「明治サステナブルカカオ豆」を使用したチョコでカカオに関わるすべての人を笑顔に

                                       2022年1月25日

もうすぐバレンタイン♡サステナブルなチョコの選択を 「明治サステナブルカカオ豆」を使用したチョコで カカオに関わるすべての人を笑顔に

●コロナ禍で生活者の社会に対する意識が変化!中でも“サステナビリティ”を意識するように
 コロナ禍は生活者の社会に対する意識全般にもさまざまな変化をもたらしています。環境・社会問題の「自分ゴト化」が加速し、従来意識することがなかった社会の問題を目の当たりにし、誰もがいつ当事者になるか分からないといった気づきもあったと考えられます。(図1)
 また「良い社会」があってこそ自分の暮らしが良いものになると考える人は 80 %、コロナを経験してそう感じるようになった人は 53.9 %にのぼります。社会問題が自分の暮らしと相互につながっていると考える機会が増え、個人と社会との距離感が従来以上に縮まってきていることがうかがえます。(図 2 )

図1
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201256534-O4-w4SBr5kl

図2

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201256534-O6-x7ADa5Ns
出典:企業・ブランドのサステナビリティ、パーパスに関する生活者調査(電通)

“サステナビリティ”(地球や社会の持続可能性)への意識もコロナ禍で高まり、 多くの人が“持続可能性”について真剣に考える必要があると感じているようです。(図3)
社会全体で共通の目的に向かって力をあわせることが重要だと感じている人は多く、社会問題の解決に向けて、『より良い世の中』のために能動的に選択する生活者が増えていくと考えられます。(図4)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201256534-O8-4M1Wjy3r
図3

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201256534-O9-f8FK75i1
図4

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201256534-O10-cRTQ2723
出典:企業・ブランドのサステナビリティ、パーパスに関する生活者調査(電通)

●より良い世の中を目指して ~持続可能なカカオ豆生産の実現に向けた取り組み~
チョコレートの原料、カカオ豆の生産農家支援「メイジ・カカオ・サポート」
当社はチョコレートの原料であるカカオ豆の生産者が安心してカカオ農業を続けていくことができ、お客さまにおいしいチョコレートをお届けし続けることができるよう、持続可能なカカオ豆生産の実現に取り組んでいます。
「メイジ・カカオ・サポート」はカカオ豆の持続可能な生産のための当社独自のカカオ豆生産農家支援の取り組みであり、カカオ豆生産のサポートだけでなく、生産者の生活向上に向けた支援を行っています。2006年にガーナから始まった「メイジ・カカオ・サポート」は、これまでにペルー、エクアドル、ベネズエラ、メキシコ、ドミニカ共和国、ブラジル、ベトナム、2019年には新たにマダガスカルで活動を開始し現在は9カ国で展開しています。具体的な支援活動内容は、当社の社員が現地を訪問して直接ニーズを確認しながら実施しており、カカオ豆生産のサポート(発酵技術の指導、栽培技術の勉強会、苗木センターの開設など)から、カカオ豆生産者の生活向上に向けた支援(井戸の整備、学校備品の寄贈、コミュニティのインフラ整備など)まで多岐にわたっています。

●「明治サステナブルカカオ豆※1」の調達比率100%を目指す 
当社は2026年度までに「明治サステナブルカカオ豆(農家支援を実施した地域で生産されたカカオ豆)」の調達比率100%を目指す目標を新たに設定しました。この調達目標の達成を通して、森林破壊や児童労働、栽培技術の周知不足など、カカオ豆の生産地域や農家が抱える問題を解決し、持続可能なカカオ豆生産の実現に貢献してまいります。
※1:サステナブルカカオ豆とは農家支援※2を実施した地域で生産されたカカオ豆のこと
※2農家支援の考え方:「農家の生活」「カカオ豆の品質および生産性」「地域環境」において、その安定化と向上に寄与する活動を社外パートナーと連携しながら実施する。

 

●ハッピーバレンタイン♡
「明治サステナブルカカオ豆」を使用したチョコレートでカカオに関わるすべての人を笑顔に【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201256534-O12-VOz57Sev
  ベネズエラ、ブラジル、ペルー、ドミニカ共和国の4カ国の「明治サステナブルカカオ豆」を使用※3し、おいしいだけでなくカカオに関わるすべての人を笑顔にする“サステナブルな循環”を目指した「明治 ザ・チョコレート」を販売しています。
ベネズエラ産はナッティ、ブラジル産はフルーティ、ペルー産はフローラル、ドミニカ共和国産はスパイシーと、カカオ豆の産地によって四つの香味が愉しめます。産地に想いを馳せながら味わってほしい…そんな想いを込めたパッケージには、南国の肥沃な大地をイメージした背景色、カカオポッドの中には国旗や植物、動物をモチーフにしたイラストを描いており、バレンタインの贈り物としてもオススメです。
※3:各産地のカカオ豆は、カカオマスに使用しています。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201256534-O13-R3CCZPEh
●「明治 ザ・チョコレート」ブランドサイトURL:
https://www.meiji.co.jp/products/brand/the-chocolate/

【この件に関するお問い合わせ先】  株式会社 明治 広報部 〒104-8306 東京都中央区京橋2-2-1
メールアドレス:meiji.kouhou@meiji.com TEL:03-3273-0700 FAX:03-3273-0900