互いの強みを活かし、商業施設「セブンパーク天美」を中心とした地域の活性化を推進

阪南大学(所在地:大阪府松原市、学長:田上 博司)株式会社セブン&アイ・クリエイトリンク(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:泉井 清志)は人材育成や地域の活性化等に寄与することを目的に、産学連携協定を1月22日(土)に締結しました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201246452-O1-9f2453SA
(株式会社セブン&アイ・クリエイトリンク運営)

◆背景
阪南大学と株式会社セブン&アイ・クリエイトリンクは、2021年11月にオープンした商業施設「セブンパーク天美」を舞台に、阪南大学生による部活動パフォーマンスの実施や、松原市と連携した「食」をテーマにしたイベント「まつばらマルシェ」の開催など、これまで様々な協力関係を築いてきました。
このような経緯を経て、この度、協働による活動をより推進するため、本協定を締結する運びとなりました。今後は、実践的学習による人材育成のみならず、研究活動の実施や地域の活性化等にも寄与していきます。

◆連携協力事項
今回の産学連携協定では、両者の持つ各種資産を活用し、以下の事項について連携・協力を図ります。
1.学生等の教育、育成、探究・学習活動に関すること
2.学生等の広報、クラブ・サークル活動に関すること
3.セブンパーク天美の集客・イベントに関すること
4.セブンパーク天美を対象とした調査・研究活動に関すること
5.地域・社会貢献に関すること
6.地域コミュニティの活性化に関すること
7.その他、双方の協議により決定した事項に関すること

連携の活動拠点となる商業施設「セブンパーク天美」 (株式会社セブン&アイ・クリエイトリンク運営)
阪南大学 本キャンパス