AsiaNet 94265 (0225)

【デンバー2022年1月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*ピードモントトライアド地域のOverture Superfactory(オーバーチュア・スーパーファクトリー)は2022年に着工、2024年に生産開始し、2032年までに地元に2400人超の雇用を創出へ

世界の最速かつ最も持続可能な超音速旅客機のメーカー、Boom Supersonic (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3424531-1&h=2505661118&u=http%3A%2F%2Fwww.boomsupersonic.com%2F&a=Boom+Supersonic )は27日、同社初の本格的製造工場の場所にノースカロライナ州グリーンズボロのピードモントトライアド国際空港を選んだと発表した。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1200803/Boom_Logo.jpg

このOverture SuperfactoryはOverture(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3424531-1&h=26015344&u=http%3A%2F%2Fwww.boomsupersonic.com%2Foverture&a=Overture )超音速旅客機の最終組立ライン、テスト施設、および顧客配送センターを含む最先端製造施設となる。65-88人の乗客を運ぶOvertureは、100%持続可能な航空燃料(SAF)を使い、現在最速の旅客機の2倍の速度で飛行可能である。

Boom SupersonicのBlake Scholl創設者兼最高経営責任者(CEO)は「Overture製造工場の場所選定は、乗客と航空会社に持続可能な超音速の空の旅をもたらす上で重要な前進である。Boomは、国内で最も優秀な航空人材、主要サプライヤー、ノースカロライナ州の継続的支援により、グリーンズボロが世界の超音速機製造ハブとして出現することを確信している」と語った。

ノースカロライナ州は、多数の米退役軍人などの強力な航空宇宙労働力により、Boomに製造施設に最適な場所を提供している。ノースカロライナはまた、技術学校への良好なアクセスを提供し、Boomに熟練労働力のパイプラインを提供する。ピードモントトライアド地域は、多くの第1級航空宇宙サプライヤーに近接しており、Overtureの生産拡大の際にBoomに恩恵をもたらす。さらに、東海岸地域に近接しているため、大西洋上空での超音速テスト飛行が容易である。Boomはコロラド州デンバーのすぐ郊外に本社を維持する。

Overture Superfactoryは約40万平方フィートで、ピードモントトライアド国際空港の65エーカーのキャンパスに建設される。

Boomは2030年までにノースカロライナ州に1750人以上の雇用をもたらし、雇用は2032年までに合計2400超に拡大する。ノースカロライナ州のエコノミストは、Overture Superfactoryが20年間に同州の経済を少なくとも323億ドル成長させると予測している。

Boomはまた、超音速機の次世代専門家育成のため、ノースカロライナ州の公立の大学、コミュニティーカレッジ、ないし専門学校に通う学生のために、2032年までに200件のインターンシップを創出する。

ノースカロライナ州のRoy Cooper知事は「Boom Supersonicが最初の製造工場として最初に飛行機を飛ばしたこの州を選ぶことは、詩的であり論理的でもある。キティホークでのライト兄弟の(世界初飛行)成功と同様、この革新的な会社は、スピードと持続可能なエネルギーで旅客機による空の旅を変革し、成功するだろう」と語った。

Boomは年内にOverture Superfactoryを着工し、2024年に生産を開始する予定。Overtureの1号機は2025年に完成、2026年に飛行し、2029年までに最初の旅客輸送を行う予定である。ユナイテッド航空および日本航空からの受注やオプションを含むOvertureへの商業的関心は総額140億ドルである。Boomはまた、米空軍と協力しOvertureの政府申請を進めている。

ノースカロライナ州のRoy Cooper知事を含むBoom Supersonic Overture Superfactoryを発表する記者会見の視聴は、https://boomsupersonic.com/overture にアクセスを。

Boom本社とOverture Superfactoryの募集職種の閲覧は、Boomキャリアセンターhttps://boomsupersonic.com/career を参照。

▽Boom Supersonicについて
Boom Supersonicは、持続可能な超音速飛行を航空界にもたらすことにより、商業的な空の旅を再定義しつつある。Boomの歴史的な民間旅客機であるOvertureは、業界をリードする速度、安全性、持続可能性の基準に準拠し、コミットしている。Overtureは炭素排出がネットゼロであり、100%持続可能な航空燃料(SAF)を使用し現在最速の旅客機の2倍の速度で飛行することができる。購入とオプションを含むOvertureの受注機数は70機で、Boomは米空軍と協力しOvertureの政府申請を進めている。2021年のタイム誌の最高の発明の1つに選ばれたBoom XB-1デモンストレーター航空機は2020年に製造され、そのカーボンニュートラル試験飛行プログラムが進行中である。同社はBessemer Venture Partners、Prime Movers Lab、Emerson Collective、American Express Venturesなどの世界クラスの投資家に支援されている。詳細な情報はhttps://boomsupersonic.com を参照。

Boom SupersonicをTwitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3424531-1&h=3570955035&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fboomaero&a=Twitter )、LinkedIn (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3424531-1&h=2536726267&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompany%2Fboom-technology-inc.%2F&a=LinkedIn )、Facebook(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3424531-1&h=3016832824&u=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fboomsupersonic%2F&a=Facebook )、Instagram(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3424531-1&h=545246918&u=https%3A%2F%2Fwww.instagram.com%2Fboomsupersonic&a=Instagram%2C )、YouTube (https://www.youtube.com/channel/UCqgUPhWBtIl12rpn-GoA6hQ )でフォローを。

ソース:Boom Supersonic

▽問い合わせ先
Boom Supersonic
Aubrey Scanlan
press@boomsupersonic.com

写真とビデオは https://boomsupersonic.com/press で利用可能

Piedmont Triad International Airport
Shannon Allen
allens@gsoair.org

North Carolina Department of Commerce
David Rhoades
drhoades@nccommerce.com