、物流情報のデジタル化・標準化・共同利用を通じたサプライチェーンの全体最適を目指し、議論や実証実験を行っています。

以上