No.2022-8

発行:2022年1月24日


総合的なウエット性能を大幅に高めた 小型トラック・小型バス用オールシーズンタイヤDUNLOP「SP LT22」新発売


 住友ゴム工業㈱(社長:山本悟)は、働く車に求められる総合的なウエット性能を大幅に高めた小型トラック・小型バス用オールシーズンタイヤDUNLOP(ダンロップ)「SP LT22(エスピーエルティーニジュウニ)」を3月1日から順次発売します。発売サイズは幅広い車種に適合する全20サイズ、価格はオープン価格です。

 このタイヤは、ウエットトラクション性能・ウエットブレーキ性能・ウエット操縦安定性能を大幅に高めており、工事現場の鉄板や横断歩道の白線、マンホールなどの雨天時に滑りやすい路面でもより安心して走行いただけます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201226432-O1-B1t6X1Bz

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201226432-O2-anNxFqug

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201226432-O4-d7rt6wOw

 

「SP LT22」および「SP LT21M」の性能比較チャート

上記のグラフは特長・特性をイメージしたものです。

 

 「SP LT22」は、エッジ成分を従来品※1「SP LT21M」から増やし、接地面積も拡大することで、特に滑りやすい路面※2におけるウエットトラクション性能が30%*1、ウエットブレーキ性能が24%向上*2しています。さらにリブ数を減らしてブロックを大きくすることで剛性を強化し、ウエット操縦安定性能も向上しています。

 これらの性能に加え、優れた耐摩耗性能やドライ操縦安定性能も備えており、様々な天候下で働くクルマを足元から支えます。

 

※1 DUNLOP「SP LT21M」(以下同様)

※2 弊社テストコース保有の丸みを帯びた石を敷き詰めた滑りやすい玉石路面 ( 以下同様 )

 

【*1試験条件】 ■テスト条件:弊社試験機車両による計測(一定荷重、一定速度で回転している試験タイヤ1輪に駆動力を加えた時のタイヤ―路面間の摩擦力を測定) ■タイヤサイズ:205/85R16 117/115N LT(SPLT22) 205/85R16 117/115L LT(SPLT21M) ■空気圧:600kPa 荷重:4.0kN 車体速度:8㎞/h ■路面:ウエット玉石路面(水深 1mm) ■スライドμ(*):SPLT22 0.515 SPLT21M 0.398

*スライドμは車体速度と試験タイヤ回転速度の差=1.8~24㎞/hの区間平均μを指す

【*2試験条件】 ■タイヤサイズ:205/85R16 117/115N LT(SPLT22) ■空気圧:(F,R)600KPa ■排気量:2.99L ■速度:60km/h ■路面:ウエット玉石路面(水深 1mm) ■ABSの有無:有 ■制動距離:SPLT22 34.30m SPLT21M 45.32m

 

■商品特長

○エッジ成分増加によりウエットトラクション性能が向上

 トレッドに細かな横溝 ( サイプ)を施すことで、エッジ成分を従来品比の約 3 倍に増やしました。エッジ数が増えたことで、より多くの水をかき出しいち早く路面に密着することを可能にし、特に滑りやすい路面におけるウエットトラクション性能が 30 %向上しています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201226432-O6-S15b28qC

 画像・イラストはイメージです。

 

○接地面積増加によりウエットブレーキ性能が向上

 タイヤトレッドと路面との実接地面積を従来品比で 30 %増加しました。実接地面積が増加したことで、路面に車両からの力が伝わりやすくなり、特に滑りやすい路面におけるウエットブレーキ性能が 24 %、アスファルト路面では 5% 向上し、雨天時においてもより早く止まれます。また接地幅が広くなったことでトレッドにかかる圧力が分散され、ショルダー部が早期に摩耗してしまう肩落ち摩耗を防ぎます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201226432-O7-29xk5b9I

 画像・イラストはイメージです。

 

○ブロック拡大によりウエット操縦安定性能が向上

 従来品で6列だったリブを2列減らし、1つ1つのブロックを大きくすることで、トレッド全体の剛性が向上しタイヤのふんばる力が強くなりました。これによって、ウエット操縦安定性能が向上し、カーブ時に外側へ膨らみにくくなり、レーンチェンジ時のふらつきも抑えられます。さらにリブ数を減らしたことで、石噛みし易いブロックの交差ポイントが減少し、タイヤ損傷の抑制にも繋がります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201226432-O8-Ou6317GT

 画像・イラストはイメージです。

 

○ゴムの配合変更と3Dサイプ採用で耐摩耗性能が向上

 ゴムに配合するカーボンブラックを、従来品で使用していたものよりも補強層が大きい「新アクティブカーボン」に変更したことにより、ポリマーとの結びつきが強固になり、より強いゴムへ進化しています。さらに、 3D サイプを採用することで、ブロック同士がお互いを支え合い、ブロックの倒れこみを防ぎ剛性が保たれ、優れた耐摩耗性能を発揮します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201226432-O9-8ETCQt8x

 画像・イラストはイメージです。

 

■サイズ一覧

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103622/202201226432/_prw_OT1fl_X0bhN6AQ.png

 

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>

 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788