AsiaNet 94250 (0213)

【ボストン2022年1月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*AXIS Camera Station VMSとの認定された相互運用性により、ビデオ監視用ストレージのコストが大幅に削減され、保存コンプライアンス要件へのニーズが容易に満たされる

ホットクラウドストレージ企業 (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3423275-1&h=1639399332&u=https%3A%2F%2Fwasabi.com%2Fhot-cloud-storage%2F&a=hot+cloud+storage+company )のWasabi Technologies(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3423275-1&h=824871044&u=http%3A%2F%2Fwasabi.com%2F&a=Wasabi+Technologies )は27日、ネットワークビデオの業界リーダーであるAxis Communications(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3423275-1&h=194154236&u=https%3A%2F%2Fwww.axis.com%2Fen-us&a=Axis+Communications )と提携し、AXIS Camera Station(ACS)VMS向けのクラウドストレージを提供すると発表した。この画期的なソリューションは、Axisの業界をリードするビデオ技術の強みとWasabiの無制限の拡張性および破壊的に低くて予測可能なコストを組み合わせることで、組織が最新のビデオ監視の導入を最適化し、進化する高解像度環境と長期保存をより効果的に管理できるよう支援する。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/525079/Wasabi_Logo.jpg

インテリジェントなネットワークカメラと分析アプリケーションはかつてないほど大量の映像を記録し、ストレージ容量の増加が求められている。しかし、多くの組織は、コスト効率の高い方法でそのビデオを効果的に保存するために必要なリソースや帯域幅の確保に苦労している。Wasabiの手頃な価格で高速かつ信頼性の高いホットクラウドストレージ・オンデマンドによって、ACSのユーザーは、従来のクラウドストレージソリューションにつきものの変動するコストなしに、検索時間の高速化のために自社のビデオファイルに迅速かつ簡単にアクセスすることができるようになった。Wasabiは、従来のクラウドストレージプロバイダーよりも80%安価にビデオ記録を保存し、エグレスやAPIリクエストの手数料を必要とせずに総所有コストを下げ、より予測可能にしている。

Axis Communicationsの事業開発マネジャーで技術統合パートナーであるHeidi Urban氏は「安全とセキュリティーの現状は、他に類を見ないデジタル変革を経験している。この進化に伴って運用要件や法的要件が増え、コストに大きな影響を与えている。Wasabiとの提携により、予測可能な価格で自社のビデオが完全に保護され、即座に利用できるというさらなる安心感とともに当社の顧客はAxisが提供するクラス最高の技術を活用できる」と述べた。

ACSにより、ユーザーは安全やセキュリティーのニーズをカバーする強力で拡張性のあるシステムを構築できるようになり、直感的な管理、インシデントの処理、高解像度の証拠の迅速な発見とエクスポート、物理的アクセスの監視を行うことも可能になった。Wasabiにビデオを移動できるようになった今、保存できる映像の量はオンプレミスの録画データベースのサイズに制限されなくなった。ユーザーは現在、保存ポリシー要件に応じて段階的に拡張できる。このアーキテクチャーは、さまざまなビデオコンプライアンス要件を満たすために高い信頼性と可用性を維持しながら、柔軟性を提供するように設計されている。Wasabiに保存された映像は「ホット」とみなされる。これはミリ秒単位でのアクセスが可能であることを意味する。

Wasabiは、SOC 2およびISO 27001準拠の認定を受けた、完全に安全で冗長化されたデータセンターに導入されている。このサービスは、ランサムウエア、人的エラー、その他のデータ損失事象から保護するために、業界最高のセキュリティーモデルと設計プラクティスに基づいて設計されている。組織は、ユーザー定義の保存期間中、自社のビデオコンテンツと関連ファイルを変更不能に設定することができる。これは、ストレージの寿命を通じて、それらのビデオコンテンツとファイルがいかなる方法でも、また誰からも削除や変更されることがないことを意味する。このレベルの不変性は、ユーザーが国や地方自治体の規制に準拠するようサポートするために、定義された保存期間中はコンテンツの完全性を維持し、一方で復旧プロセスを摩擦のないものにする。

Wasabi Technologiesの製品マーケティング担当シニアディレクターであるDavid Boland氏は「WasabiとAxisは次世代ビデオ監視の可能性を再定義している。業界に高品質な監視インフラストラクチャー用の最も手頃な価格のクラウドストレージ環境を提供するために、世界有数のIPビデオブランドと提携することは、当社にとってこれ以上ない喜びだ」と述べた。

WasabiとAxisの協力についての詳細は、(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3423275-1&h=2725945657&u=https%3A%2F%2Fwasabi.com%2Faxis-communications%2F&a=Click+here )をクリック。

▽Wasabi Technologiesについて
Wasabiは、世界中の企業にシンプルかつ予測可能で安価なホットクラウドストレージを提供している。複雑な階層がなく、予測不能の転送料が無料なため、企業は、競合他社の5分の1の価格で無制限にデータを保存し、即座にアクセスすることができる。世界中の何万もの顧客から信頼されているWasabiは、最も急速に成長するテクノロジー企業であり、最も先見性のある企業の1つとして認識されてきた。Carboniteの共同創業者でクラウドストレージのパイオニアであるDavid Friend氏とJeff Flowers氏が設立したWasabiは、これまでに2億7500万ドル近くの資金を確保している。同社は、ボストンを拠点とする株式非公開企業である。

Wasabiについては以下を参照。Twitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3423275-1&h=2109577941&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fwasabi_cloud&a=%C2%A0Twitter )、Facebook(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3423275-1&h=234884715&u=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FWasabiCloud%2F&a=%C2%A0Facebook )、Instagram(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3423275-1&h=898367168&u=https%3A%2F%2Fwww.instagram.com%2Fwasabi_cloud%2F&a=%C2%A0Instagram )、ブログ(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3423275-1&h=41259322&u=https%3A%2F%2Fwasabi.com%2Fblog%2F&a=%C2%A0blog )。

▽メディア問い合わせ先
Kaley Carpenter
Inkhouse for Wasabi
wasabi@inkhouse.com

ソース:Wasabi Technologies